無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス その5 ストラスブール
■フランスその5 9月16日(木) ストラスブール 2日目

 6時20分起床。昨夜シャワーをしなかったので、皆であびました。ホテルパクスの部屋は5m角くらいでベッドもゆったりしたものが3つ。テーブルも大きく使いやすかったです。風呂はシャワーのみ。細い水がばらばらと出て来て、体が痛かったです。洗濯をしました。朝食はビュッフェ形式。オレンジジュースがおいしかったです。クロワッサンは中身が詰まっていて、コーヒーは濃いめ。ミルクをたくさん入れて飲むようです。起床時は体力回復傾向。

 9時15分発。天気は曇り。トリオという3人用の切符を買うと、5.5ユーロで3人が一日中トラムに乗ることができます。安い。一人当たり200円で乗り放題ということです。2駅乗って大聖堂方面へ歩き、運河を巡る船に乗りました。一人8.4ユーロですがストラスブールパスで無料。学生は4.2ユーロ。1時間10分のクルーズは古いまちなみを巡り、欧州議会の新しい施設を巡り、いい感じでした。しかも日本語の解説がありました。昔の伝えで、火事のときに太った神父さんがお腹がつかえて逃げられず、その後の人達が焼け死んだというくだりで、久保田家は皆で「ええーッ」と盛り上がったのですが、他の乗客は静か。で久保田家が普通の話題の際に、回りが突然わあーっと盛り上がったりして、笑いの壷が違うのか、それとも同じ話題の時間差があるのか、不明です。

 戻って、大聖堂前のトイレへ行き(最近無料になったような雰囲気)、大聖堂の時計のイベントを見学。麻紀は2.1ユーロ。しかし気を持たせたわりにさらりと終了。気が抜けました。聖堂上にも399段上り麻紀は2.4ユーロ。きびしい上りをなんとかクリアー。降りてすぐそばのレストランで食事。40ユーロ。その後歩いて歴史的まちなみのプティットフランス(小さいフランスという意味です)へ。午前中周遊した場所を地上から歩きました。

 時間に余裕があるので、城砦公園へいくことにして、トラムに乗車。子どもたちが時間外授業という雰囲気で、ペタンクをしていました。池の鳥にエサをあげていると白鳥とかが寄ってきました。

 夕方16時過ぎに戻り、デパートへ買い物に。麻紀とあちこち歩き回って、また疲れました。久保田は手帳とボールペンを購入。アウトレット店にも立ちよって、麻紀は目の回りの塗り物を購入。これは3.98ユーロと安かったです。戻ると連れ合いがダウン。結局麻紀と久保田で昨日の和食レストランへ。盛り合わせと冷や奴を食べました。日本茶がなんと2.5ユーロもしました。「あがり」が280円するということです。ジュースと水を買って戻ると、連れ合いは復活していました。一安心。シャワーを皆であびて就寝。23時前でした。よく歩いています。やせたかも。


トラムの自動発券機
 トラムの自動券売機です。トリオという切符5.5ユーロで3人が1日中乗ることができます。一人200円くらいです。費用の半分以上は自治体が負担しているらしいです。

トラムのトリオという切符5.5ユーロ
 トリオという切符です。ホテルで教えてもらいました。見せる必要も、刻印も必要なかったです。公共交通に対する考え方が、例えばマンションのエレベーターという感じでしょうか。安い費用でほんとに便利な乗り物でした。

ストラスブール大聖堂
 ストラスブールのノートルダム大聖堂です。ひときわ目立っています。

ストラスブール大聖堂のからくり時計
 ストラスブール大聖堂内部のからくり時計です。立派ですが、一部故障していたのかもしれません。上の方で人形が動きましたがあまり目立ちませんでした。

大聖堂のデッキ66mから尖塔をみる
 大聖堂のデッキは高さ66m。そこから尖塔を見上げます。142mあるそうです。

ストラスブール大聖堂隣接のレストラン
 大聖堂となりのレストランです。昼食をとりました。ワインがおいしかったです。

ストラスブールプティットフランスのまちなみ
 プティットフランスのまちなみ。ストラスブールの歴史的地区です。世界遺産に指定されています。

ストラスブール 樹齢400年のプラタナス
 プティットフランスにある、樹齢400年のプラタナス。歴史を感じます。

水門操作 閘門です1.8mの水位差があります
 運河の水位差を解消する水門。1.8mの水位差があります。10分もかからずに船が行き来します。

ストラスブールの郊外を行くトラム
 ストラスブールの郊外を行くトラム。芝生の上をスムーズに走ります。

ストラスブール駅 ガラス張りです
 ストラスブール駅です。歴史的な建物をガラスで覆うかたちで改修されています。

ストラスブール駅 ガラス張りの内部
 ストラスブール駅のガラス張りの内部です。冬の寒い時には快適な感じがします。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kubotan2009.blog13.fc2.com/tb.php/72-ebe35d6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。