無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日も反省の色なし 2012年9月26日
本日も反省の色なし 2012年9月26日

 原発を2030年にどうするか、国民の意見は圧倒的に「原発ゼロ」でした。しかし先日14日の原発ゼロという発表ののち、閣議決定されるはずの原発ゼロは、9月19日、なにやらわからないうちに、2030年「代」にゼロらしいという雰囲気になっています。

 少なくとも、9月14日の発表では「原発稼働は40年」「新増設は認めない」ということが基本だったはずです。民主党も少しは頑張っていると思ったのですが、それが揺れ動いていることが、また悲しいです。4基が廃止になったとはいえ、あと50基がのこっています。

 2030年代というのは、10年延ばすということなのでしょう。福島の人々の苦しみや、事故の影響の大きさ、そして誰も責任をとれない状況をみると、すぐに止めなければならないはずですが、ほんとに悲しくてなりません。

 原子力規制委員会という組織もできました。5人の委員のうちの半数以上は、もともと原子力村の関係者、いかに原発を存続させるかが大きな目標になるはずです。

 しかし、時代の風は脱原発です。石川県、志賀原発の30キロ圏にある羽咋市の9月議会でも、「志賀原発の稼動についての事前同意権を含む安全協定の締結を求める決議」が採択されたそうです。こうして、いろいろなところで、原発をやめようという動きが、加速しています。

 もちろん、まだまだ世の中を動かしている権力もお金もある人たちは、原発を動かすために必死です。閣議決定がなくなったことも、巻き返しの結果なのでしょう。民主党政権だからこそ、ここまで来たという気もしています。選挙で自民党が勝つと、原発推進派の巻き返しはもっと進むでしょう。

 廃炉の仕事と、放射性物質の管理の仕事、新たなエネルギーづくりの仕事など、脱原発の取り組みも少しずつ進んでいることを喜びたいです。でももっと加速してほしいなあ。

 「本日も反省の色なし」というタイトルではじまりましたが、希望は持ち続けたいです。第1原発で作業にあたっている方々に安全と幸あれとも祈りたいです。

 仕事に追われて落ち着きません。本日はおしまい。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kubotan2009.blog13.fc2.com/tb.php/384-150b2eec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。