無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知事は何ができるのか 120704(水)
知事は何ができるのか 120704(水)

 滋賀県知事の嘉田由紀子さんが、表記の本を書かれました(5月15日発行)。

 嘉田さんは、2006年7月2日、自民党、民主党などが推薦する現職の國松氏をやぶって知事に当選しました。

 「もったいない」という標語や、栗東の新幹線駅の凍結が大きく取り上げられていたので、覚えている方も多いと思ますが、選挙は素人だったようです。知事になってから、新幹線駅の中止をするためにとても苦労された様子が伝わってきます。土地区画整理事業も凍結、関係者との会議はたいへんだったことがわかります。

 数十年にわたって地域をまわり、環境保全を訴えてきたことを多くの県民が支持していたのでしょう。知事になられた後も、駅の利害関係者や住民に対する施策も評価されているのだと思います。現在2期目です。

 大戸川(だいどがわ)ダムの一時凍結も、自然な流れだったのでしょう。そういえば、宮本博司さんが、「ダムができたら、下流の淀川本川の水面がどのくらい低くなるか、わずか17センチだ。」と言っていたことを思い出します。

 ダムがあるから大丈夫ということはないのです。むしろダムができることで、人々の心が川から離れていくことのほうが、ずっと危険になるかもしれません。昨2011年3月11日の岩手県田老町(現宮古市)をみても、ハード整備に絶対の安全はないことがわかります。

 嘉田さんは「水害から、命を守り、暮らしを守る」治水対策をうたっておられます。地先(ちさき)の安全度ということを聞いたことがありますが、つまり地域の住民が日常関わることで、地域の安全度を高めていくということなのでしょう。

 「共生・共感の論理」で、「近い川」を目指す、それは「あふれさせる治水」を復活させることでもあります。

 まだ少ししか読んでいないのですが、共感と尊敬の気持ちをもって読んでいます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kubotan2009.blog13.fc2.com/tb.php/358-0d94a3ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。