無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲斐駒ケ岳 2016年7月12、13日
甲斐駒ヶ岳 2016(平成28)年7月12日(火)~13日(水)

 昔からあこがれていた甲斐駒ヶ岳に行ってきました。
 2016(平成28)年7月12日(火)
 
 朝5時半に家を出て、伊那市の仙流荘着が11時。そこに車を止めて12時10分のバスで北沢峠へ。客は私たち二人だけで、運転手さんが親切に案内してくれました。しばらく行くと、森林の中でサルを数匹見かけました。その後彼女がクマを見ました。運転手さんによれば最近時々見かけるそうです。

 林道の切れ間から見る鋸岳(のこぎりだけ)はその名のとおり、ぎざぎざの山で、頂上付近にわずかに小さな穴が開いているのが特徴です。200名山だそうです。見るからに厳しそうでした。
 少しすると鋸岳の右側奥に甲斐駒ヶ岳が見えてきました。格好のよい三角錐です。白く雪をかぶったような花崗岩の山です。白さが目立ちます。
13時10分北沢峠着、バスが仙水小屋にむかう場所まで500mほど下りてくれました。
13時50分仙水小屋着(泊)。小さな宿で客は合計7名。トイレは洗浄水が流れ放しで不思議だったです。

7月13日(水)
 雨が予想されたので、早めに登ることにして以下のスケジュールで往復しました。仙水峠で摩利支天が少し見えただけで結局周りは見えず。それでも早めに登ったのでよかったです。

04:55仙水小屋発
05:25仙水峠~05:30
07:10駒津峰~07:20
07:53六方石
08:40摩利支天分岐(この頃から雨)
09:20甲斐駒ヶ岳頂上~09:30
09:50摩利支天分岐
11:05駒津峰
12:02双児山(ふたごやま)
12:30休憩~12:35
13:10休憩~13:20
14:05北沢峠

 結局仙水小屋からの
登りが4:25
下りが4:35
 ちょうど9時間かかりました。帰りのコースが双児山経由だったのですが、アップダウンが厳しく、仙水小屋経由のほうが、恐らく楽だったと思います。駒津峰から1時間50分のコースを、3時間をかけて下りました。9時前からずっと雨に降られたので、かなり濡れました。彼女も気圧の変化で体調が十分でなく、申し訳なかったです。
 次の日、仙丈ヶ岳を目指すつもりでしたが、疲れたので、こもれび荘から衛星電話で仙丈小屋にキャンセルの連絡をいれ、服や靴を乾燥室に入れてゆっくりすることにしました。衛星電話は1分300円也。

7月14日(木)
 朝、乾燥室に出向くと、なんと靴や服が乾いておらずびっくり。夜にバーナーをつけていなかったようなのです。早速申し入れてつけてもらいました。結局靴は十分乾きませんでしたけれど、登らないことにしていたのでよしとしました。
 バスの時間が10時でゆっくりなので、朝食のお弁当を食べ、7時から林道を山梨側に30分ほど、摩利支天や甲斐駒を眺められる場所まで歩き、途中北岳が見える展望台にも少し登りました。

 9時前に北沢峠に戻ると、ちょうど仙流荘からのバスが到着しました。付近をうろうろしていると、もう1台のバスが到着。人が多く臨時便が出たそうです。1台は9時過ぎに下るというので急きょ乗せてもらい、伊那市の観光課の女性と3人で下へ。途中で女性は観光撮影で下車されて結局仙流荘は2名で到着。行きも帰りも貸し切り状態で運転手さんとおしゃべりしながら10時10分仙流荘到着。

 その後霧ヶ峰の八島湿原などを巡って、静岡の娘の家に向かいました。八島湿原では、ガイドツアー(1時間一人1500円)をお願いして、増田さんという女性ガイドさんの植物に対する熱い思いに感心しました。「シシウド」「ハバナイボクチ」ってご存じですか?初めて聞く名前でしたが、増田さんの熱く語る姿を見て覚えてしまいました。

 そんなわけで、後は娘と富士山周辺や沼津市周辺を巡ってゆっくりと帰宅しました。沼津市の美観地区、シーラカンスミュジアム、柿田川などの報告はまた次回に。それぞれ感慨深いものがありました。
 平和な日々に感謝です。ありがとうございました。

P1060233●林道から甲斐駒
 林道からみた甲斐駒ケ岳です。白い三角錐の美しい山です。

P1060256●仙水峠から摩利支天
 仙水峠から摩利支天を背景に。摩利支天の左奥に甲斐駒ケ岳が見える予定でした。

P1060262●駒ヶ峰
 駒ケ峰です。

P1060270●甲斐駒ダケカンバ
 登山道途中にあるダケカンバです。登山道の上のほう、だた一本の樹木です。よく生きていると思いました。

P1060272●甲斐駒山頂
 甲斐駒ケ岳山頂です。ちょうど雨が小降りになりました。

P1060275●甲斐駒山頂
 甲斐駒ケ岳山頂。続きです。ほこらがありました。

P1060311●林道から甲斐駒摩利支天
 7月14日(木)仙丈ケ岳は断念して、林道を山梨県側に30分ほどくだりました。摩利支天(右)と甲斐駒ケ岳(左)が奥に見えます。

P1060319●鋸岳 
 林道から鋸岳を眺めます。中央近くに小さな穴があります。「鹿の窓」というそうです。

P1060382●八島湿原
 霧ヶ峰の八島湿原を訪問しました。「シシウド」「ハバヤマボクチ」が新たなキーワードです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kubotan2009.blog13.fc2.com/tb.php/646-1e5266c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。