無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝屋川源流の間伐
 11月8日、久しぶりに寝屋川源流、交野星田山へ間伐に行きました。ねや川水辺クラブが中心となって年2回実施しています。今回はクラブ員を含めて総勢36名、元気な参加者が多く、ノコギリも不足することになりました。

 昨年から星田地区の入り口は、不法投棄防止のため、鍵がかけられています。また現在、星田新池の改修工事が進められていることから、老人ホーム「きんもくせい」から上ることができません。ということで、星田地区のグラウンドをお借りして車をとめて上りました。

 5つの班に分かれて、午前中は間伐、午後は枝打ちをしました。昨年かなり実施して、地表が明るくなった記憶がありますが、今日はうっそうとしており、やはり月をおかずに活動しなければ山を守ることはむずかしいのだと実感します。

 でも参加者は初めての人も多く、喜んでいました。土木事務所の大東さんの説明も分かりやすくよかったです。間伐と枝打ちによって、地面に光がさし、植物が育って、土壌流出もふせぐことができます。樹木も育つことができます。

 戦後日本は、木材需要を考えることなく、搬出がむずかしい場所にも植林したのです。しかし数十年を経過して、建設現場の足場は間伐材からパイプに変わり、燃料は薪炭から、石炭、石油へと代わり、安い木材輸入により、日本の木材需要は激減しました。

 現在、山は管理することもなくなって、荒れた山が増えています。しかし、川や海を守るためにも、山を育てることはとても大切なことです。小さな活動ですが、継続していくことが大切だと考えています。

 帰りにヒノキの間伐材を2本ほど持ち帰りました。来週地元の保育所で講義をして、子ども達に丸太を切ってもらいます。ヒノキの香りがすてきですよ。これで我が家もしばらくヒノキ風呂だ。

説明と準備体操
 説明をうけて、準備体操をします。涼しい風が心地よかったです。

02星田山にも竹の侵略が
 ここ星田山にも竹の侵略がおきています。竹は節ごとに育つことと、暗くても育つことで、他の樹木を駆逐してしまいます。

03受け口をクサビ状に切ります
 間伐の様子です。まず倒したい方向にクサビ状に受け口を切ります。

04半分まで切ります
 水平に切ったところで、ななめ上からクサビ状に切っていきます。

じわじわと引きます。
 下にロープをつけてゆっくり引きます。間伐は「ゆっくり切る」ことと、ロープは「ゆっくり引く」ことが大切ですが、これがなかなか出来ません。

06無事切れました
 無事に切ることができました。枝を落として水平方向に木材を渡して、土留めにします。

07枝打ちははしごに登って
 枝打ちはアルミ製のハシゴ(4万円もします!)と、落下防止ベルト、ゴーグルで行ないます。枝は最初に10センチくらい残して切り落とし、次に幹についた枝の根元から切ります。けっこう奥が深いです。

08ゴーグルは欠かせません
 枝打ちは上を向くため、ゴーグルは欠かせません。枝が落ちても安全なように気をつけます。

09かなり上まで切りました
 大体6mから7mくらいの高さまで切ることができます。かなり明るくなります。

10搬出します
 みんなで手分けし搬出します。急坂なのでけっこう恐いです。無事ヒノキの間伐材を持ち帰りました。楽しみです。










 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kubotan2009.blog13.fc2.com/tb.php/19-dd465641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。