無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年1月17日(金)
2014年1月17日(金)

 昨日になりますが、1月17日は、あの震災から19年。久保田も昨日のことのように覚えています。

 電灯がついて大きくゆれて消え、彼女が娘を抱き抱えて玄関に移動したこと。家の中が「めちゃくちゃ」で足の踏み場もない状況だったこと。壁が無くなり、寒い風が吹き込んできたこと。犬がいなくなり、ぞっとしたこと。外に出るとガス臭かったこと。右隣の老夫婦の声がせず、ぞっとしたこと。大声で呼んで、気絶していた奥さんが目を覚ましたこと。

 左隣の奥さんが「壁がないのよ」と叫んでいたこと。久保田が「大丈夫です。うちも壁がないです」となぐさめ(?)ていたこと。懐中電灯の置き場が決まっており、助かったこと。すぐにブルーシートを家の周りに張りだしたこと。お餅と水を近所に配ったこと。1週間ほど彼女の実家に泊っていたこと。知人の家にお風呂を借りに行ったこと。近所の家の応急危険度を勝手に見てまわっていたこと。

 などなど。様々な思い出が浮かんできます。

 当時、お腹が大きかった裏のお母さん、息子さんは19歳になります。早いようで短かった19年でした。今回も、特にメモリアル祈念のイベントに参加することもなく、仕事に追われていました。

 近所の家をまわっていたことをきっかけに、コミュニティ西山の活動に参加するようになり、現在に至っていますが、そのことが今の仕事の基礎のような気がしています。

 1年に1回思い出すだけでもいけないのですが、18日の大阪市内小学校、「防災のわかれ道」の授業でも、体験を少し子どもたちに伝えました。しつこく伝え続けることも大切なことなのでしょう。

 1月18日夜、母親から、昔のコインや、メダルなどが送られてきました。懐かしい品々です。1965年とか、1967年など、もう50年近く前のことになります。久保田直筆の鉛筆書きをみると、悪筆は変わっていないみたいです。はは。

 みなさん、寒くなります。どうぞご自愛ください。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kubotan2009.blog13.fc2.com/tb.php/548-3bfbda76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。