無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危機管理などの話 2011年5月25日
危機管理などの話 2011年5月25日(水)

■保育所の危機管理能力について

 朝は、地震と津波にもかかわらず、東北地方の保育所の園児で、犠牲者がゼロだったというニュースがあり、びっくりしました。保育所の方々の危機管理能力の高さに脱帽です。
 思わずダビングして、写真もとりました。

     保育所数 被災保育所 保育中園児死者
 岩手県   356     67     0
 宮城県   359     253     0
 福島県   330     155     0
  計    1045    475     0 

 そして保育士たちの3つの信念

●避難に時間がかかるからいち早く逃げる
●避難場所・ルートは自ら考える
●たとえ津波が来なくても避難する

 これを日頃から訓練を通じて体感していたのだと思います。しかし他の学校で、できなかったところも多かった気がします。子どもを亡くした保護者で、納得できない人も多いのだろうと思うと、またやりきれない気分です。
 備えあれば憂いなし。まったくその通りなのですね。命にかかわることなのですね。自分の危機管理能力の乏しさに愕然とします。

■中学生の話
 夕方のテレビは、福島の中学生が、親と離れて暮らすことになり、やがて戻りたいという話でした。親は酪農をしており、復活をめざしていますが、お互いを思いやる姿にまた涙でした。学校の制服がないので、貸してもらったのですが、夏服だけでよいとのこと。秋には戻れると思っているのでしょう。そう願いたいです。

■備蓄について
 久保田は、20年以上前から水を備蓄していました。これは実を言うと原発事故に備えてだったのですが、阪神淡路大震災の時に役にたちました。ちょうどお餅も冷凍しており、お隣さんに分けたりできました。備蓄はやはり大切です。中でも水がなにより大切だと思います。それと懐中電灯も同じところに置いていたので、これも助かりました。マッチも置いていたのですが、これは水道が漏れて使えなくなりました。いろいろ考えて最悪の状況を想定することも大切なのです。

 ということで、今年になってから避難用リュックの準備もしていたので、少し安心しています。幸い、まだ使ってはいませんが、やはり、備えあれば憂いなしなのでしょう。


 今日はコミュニティのこれまでの成果などをまとめる作業をして、昼前から白瀬川のマンション協議会のワークショップの打合せに行ってきました。マンションもそうですが、高齢化が進む中で、お互いができることを一緒に考える場が必要なのだろうと思います。そんな動きに関われることも幸せなのでしょう。


 本日放射線計測について、コメントをいただきました。どなたか存じませんが、ありがとうございました。

 放射線計測は行政や学校だけでなく、市民も一緒にきめ細かく実施することが必要だと感じています。そのようなことも久保田ができることの一つなのでしょう。また夏までに仲間を募って福島訪問したいです。
 
 ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/05/26 23:54] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kubotan2009.blog13.fc2.com/tb.php/175-1f545c42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。