無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安居神社
安居神社 12月11日 つづき 

天王寺動物園の後に安居神社などもめぐりました。

 安居神社は天王寺動物園の北側にあります。真田幸村が命を落とした終焉の地だそうです。一心寺という名物のお寺の北側、上町台地の西側に静かに立地しています。天神坂という坂を上った南側にあたります。この付近はいわゆる寺町の一角で、歴史の散歩道にも沿っていて、多くの歴史好きな人が訪問する一帯です。

 残念ながら、16時に閉門してしまうため、石段を体験することはできず、少し本堂を拝んだだけで帰りました。
この安居神社を見たかったのは、9月のNHK番組で、正平南海地震(1361年?)の際に、津波が安居神社の石段の下まで来たという内容があったからです。確かにこのあたりは坂が目立っていて、高低差もかなりあります。しかしこの石段の下まで水が来るということは、相当広い範囲が水没するということになります。

 これまでの河川氾濫や津波のハザードマップを見直すことが必要なのでしょう。久保田が持っているハザードマップでは、津波では西成区さえも、それほどの被害にならないようなのです。想定が2~3m程度の津波のためであると思われます。これが例えば6mの津波になった時にどうなるか、そして、どう人々は逃げればよいか、そのために準備しておくことは何かなど、気が遠くなりそうですが、地域の人達と考えておかなければなりません。

 まずは高いところに逃げること。2日間でも水と食料を確保しておくこと。家族がどこに集まるようにするか。などなど、そのような準備を役所の人達とも協力しあって、決めておく必要がありそうです。要援護者の支援をどうするかも、緊急なのです。

 そして建築物の耐震化と家具の転倒防止。なかなか進みませんが、これも命を守るために大切なことです。

一心寺付近から通天閣方面をみます
 一心寺(左)から通天閣方面をみます。

安居神社です
 安居神社の南側入口です。

安居神社の境内からみおろします
 安居神社境内から石段をみおろします。

安居神社参道です
 安居神社の参道です。9月のNHKの放送によれば、正平南海地震の際に、この石段の下まで津波がきたそうです。

安居神社の北にある天神坂です
 安居神社の北側にある天神坂です。上町台地に上がる道です。

清水寺から通天閣方面をみます
 清水寺から通天閣方面をみます。通天閣が夕日のシルエットになっていました。

清水寺にある玉出の滝
 清水寺にある玉出の滝です。上町台地にしみ込んだ雨水がしみだしているのだと思います。震災時には貴重な飲み水になると思われます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kubotan2009.blog13.fc2.com/tb.php/256-8d551f1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。