無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス その10 シャモニーからアヌシー、パリへ
フランス その10 9月21日(火) シャモニーからアヌシーを経てパリへ戻る

 7時過ぎにゆっくり起床。シャモニーの朝は涼しくていい気持でした。9時30分チェックアウト。10時38分シャモニー発。切符を確認しようと窓口で並んでいると、若い兄さんが隣にきたので、情報交換。台湾から来ており、1カ月の旅行だそうです。今回の列車もきれいでした。来たとき同様サンジェルベで乗り換え、もう一つの駅でも乗り換えてアヌシーヘ。

 アヌシー着12時50分。TGVの発車まで2時間半以上時間があるので、リュックを背負ったまま、まちへ繰り出しました。駅にコインロッカーや手荷物預かり所はありません。普通の駅では盗難が多いため、そうなっているらしいです。
 アヌシーは小さな湖のそばの小規模なまち。歴史的なまちなみもあり、水辺の公園も美しかったです。ヒューマンスケールなまちで好感をもちました。朝に確保したパンで水辺の昼食。そういえば、朝のフランスのニュースは、日本のみのもんた風のアナウンサーが毎日出てきていました。

 愛の橋の上で、自転車に乗ったおじさんが記念写真をとってあげると来たのですが、あやしいので断りました。どこもこんな怪しい人が公然といます。アヌシー湖を巡る船上ツアーなども快適そうです。運河沿いの花や店が美しかったです。

 14時30分アヌシー駅に戻り、自販機でオアシス(ジュース)を買おうとしましたが、出てこず。だまされたわ。キオスクで買ったプリングルもすかすかで、だまされたわ。連れ合いは「ぼったくりバーみたいだ」と言っていました。ホテルの人は皆いい感じだったのですが、外に出ると気を抜けないのです。TGVの中でそんな話題で盛り上がりました。久保田:帰ってからの話題に事欠かないね。連れ合い:そんな話はせえへんわ。久保田:うそや、するわ。麻紀:するやろな。連れ合い:緑の紙用意しとくわ。ちゃんちゃん。

 16時10分エクスレバン着。16時15分シャンベリー着。あとはパリリヨン駅まで直行でした。客車が2階建で袋小路になっており、荷物を奥に置いたので安心でした。結局盗難防止のカギは使いませんでした。

 19時05分パリリヨン駅に到着。なんと10分早く着きました。今回のTGVはきれいでした。定時制は確保されているはずですが、早く着くというのは日本にはないなあ。少しうろうろして19時20分リムジンバスに乗り、空港へ。16.5ユーロだから1800円くらい。19時55分CDG(シャルルドゴール空港)着。

 CDGVALという無料新交通でターミナル3へ行くと、下階にRERやTGV(どちらもパリ国鉄)の駅があり、上階が屋内でホテルと直結していました。すぐにNOVOTELノボテルがあり、シャモニーのオテルラルブでもらった確認書を見せてチェックイン。エレベーターに乗るのにも磁気カードが必要でした。部屋に入るのも同じカード。セキュリティは万全という感じです。空港ならではでしょう。4.8ユーロ*2+3ユーロ*2でサンドとジュースを買い、部屋へ。しっかりとした湯船のある風呂でゆっくりしました。23時前に就寝。明日は帰還です。

テレビでよく見たみのもんたさん
 フランスのテレビでよく見た、フランス版の、みのもんたさん。似てました。

アヌシーのまちなみ
 アヌシーのまちもいい感じでした。石だたみの歩行者道路に、カフェがはりだしている風景はほっとします。

アヌシーは水辺のまちです
 アヌシーは湖沿いのまち。明るい雰囲気でした。奥に見える「愛の橋」というのが売り物のようです。

アヌシーは湖沿いのまちです
 アヌシー湖の風景。遊覧船やカヌーなど、湖で楽しむ人が多かったです。遊覧すると、湖畔のまちめぐりが楽しそうです。

アヌシー湖畔の芝生広場
 アヌシー湖畔にある芝生広場。周囲の木立も立派でした。

アヌシーのまちを歩きます。
 アヌシーのまちを歩きます。観光地です。水辺に広い公園があり、散策にも最適です。

アヌシーのもと監獄だったという橋の上の建築
 アヌシーの水辺に浮かぶ宮殿。もと牢獄だったということです。

ここでもムール貝を食べる人が
 ここにも大量のムール貝を食べる人がいました(左のカップル)。おそるべしムール貝。

アヌシー駅からTGVに乗ります
 アヌシー駅からTGVに乗ります。このTGVはきれいでした。2駅止まっただけであとはパリリヨン駅まで直通でした。なんと、10分も早く到着しました。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kubotan2009.blog13.fc2.com/tb.php/78-41ebfeec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。