無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワークショップについて 再び
ワークショップについて 110203木

 1995年1月17日の震災の時、2日後の19日から委員会が始まり、出られなかったことを以前書きましたが、その後も構想づくりや計画づくりなどで、住環境整備の仕事はよくやっていました。

 多くは被差別地区関係のもので、設計事務所から委託を受け、建て替えを進めるために住民のアンケート調査を行ない、意向を把握することと、まちづくりの目標を定めて、住み替えのスケジュールを立てることなどが目的でした。特に震災以降、住民の参加を前提として、より具体的な事業に向けての仕事が増えました。そしてその進め方はワークショップでした。

 ワークショップは手間と時間がかかります。5年ほど経過して、作業は倍になり、予算は半分になり、単費は4分の1になったのですが、住民の顔が見える仕事になったので、久保田としてはやりがいがでてきました。費用対効果は上がったと考えています。90年代までのバブルの仕事が問題だったのです。コンサルタントでも仕事をやめる人が出てきました。結果として好きな人と、やめそびれた人が残っているのでしょう。久保田は後者かもしれません。

 公共施設の計画づくりのためのワークショップも増えました。公園、銭湯、図書館、学校、水辺などの計画づくりに関わりましたが、参加者の意欲も高いことが多く、意義があったと考えています。造園事務所や土木コンサルタント、設計事務所などと一緒に仕事をすることも多くなりました。多くの人から教えてもらって感謝しています。

 そして、まとまった仕事ではなく、ワークショップの理解のための講演や、リーダー養成講座など、住民が地域でまちづくりを進めるための支援をすることも増えました。特に川や水辺の計画づくりについて、ファシリテーターとして、進め方の企画立案、進行をすることもでてきました。

 あとは、まちづくり協議会へのアドバイザー派遣やコンサルタント派遣の仕事です。これは一定の収入もあり、会社の業務とすることができました。

 いずれワークショップについて、まとまった報告もしたいのですが、日常の業務に追われています。こんな感じで思いついたことを、まとまりなく書いていくのが自分に合っているのでしょう。あとは出たとこ勝負だ。

シェリー・アーンステインさんが示した 8つのはしご (1969)

  8段 市民のコントロール citizen control  市民権力
  7段 権限委任  delegated power   〃
  6段 パートナーシップ partnership     〃
  5段 宥和策   placation    名目的参加
  4段 表面的意見聴取   consultation     〃
  3段 情報提供   informing     〃
  2段 緊張緩和   therapy    非参加
  1段 世論操作   manipulation     〃

8つのはしご

 1998年10月から1999年3月までの6ヶ月間、「ひょうご自治」という兵庫県の外郭団体が出している冊子に、ワークショップについての原稿を書きました。その最後に確認する意味でこの8つのはしごを掲載させていただきました。今でもワークショップの度に確認しています。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kubotan2009.blog13.fc2.com/tb.php/121-94ea7ce9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。