無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス その8 シャモニー
■フランスその8 9月19日(日) シャモニー

 7時起床。パリの宿を予約しようと、昨日からいくつかの宿に電話しましたが、皆コンプレ(満室)との返事。もしかして外国人には無理なのかと、かんぐったりもしましたが、コリーヌさんに聞くと、そんなことはなく、平日はパリの駅周辺は出張のビジネスマンが多く、満室が多いとのこと。コリーヌさんに相談して、再度トライすることにしました。もし無理そうならコリーヌさんがしてくださるとのこと。ありがたいです。

 8時10分発。明日月曜日はエギュイユデュミディは休みとのことなので、エギュイユミディへ向かいました。8時55分テレフェリック駅着。シャモニーパスを購入して乗り込みます。すぐに出発。かなりのスピードで途中駅で乗り換えて9時20分には到着。富士山よりも高い3840m。周辺は真っ白でした。寒さもかなりのものですが、天気がよいのでよかったです。息を切らしながら周遊して、登山にむかうおじさんを激励。一緒に写真を撮りました。

 早々に途中駅に戻り、10時55分、モンタンベールへハイキングに出発。東方向になります。12時05分分岐点、12時25分小休止。快適なハイキングでした。13時展望台到着、40分休憩。ドリュとヴェルト峰が重なっていました。槍ヶ岳よりもかなり尖った山で登るのは大変だろうと思ったりします。14時20分モンタンベールへ到着。レストランへ入ったのですが、客が多く、結局20分休憩しただけで、ファーストフードの店で簡単なサンドイッチで済ませました。8ユーロくらい。

 連れ合いが氷河を見に行くというので、小さな2連結のテレフェリックで下ります。しかしそれからが長かったです。350段の階段を下りることに。途中に1980年の氷河の位置、1990年の氷河の位置が示されていました。30年間で45~50m程度下がった様子です。氷河の中はトンネルがつくられており、ひんやりしていました。10分ほどの見学の後、再び汗をかきながら階段を上って16時10分、モンタンベールの駅から登山電車で出発。シャモニーに下りました。麻紀の買い物に再び付き合い、17時30分ホテルに。アメリカの団体がバスで到着しており、ごった返していました。

 忙しい中、コリーヌさんに、ホテルの予約を2件ほど電話してもらったのですが、やはり無理。パリはビジネスマンが駅の近くを予約することが多く、満室が多いらしいのです。当日キャンセルがあるので、直接訪問すれば大丈夫と言われたのですが、不安なので、空港内のノボテルというホテルを予約してもらうことに。インターネットでコリーヌさん経由でクレジット番号を伝えて、対応をコリーヌさんにお願いしました。

 休憩して、夕食に出掛ける際に、コリーヌさんのところにノボテルからの予約確認メールがきており、後程受け取ることにして出掛けました。ドゴール空港のホテルは、188ユーロと朝食一人13.8ユーロで了解です。

 せっかくなので、一回くらいはフランス料理を食べようということになり、カレーシュ(馬車のこと)というレストランへ。87ユーロでしたが、量が多すぎました。久保田の前菜のオニオンスープは、タマネギとパンとチーズがたっぷりで、まるで主食。メインディッシュはソーセージと豚肉とチキンでこれも多かったです。何度もいうのですが、2人分を3人で分けるのがよろしいようです。

 21時10分帰着。Corineコリーヌさんから予約券を受け取って部屋に戻りました。親切な女性でした。ありがたいです。ばったり就寝。

オテルドラルブから見るモンブランの山々
 ホテルから見るモンブランの山々。モンブランはこの枠の右の外です。

エギュイユデュミディからモンブランを背景に
 エギュイユデュミディからモンブランを背景に記念撮影。ここは3842mです。モンブランは4810m。少し歩くと息が切れます。

氷のトンネルを通ると登山道です
 氷のトンネルをくぐると登山道が現れます。雪の上を行く登山者がたくさんいました。

ハイキングに出発
 プランドレギュイユという途中駅からハイキングに出発。モンタンベールに向かいます。向こう側の雲の下がシャモニーです。

モンタンベールに向かいます
 モンタンベールに向かうハイキング道です。スイスもそうでしたが、ここも等高線に沿ったハイキング道が多いです。多くの人に景色を楽しんでもらおうという意識が感じられます。針のような山が多いのが特徴です。

途中の展望台で小休止
 途中の展望台で小休止。青い空と針の山々が美しかったです。

ドリュが見えてきました。
 ドリュが見えてきました。ひときわとがった山です。実は後ろにもっと高いベルト峰というのが重なっています。槍ヶ岳に一見似ています。

氷河が見えてきました
 氷河です。グラースといいます。しかしこの30年で40m以上も氷がなくなったようです。

モンタンベールのホテル・レストランです
 モンタンベールのホテル・レストランです。かなり古いです。

モンタンベールから氷河を見にいきます
 モンタンベールから氷河を見に行きます。2両編成のテレフェリックで下ります。

氷河に下りるまでに350段の階段があります。
 テレフェリックを下りて、350段を超える長い階段を下りました。けっこうな運動です。

氷河の中は寒いです。でもかなり水が滴り落ちていました。
 氷河の内部です。かなり寒いのですが、水がかなり滴り落ちていました。

モンタンベール鉄道です
 モンタンベール鉄道です。ラックレールでシャモニーまで、ゆっくりと下りていきます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kubotan2009.blog13.fc2.com/tb.php/76-c5acec14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。