無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝屋川川下り 2011(平成23)年4月3日
寝屋川川下り110403(日)

 2011年4月3日(日)、寝屋川で恒例の川下りは、川勝町小松病院裏手の河川敷をつかって実施されました。

 この河川敷は、打上川治水緑地下流の広い河川敷に、大阪府が公園的整備を進めようと、住民参加のワークショップを2010(平成22)年度から開始しているもので、寝屋川再生ワークショップの成果の第4弾(駅前せせらぎ公園、茨田樋遺跡水辺公園、幸町公園に続く)にあたるものです。2001(平成13)年度に構想づくりをした4か所(駅前、幸町、公園墓地、川勝町)のうち、3か所目が実現すると考えると、素直にうれしいです。

 一般参加予約は約40名でしたが、突然の寒さも手伝って、参加は30名ほど。ねや川水辺クラブや大阪府、摂南大学の学生、地元自治会関係者などを含めて60名ほどが集まるイベントになりました。摂南大学の学生さんが他の2つのイベントにもかりだされており、ご苦労をかけましたが、なんとか実施することができました。学生さんはいつも大活躍です。

 まず川勝町の歴史資源である秦河勝(はたのかわかつ)の石碑と、春日神社のシイノキなどの森、打上川治水緑地を見学して、寝屋川の河川敷に戻り、Eボートに乗船します。水深が浅かったこともあり、小人数ごとの乗船になりましたが、それでも初めての参加者もうれしそうで、いつもと違う風景を楽しんでもらえたと思います。

 清掃活動も実施しましたが、あいかわらずゴミは多かったです。水質調査や生き物調査も実施し、PHが9.5とかなり酸性だったことが気になりました。生き物はカダヤシ1匹とヌマエビ、スジエビ数匹ずつでした。あまり生き物はいませんでした。

 これからまたワークショップも継続するそうです。企画進行役になっていないことに心残りはないといえば、ウソになるかなあ。

 ということで、仕事関連の取り組みもかなり進んでいます。かつてポールマッカートニーの歌で「アナザーデイ」というのがありましたが、淡々と、少し悲しく、それでも前向きに毎日を生きていくのです。

川勝町下流からみる。下は排水口です
 寝屋川本川、川勝町の様子です。下に見えるのは治水緑地からの排水口です。

川勝町下流右岸からみる
 川勝町下流右岸から上流をみます。比較的広い場所です。

川勝町下流左岸からみる
 川勝町下流左岸から上流をみます。見えませんが、中央部にコンクリートのボックスがあります。

受付をします
 受付をします。寒かったのですが、子どもたちが元気でした。なによりです。

ボートを組立てます
 Eボートの組み立てです。

秦河勝五輪塔
 秦河勝(はたのかわかつ)の五輪塔です。慶安2(1649)年に再建されたものです。秦河勝とは、6~7世紀に秦氏の族長として聖徳太子を補佐した人物だそうです。

クルーズは学生さんが活躍
 クルーズに出発。100mもいかないのですが、みなさん楽しそうでした。水深が浅く、学生さんがすこしサポートしした。Uターンもできず、みなさん体を逆にして戻ってきました。

スジエビ、ヌマエビです
 とれたスジエビです。魚はカダヤシだけでした。PHが9.5という高い数字だったので、影響があるかもしれません。

清掃活動も積極的
 みんなでゴミ拾いをしました。ゴミ袋約15個と大型ごみ、木切れなどを集めました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kubotan2009.blog13.fc2.com/tb.php/144-c24675d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。