無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
教科書に乗る原発推進
教科書に載る原発推進 110404(月)深夜

 メーリングリストに回ってくる内容が、重く、どこから手をつけていいものか迷うのですが、まずおわび。

 4月2日付けで放射線の計測データの値が「0.03ミリシーベルト以下」と書いていたのですが、「マイクロシーベルト」の間違いです。すいません。

 で、今年から学習指導要領に、原発推進を推し進める内容が強化されるとの内容が回ってきましたので、参考に載せておきます。

---(以下 引用)---

皆様にも情報としてお知らせいたします。

○日本原子力学会が系統的に教科書の記述や指導要領に対して介入・圧力をかけ続けてきた結果、来年度から全面実施される新学習指導要領で、「放射線は自然界にも存在すること」、「「医療や製造業などでも利用されていること」を教えることが追加されました。

○中学校学習指導要領解説 理科編の65ページに放射線は危険なものではないという印象を与えるような内容を盛り込んでいます。

日常生活や社会で利用している石油や天然ガス,太陽光など,エネルギー資源の種類や入手方法,水力,火力,原子力,太陽光などによる発電の仕組みやそれぞれの特徴について理解させる。その際,原子力発電ではウランなどの核燃料からエネルギーを取り出していること,核燃料は放射線を出していることや放射線は自然界にも存在すること,放射線は透過性などをもち,医療や製造業などで利用されていることなどにも触れる。
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2011/01/05/1234912_006.pdf

○新学習指導要領に基づく小中学校教科書のエネルギー関連記述に関する提言
http://www.aesj.or.jp/information/kyouiku090408.pdf

○原子力問題の小・中学校向けの副読本(今年度から配布される予定だそうです)
http://www.atomin.go.jp/supplement/index.html

電気事業連合会や原子力研究開発機構のメンバーが作成に加わっており、「5重の防壁」や「地震時の安全性の確保」など電力会社のPRのような本です

○小学校の新学習指導要領でも、今回新たに小学3・4年生に対し「火力発電所や原子力発電所においては環境に配慮していることや安全性の確保に努めていることについて取り上げる」ことを求めているようです。

おそらく副読本「わくわく原子力らんど」をつかって教えるのでしょう。

また、世界が原発政策を大幅に見直す中で、「世界の原子力発電をめぐる動向」として、欧米が全部原発推進になったような記述もあり(中学校の副読本の38ページ)、この副読本を配布させないことが大事だと思います。

---(引用おわり)---

 久保田も早速、副読本をダウンロードして読んでみたのですが、昔のとおり、原発は五重の防御があるから大丈夫といった主旨の話があり、上手にかいてあります。しかし五重の防御が「うそっぱち」だったことは、今回の原発災害ではっきりしています。
 
 昔、下の子どもが5年生のときの授業参観で、ちょうど電気の話があり、児童が「原発は二酸化炭素を出さないからこれからどんどん増えていく」と発言したのですが、驚いた久保田は「原発は事故を起こしたら取り返しがつかないし、毎日放射能を出し続けるので、そこで働く人も放射能をあび続けるからマイナスが大きい。廃棄物の処理も未来の人がずっとしなければならないから問題」などと、つい反論した覚えがあります。

 この副読本は、もし日の目を見るときは、反面教師となって、原発の恐ろしさと、国の愚かさを伝える格好の教材になるのでしょう。しかし悲しすぎる教材です。皆で集めて燃やしたいものです。

ノルウェーの気象協会のシミュレーションを見ると、確かに7日(木)あたりに関西にも放射能の雲が来そうな雰囲気です。しかし原発現地からみたら、2ケタも3ケタも薄いはずです。測りに行ってきます。

 
FC2 Management

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kubotan2009.blog13.fc2.com/tb.php/145-e56879e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード