無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砦に拠る 松下竜一
読書室 砦に拠る 松下竜一 (3年ほど前に書いたものです)

 昔、ダム反対に半生をかけた人がいました。蜂の巣城と呼ばれた砦をつくり、体を張って強制執行に反対し、裁判を80件以上も起こし、地域で孤立を深めながらも矜持(きょうじ)、人間の誇りと尊厳を持ち続けた「孤高」の人、室原知幸(むろはらともゆき)さんです。

 この室原さんのドキュメント「砦に拠る」を書いたのが松下竜一さん。出版は20年以上も前になりますが、昭和30年代前半に、ダム反対をかかげた村の地主であった室原さんが、次第に賛成派にまわる地域の人間関係の中で孤立し、それでも意志を貫き通した様子が、描かれています。

 このドキュメントを読んで、私も下笙(しもうけ)ダムに2回足を運ぶことになりました。その記録もいずれ紹介したいです。実は、「松下竜一の青春」という本が出版されたという記事を見たことと、八ツ場(やんば)ダムに関するニュースが最近多いこともあり、影響されました。

 ちなみに、下笙ダムに関しては、関西大学の研究室が中心になってまとめた「公共事業と人間の尊重」という書籍も出ています。このダムに対する反対運動が、土地収用法の改正などに大きな影響を与えたとも言われています。

 現在、久保田が気になるダムの計画は、武庫川ダム(兵庫県)、川辺川ダム(熊本県)、丹生ダム(滋賀県)、大戸川ダム(滋賀県)、などいろいろありますが、人が多いところに影響のあるダムが注目されるようです。以前も紹介しましたが、岐阜県徳山ダムの下に沈んだ村のドキュメント「水になった村」は必見。この徳山ダムは黒部ダムの3倍以上の、6.6億トンという貯水量をもつ巨大ダムです。私が所属するNPO法人近畿水の塾でも上映会をしました。

 また、関連して、京都の学生さんが自主制作した「水になったふるさと」という、短いドキュメント映画もあります。これは京都府桂川上流の、日吉ダムに沈んだ地域の人々へのインタビューから構成されています。これも私達で製作者を招いて上映会をしました(20代の女性2人です)。

 そういえばどこかのTVの特集で、女優の綾瀬はるかさんが、徳山ダムサイトで、ダムに沈む村に思いを馳せるシーンがありました。真面目な話や活動が嫌われる傾向もありそうなこの頃ですが、売れっ子の女優さんを登場させて、このような紹介があることは悪くないと思います。高速増殖炉もんじゅの反対運動のビデオに、吉永小百合さんが朗読をしてくれたこともありましたが、なかなか表には出てこないものだと思います。

 松下さんに話を戻します。松下さんは2004年、亡くなりました。松下さんのお母さんは、小さいころから体が弱く、病気の影響で片目の見えなかった松下さんに、神様が目に星をくれたと言い、人にやさしくしなさいと言い続けていたそうです。

 松下さんは甲山事件を扱った「記憶の闇」(人を見て無罪を確信したという趣旨の話がありました)、火力発電反対運動を扱った「五分の虫、一寸の魂」(この中にでてくる「ランソの兵」の一説は、思わず笑ってしまいます)、消費社会に警鐘を鳴らした「暗闇の思想」(その頃「じり貧のすすめ」という文章を社内報に連載していた私は、同じような発想の人がいるのだと、ほっとした記憶があります)など、社会が持つ「病理」に対する様々な疑問を投げかけています。また、人間のやさしさとは何かを、身をもって示してくれた人だと感じています。「やさしさ」の意味が自分にとって、はっきりしました。

 読書室にならない散文になってしまいました。悲しくて泣きたい時、感動したことを思い起こして、本を読み返すことも良いことだと思っています(2009年10月20日記から一部加筆)。

下筌ダム水面
 下筌ダムです。水面です。1994年の写真をスキャナーしたものです。

下筌ダム。下流の枯れ木と木船
 下筌ダム。下流に残る枯れ木と木船です。

下筌ダム。下流から見上げ
 下筌ダム。下流から見上げます。

下筌ダム。下流に残る石の橋
 下筌ダム。下流に残る石の橋です。もちろん人は住んでいませんから、通る人もいません。

松下竜一さん 紹介記事
 松下竜一さんをしのぶ新聞記事です。もう8年になるのです。ちなみにこの記事の裏が、アテネオリンピックの水泳の記録でした。今年ロンドンでメダルをとった寺川綾さんがでていました。

徳山ダムです
 参考までに、徳山ダムです。日本最大の貯水量6.6億トンのダムです。

上空から見た徳山ダムです
 徳山ダム、続きです。今年2012年、北海道へ行った時のものです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kubotan2009.blog13.fc2.com/tb.php/372-63474ba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。