無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このごろのこと ワークショップについて
ワークショップについて 101023土

 外国から帰って、またたく間に1カ月が経ってしまいました。おかげさまで仕事もたまっていて、慌ただしく過ごしています。

 川の関係の仕事をワークショップで取り組むことが増えています。何か公共事業をする時に、そこに住む住民や関係する専門家を集めて、自由に意見を交換する場が求められているのです。しかし、役所の担当者が、先走りすぎて、結果として、住民の反発を招く事態も見受けられます。決まっていること自体に、疑問があるという意見を出すことができなければ、それは住民参加とは言えません。

 環境アセスメント(影響評価)の中でも、「計画アセスメント」の必要性が叫ばれてからもう20年以上は経過していると思うのですが、公共団体がコンサルタントと一緒に、計画をトップダウンでつくる時代は終わったと考えています。もちろんプロはそれなりの技術も、知識も、経験もあります。でもそれを分かりやすく住民に伝えていくことが必須の条件になりつつあります。納得しやすくするための技術も、その背景となる思想も必要になります。まして、公共空間の地元管理が求められてきているわけですから、計画段階からたくさんの人が関わりを持つ必要性が高くなっているのです。

 1997年の河川法改正の主旨は、まさにそこにあるのでしょう。住民参加を位置付けているのですから、住民に納得してもらう方法も必要ですし、住民同士が意見を交換する場の設定もとても大切です。そして相互啓発の中で、気づきあい、行政自身も変わっていくことも大切です。ワークショップはそのような気づきを提供出来る場であると思います。

 そんなことで、まだまだ久保田の仕事もぼちぼちあるわけです。もっと経験を積まなければ。

ワークショップの様子
 大阪でしているワークショップの様子です。いつも盛況です。こだわりのある専門家や地域の住民、小学生や高専の学生さんなど、多様な人が参加しています。

ワークショップの成果の一部
 ワークショップの成果の一部です。小さい声の人でも、書くことによって、多くの人に自分のつぶやきを伝えることができます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kubotan2009.blog13.fc2.com/tb.php/79-8e72d904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。