無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木津川下流河川保全利用委員会130109水
木津川下流河川保全利用委員会130109水

 毎年1回か2回、標記会合に委員として参加しています。もう13年も前になりますが、2001年9月、川に学ぶシンポジウムin近畿という取り組みの実行委員として参加して以来、川の活動に本格的に関わりはじめました。それまでに近自然工法シンポジウム(西宮1992年)、自然環境復元シンポジウム(尼崎1994年)、大和川クルーズ(堺1995年)などに実行委員として関わってはいましたが、2001年9月の標記シンポジウムは、別格の苦しさと喜びがありました。

 それ以来、有志でNPO法人近畿水の塾も設立し、ワークショップも仕事として関わることが増えました。3年ほど前に前任の川上さんから引き継いだ形で、木津川下流河川保全利用委員会の委員となりました。

 前置きが長くなりすいません。この話は何度もしている繰り返し話です。

 で、木津川下流河川保全利用委員会ですが、基本的には、占有しているグラウンドをどう取扱うかなのです。というか、自治体の関心事がそうなのです。1997(平成9)年の河川法の改正で、環境保全と住民意見の反映が新たに位置付けられ、淀川については、「川が川をつくることを手伝う」という方向が出され、河川敷の利用は、「川にふさわしい利用、川でなければできない利用」という主旨が示されました。そこで、これまでにかなり自由に利用されてきた、河川敷のグラウンド利用にも、一定のルールが必要となってきたのです。

 これまで通常のグラウンドとして利用してきた人たちに、河川敷を利用しているという認識を持っていただくためにも、国土交通省淀川河川事務所と、そこを占有使用している自治体の方々が中心となって、もちろん住民の意見も把握しながら、川を利用するルールを決めていくことも求められています。そのような検討をしています。

 久保田の意見は以下のようなものです。
①河川は、川でなければできない利用を基本とする。
②グラウンドの仕上げは草原を基本とする。
③利用する人は、川に関する学習や清掃活動などをしていただく。

 本来は、川は自然のもの。グラウンド利用は、将来的に減っていくでしょう。一方で環境保全や防災の取り組みがより重要になっていくものと思われます。

 なにやら偉そうなことを言っていますが、久保田も近くの逆瀬川の清掃活動、武庫川周辺のまちを考える会の川歩き、河川レンジャー活動などに参加していて、住民の日常的な関わりと、関係者の連携が大切だと感じています。

 公開された会議ですので、ホームページで閲覧することも可能です。いわゆるきちんとした会議なので気を使います。川に関して国や自治体担当者に、ものが言える反面、多くの人の意志を伝える責任もあるので、力はありませんが、気合を入れて関わっています。

 そんなこともしているというお知らせでした。

城陽市木津川河川敷運動公園砂浜拡大130109
 城陽市木津川河川敷運動公園です。以前は砂浜はありませんでした。川は全く姿を変えていました。こんなことを地域の子どもたちに知ってほしいです。

城陽市河川敷の茶畑130109
 城陽市河川敷の茶畑です。きれいに管理されています。ちなみに知人の宗田先生によれば、京都市で採れる京野菜の5パーセントは、河川敷で生産されているそうです。土が良いのでしょう。

久御山町河川敷運動広場少し被害130109
 久御山町河川敷運動広場です。少しずつ土がけずられています。グラウンドの雨水が集中して流れ込んだようです。

八幡市川口市民公園130109
 八幡市川口市民公園の河川敷の木です。せんだんでしょうか。

八幡市川口市民公園130109
 八幡市川口市民公園にある距離票です。淀川3川の合流点から3キロ上流ということです。草刈り機の損傷を防ぐために、周囲をコンクリートにしているそうです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kubotan2009.blog13.fc2.com/tb.php/431-5ffde0cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。