無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKの報道 2013年2月27日(木)
NHKの報道 2013年2月27日(木)

本日2月27日、原子力規制委員会の会議がありました。
その報告がまわってきたので、転送します。NHKで、けっこう問題という指摘をしていたようです。
原発に関連する情報はほんとに多くて、とても読み切れないのですが、国の施策に問題があることは確かです。

----------(以下、引用)----------

FoE Japanの満田です。たびたびすみません。
めずらしくもNHKが報道しました。
荒れた傍聴席は、公序良俗に反すると思われたのか、でてきませんでしたが(笑)、
しっかり、「ヨウ素剤の事前配布の範囲を広げるべき」「基準を下げるべき」な
どのパブコメが3,155件寄せられたが、反映されなかったと報道されています。

規制委側にはかなり強いプレッシャーになるはずです。安全基準の方にきいてく
るといいのですが。
もうひと押し、「NHKみたけど、けしからんです!」というような声をとどけて
ください。

防災指針 募集意見ほとんど反映されず
NHK 2月27日 16時37分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130227/k10015823961000.html

原子力発電所の事故に備えた防災指針を見直している、国の原子力規制委員会は、
ヨウ素剤の事前配布や、住民が避難を始める新たな放射線量の基準などを正式に
決めました。
防災指針の見直しについては、「放射線量の基準を下げるべきだ」などの意見が
国民から3000件余り寄せられましたが、指針へはほとんど反映されませんで
した。

原子力規制委員会は、去年10月に決定した新たな防災指針を見直して、原発か
らおおむね5キロ以内では、甲状腺の被ばくを抑えるヨウ素剤を家庭に事前に配っ
たうえで、放射性物質の放出前に避難することや、5キロから30キロの範囲で
は、測った放射線量が1時間当たり500マイクロシーベルトに達した地域から
避難することを、新たに盛り込みました。

防災指針の見直しについて、先月末から2週間、国民の意見を募集した結果、
「ヨウ素剤を事前に配る範囲が狭すぎる」「放射線量の基準を下げるべきだ」な
ど、合わせて3155件が寄せられました。

これに対して、規制委員会は「原発事故の教訓を踏まえ、適切な検討を行った」
として、指針へはほとんど反映させず、見直しはほぼ原案どおりに決定しました。

原発の30キロ圏内の自治体は、来月18日までに地域防災計画の見直しを迫ら
れますが、指針の作業が1か月ほど遅れたため、自治体からは、避難先や避難の
方法が決められないといった意見が出ています。

※規制委員会への意見:
原子力規制委員会 (広聴広報課)[TEL]03-5114-2105
         (代表)    [TEL]03-3581-3352
ウェブからは:
https://www.nsr.go.jp/ssl/contact/

----------(以上、引用)----------

 例えば5キロから30キロの範囲で、1時間あたり500μSv/hという数値は、通常平均がせいぜい0.05μSv/hですから、1万倍にあたります。これは被ばくを強制するものです。原発があることへの反省もない状況はとても悲しいことです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kubotan2009.blog13.fc2.com/tb.php/454-bf4e4e75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。