無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総理大臣の国連演説に思ったこと 9月25日夜
総理大臣の国連演説に思ったこと 9月25日夜

 野田総理大臣が9月22日、国連(?)で演説してきました。

 マスコミが書いたタイトルは
「原子力安全に関するハイレベル会合」ですが、英文は
"high-level U.N. meeting on nuclear safety and security"

 訳すと、「核の安全と防護に関するハイレベル会合」というのが正確に近いものです。セキュリティの部分は核兵器に関するもののはずですが、ニュースでは流されないようです。

 かつて、マスコミはこれに近いことをしています。
「三派全学連」ということばがありました。
 ある日呼び名が変わります。
 それは「過激派」。

 1986年、チェルノブイリ原発の事故の跡、原発に反対する市民に対する国や電力会社の呼び名も、「過激派」に近いものになりました。普通の人がデモに行くこともためらわれるような雰囲気ができてきました。
 これも久保田の思い込みですが。ちなみに、北朝鮮の「核開発」と、日本の「原子力の安全利用」という、日本語訳のもとは、同じ英文というのが久保田の判断です。

 野田総理大臣の発言「日本は原子力発電の安全性を世界最高水準に高めます。」
 まるで、原子力村の一員と思われるような発言です。福島の事故の反省が感じられないばかりか、冷温停止を今年中にというニュースに合わせるように、タイミングをみていたのでしょう。
 この演説を聞いていた人の失笑の声が聞こえてくるようです。

 そして、先日このニュースを流したNHKは、原発推進派であるフランスのサルコジ大統領と、韓国のイミョンバク大統領のコメントしか放送しませんでした。情報統制がここまで生き届いているとは。。

 世界最高の水準であったはずの日本の原発をなぜいまさら高めるのでしょうか。単純に自然災害には勝てなかったのです。

 「事故のすべてを迅速かつ正確に国際社会に開示する」
 このコメントも、どう考えてもウソです。SPEEDYの情報も隠して、多くの人を被曝させ、黒塗りの報告書しか出てこない状況で、信用できるはずはありません。 

 「福島が『人々の強い意思と勇気によって人類の未来を切り開いた場所』として思い起こされる日が訪れると確信する。」

 どう考えても、戻る事のできない場所が広範囲に広がっています。ウラルの核惨事、スリーマイル、チェルノブイリ、福島とつながる「核平和利用」の犠牲を多くの人々に強いながら、原発輸出まで進めようというのは、信じられないことです。

 現在も増え続ける核のゴミ。誰も責任を取らない核のゴミ。低レベル廃棄物の管理は300年。今推進している人たちは誰ひとり生きていないばかりか、どこに廃棄物があるかさえ分からなくなっているでしょう。加害者が被害者に「未来を切り開け」と呼びかけてもむなしさだけが残ります。

 今日はイライラして無駄口でおしまい。すいませんでした。



  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kubotan2009.blog13.fc2.com/tb.php/219-d7841bb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。