無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニティ創造会議と宝会館展2013年11月24日(日)
コミュニティ創造会議と宝会館展2013年11月24日(日)

 今日2013年11月24日、朝はコミュニティ西山の創造会議。関学のU田さんによるふれあいサロンの報告に感心、感謝。ガーデンフィールズとNTN跡地の報告、記憶に残そう昭和の西山(映像編)の投げかけ、アトム110番の確認など、盛り沢山でした。

 昼過ぎからは宝会館展で、1964年東京オリンピック400mリレーメンバーだったA井さんのお話を聞きました。嬉しかったです。実は久保田は、先日もお伝えしましたが、その頃陸上オタクだったのです。ありがとうございました。

コミュニティ西山創造会議20131124
 コミュニティ西山創造会議です。毎年3回実施しています。


スポンサーサイト
雨漏り修理2013年11月その後
雨漏り修理2013年11月その後

 どうもわけがわかりません。

 11月19日(火)工事。朝から水は使わず、工事終了後、風呂と台所から水を流すと、しばらくして、水漏れ。風呂から会所までと、台所から会所までがあやしいとの結論。風呂を全面的にやりかえようかと考えました。
 
 11月20日(水)水漏れは無くなり、ガレージの中も乾いて、風呂から流しても、台所から流しても、洗面から流しても、漏れなし。あら。

 11月21日(木)~23日(土)水漏れ無し。どうなってるのかなあ。

 11月24日(日)夕方16時、スーパーに買い物にでかけるときに、なんと、水漏れあり。ガレージの中央部、昔に水漏れしていたあたりから少しずつ。えっ。

 11月24日つづき。18時。スーパーから帰宅すると、ガレージ地面は乾き、天井から少しだけ漏れあり。

 どこが問題なのか、またわからなくなりました。工事の結果、ガレージ手前の漏れは全くなくなったのですが、まだどこかに水みちがあるらしいです。

 ということで、様子見を続けます。

雨漏り修理2013年11月19日(火)
雨漏り修理2013年11月19日(火)

 8月頃から、掘りこみガレージの雨漏りがひどくなり、19日火曜日に工事をしてもらいました。朝9時30分から始まり、夜20時00分過ぎに終了。しかしそのすぐ後に風呂を流したら、また漏れだして、現場監督と一緒にがっくりしていました。
 
 しかし、それでは終わらず、次の日から、雨漏りはピタッと止まりました。なぜか不明なのですが、とにかく、それ以降、ガレージは乾いたままです。何よりです。一度にたくさん流すとまずいのかもしれません。

 風呂をやりかえなければならないと考えていましたが、もう少し様子を見ることにしました。

 ということで、「はてな?」が飛んだままで、しばらく見守りです。ではでは。

会所 使用前です
 会所周辺。工事の途中です。かなり傷がある様子でした。

会所 使用後です
 会所周辺。工事後です浅いことから、本体はステンレスでつくってもらいました。


大川ワークショップ2013年11月17日(日)
大川ワークショップ2013年11月17日(日)

 大阪市の大川に、「ふれあいの水辺」ができて2年、今年平成25年になり、上流部の自然が残る水面を対象として、いかに自然を残し、活用するかという、一見矛盾する取り組みが始まりました。

 久保田はワークショップの委員として、参加しています。2年前までは、進行役でしたが、今回は一人の委員としての参加なので、自由に意見を言うことができます。

 自然を残す「サンクチュアリー」であっても、人の目が行き届かないと、荒れてしまう可能性もあります。マナーが行き届かないこともでてきます。恐らく、人の目が日常的にある中で、次第にマナーの向上もはかられていくのでしょう。

 この大川の貯木場跡地は、貴重な「ワンド」的な特徴があります。都市の水辺に潤いをもたらすだけでなく、貴重な自然を守る大きな役割を果たすこともできそうです。

 久保田は、この一角に、フランスのアヌシーの橋のようなものが実現できたらよいと考えています。賛同する方もいるので、可能性追求をしていきたいです。

 ありがとうございました。

IMG_8197生き物の状況について学習します
 ふれあいの水辺の生き物調査の報告をききます。

IMG_8201グループにわかれて話し合い
 グループに分かれて話し合いをしました。時間が足りなかったです。

フランス02アヌシーの水辺
 久保田が提案した、フランス、アヌシーの橋です。湖の入り口にかかっています。

P1020121●アヌシーの愛の
 アヌシーの「愛の橋」です。このブログでも何回か紹介したような気がします。鋳鉄製の軽やかな橋です。

フランス01アヌシーの水辺
 アヌシーの橋の反対側です。公園になっています。白鳥が泳いでいました。


障害者週間記念事業/身体障害者補助犬シンポジウム
障害者週間記念事業/身体障害者補助犬シンポジウム

 2013年11月17日(日)。宝塚で、障害者週間記念事業/身体障害者補助犬シンポジウムにいってきました。

 身体障害者補助犬法(2002年)を知っている人はまだ国民の半分以下で、同伴拒否のお店もまだあるようです。盲導犬のことは知っている人は多いのですが、介助犬は知らない人が大多数みたいです。ピアニストの前川裕美さんは、アメリカで盲導犬と暮らしていたのですが、日本ではなかなか理解がすすんでいない様子でした。通学が必要な人が優先して利用ほしいという思いもあって、しばらく利用されなかったそうです。

 ちなみに、補助犬は3種類あって、盲導犬が一番知られています。介助犬、聴導犬も含まれるのですが、まだまだ広報が必要なようです。

 (フェイスブックの原稿がまちがってました。身体障害者補助犬法を「知らない人が半分以下」と書いていたみたいです。「知っている人が半分以下」でした。ここで訂正しておきます。すいません。)

 電子データでチラシを送ってもらえば、コミュニティと自治会の掲示板に掲載できるということを、社協の方にお伝えしてきました。一般市民への広報をもっとしていきたいです。コミュニティの会議でもこんど紹介しておきたいです。

 コミュニティ西山も今回実行委員をだしてほしいとの依頼があり、大崎副会長に参加していただきました。関係したみなさん、ありがとうございました。

前川裕美さん演奏
 視覚障害のある前川裕美さんの演奏です。上手です。

補助犬トークです
 補助犬トークです。中川市長、木村佳友さんとエルモ、前川裕美さん、厚生労働省の加藤晴喜さんです。進行は毎日新聞の山本真也さんでした。

いただいたクッキーです
 クッキーをいただきました。宝塚には、現在、介助犬と盲導犬はいますが、聴導犬はいないそうです。


オリンピック思い出131111
オリンピック思い出131111

 久保田が所属する宝南自治会が中心となり、宝会館展というものが、11月23、24に開催されます。その時に、1964年の東京オリンピックで男子400mリレーに出場した浅井さんという方のお話を聞くことになっています。質問を集めているとのことで、久保田、思い出と質問を書いてみました。

 ちなみに久保田は、中学の時は80mハードル、高校の時は200mハードルをしていました。そのあとすぐ、80mハードルは100mハードルになり、200mハードルは400mハードルになったので、今は存在しない競技になっています。

 久保田です。東京オリンピックの時は東北の福島市内に住んでおり、小学6年生でした。父親が昔、陸上競技をしていたこともあり、小学3年生のころ、ローマオリンピックの映画につれていかれました。それが生まれて初めて見た映画でした。男子ハードルを正面から映したものと、アベベが走っていたことを記憶しています。女子100mで優勝したルドルフが、小児マヒを克服して世界記録を出したことなども聞きました。今はYOUTUBEで当時の映像をかなり見ることができます。ルドルフは、実は当時の私のあこがれでした。1960年のローマオリンピックの話です。

 小学校の運動会のマスゲームが東京五輪音頭でした。時々日本選手が出る競技は、授業中にクラスでテレビを見ていました。

 選手のことも覚えています。後に、叔父が女子100mの予選の8ミリビデオを撮ってみせてくれました。ワイオミア・タイアス。かっこよかったです。たしかメキシコでも優勝しました。3位に入ったポーランドのクロブコフスカは、後に男であるとされて、競技に出られなくなったと聞きました。

 100mのロバート・ヘイズ、200mのヘンリー・カー、110m障害のヘイズ・ジョーンズ、10000mのネイティブアメリカン海兵隊のミルズ、雨の中5000mのシュール、走り高跳びのブルメル、走り幅跳びで逆転したイギリスのデービス。日本の山田宏臣さんはたしか決勝で記録が伸びませんでした。のちに8mジャンパーになった人で、若くして外国で亡くなりました。

 なんといっても、棒高跳びのフレッド・ハンセン。夜22時過ぎまで起きていたことも、あの時が生まれて初めてでした。5m10を越えた時に喜んだことも覚えています。なぜドイツでなく、アメリカを応援していたのだろう。今になると洗脳されていたという気もしています。

 悲劇の人で思い出す円谷幸吉さん、マラソンで当時世界記録をもっていたヒートリーに抜かれて3位になりました。気力が残っていなかったのですね。10000mでも6位に入り、すごい人だなあと思いました。

 当時、青森東京駅伝というものがありました。久保田が通っていた小学校が国道4号線に面していたこともあって、その冬、円谷選手が走るというので、これも授業中に学校をあげて応援に行きました。あっというまに通り過ぎた円谷選手はとても小さかったことと、担任の先生が「円谷頑張れ」と大声を出していたことを思い出します。メキシコオリンピックを期待され、自殺されたときの遺書は新聞記事になり、衝撃を覚えたものです。

 のちに澤木耕太郎が「敗れざるものたち」というノンフィクションの中で、円谷選手のことを書いています。言い知れないやるせなさを感じます。
 80mハードルの依田郁子さんも、期待されながら5位でした。しかしよく頑張ったと感じています。後に依田さんも自殺。悲しいことです。

 男子100mは飯島秀雄さんと吉岡隆徳さんの話を覚えています。ロケットスタートという言葉がはやったりしました。飯島さんはその後ヨーロッパ遠征などで活躍され、プロ野球の代走や、走塁コーチなどになられたはずです。

 久保田は父から、吉岡隆徳さんが1936年のベルリンオリンピックで決勝に残ったことを聞いていました。トーラン、メトカーフ、ヨナート、シンプソン、ジョバート、吉岡。これがベルリンオリンピックの100m決勝の順位です。父がそらんじていました。まるで詩を聞いているようで、今でも覚えています。暁の超特急が、深夜の超特急に負けたという話も聞きました。当時、分厚いオリンピックの記録集が家にあり、「1940年、夢と消えた東京大会」というキャプションも記憶にあります。ベルリン大会マラソンで優勝した孫選手と南選手が韓国人だったことも後で知りました。久保田の父は1922年生まれ。ベルリンオリンピックは1936年ですから、ちょうど陸上競技に熱中していたころです。

◆質問
①久保田も陸上競技をしていましたが、高校時代、バトンタッチは下から手渡す方式をとっていました。第1走者は右から手渡していました。当時、他の学校は上からが多かったのですが、日本チームはどうだったのでしょうか。

②東京オリンピックで思い出に残る選手をあげてください。

③飯島秀雄さんと吉岡隆徳さんの思い出はありますか。

④円谷幸吉さん、依田郁子さんの思い出はありますか。

⑤国立競技場のアンツーカーの感触はいかがでしたか。

⑥どのような経過をたどってリレー選手として選ばれたのでしょうか。日本選手権というものがあったのでしょうか。

⑦リレー当日の練習メニューはどのようなものでしたか?アップの時間とか、スタート練習とか、例えば50mダッシュとか、全力疾走とか、バトン練習とか。

⑧オリンピック村に滞在されていましたか?昔何かの合宿で泊った時に、宿舎のドアがすごく高かった記憶があります。

⑨どのような経緯で引退されましたか?

⑩オリンピックに出たことで、生活が変わったことはありますか?

⑪2020年の東京オリンピックに期待するものは何かありますか。

⑫最近の子ども達に走ることで何か伝えることはありますか


ガーデンフィールズ 2013年11月10日(日)
ガーデンフィールズ 2013年11月10日(日)

 11月10日(日)に予定されていた、寝屋川クリーンリバー、旭区スポーツフェスタ、城北川ドラゴンボートという3つのイベントが雨で中止になったので、宝塚みらいネットが主催する、ガーデンフィールズを考える集まりに行ってきました。

 知人の三谷さんが、道路計画の変更を求める図面を説明し、話し合いもとても盛り上がりました。なかなかハードルは高いと感じていますが、トライする意義はあると考えています。

 まちの記憶というものは、日本ではそれほど重視されていない気がしますが、実は大切なものであると感じています。スクラップアンドビルドという方式が簡単であることも、交通処理も大切だということもわかるし、想い出というものは、無くなってはじめてその大切さに気づくものでもあるのでしょう。
 
 悲しいことではありますが、ワークショップに参加している知人もいるし、旧知のコンサルタントにも声をかけているので、できるだけ元の雰囲気や環境が復活されるように、できることはしていきたいです。

三谷さん説明131110 
 知人の三谷さんが、よさそうなプランを説明します。しかし実現は今のところかなり困難。日本の都市計画の貧困さを感じたりします。私もその中にいるのですが。。。

 

休みました 2013年11月5日(火)
休みました 2013年11月5日(火)

 今日は朝から病院へ行き、2日土曜夜に縫ってもらった左足の親指の検査をしてもらいました。毎週火曜日は、コミュニティで出前運動講座というものをしており、久保田が世話役をしているのですが、なかなか出席できません。今日もお休みでした。今回は身から出たさびなので、これもしかたありません。

 協働のまちづくりの仕事をしていますが、先日からパブリックコメントが始まりました。今回は修正もでてきそうです。しかし、住民の方々が納得できるというよりも、委員会の方々が納得できるものになれば、新たな協働の活動が進むような期待があります。

 別の大阪市内の仕事も、終わりがありません。これもぼちぼちです。

 今日はほっとしつつ、足のケガも休みがとれたことで、好意的にとらえていこうかな。


まち歩きが終了しました。2013年11月4日(月祝)
まち歩き(千種地区)が終了しました。2013年11月4日(月祝)

 10月に引き続き、今日11月4日は千種地区のまち歩きをしました。久保田は、少々足が痛むため、彼女に送ってもらい、山添公園へ。15名ほどで2つの班に分かれて歩きました。

 この10年間で、地域の状況はかなり変わってきています。小林駅近くの住宅開発はどうも不法な様子で、確認申請がなかなか下りないとか、都市計画道路荒地西山線は徐々に進んでいるとか、新しいコモンステージの住宅地はかなり緑がなじんできたとか、あるところにホタルが出ているとか、さまざまなことを話ながら、1時間20分ほどを歩き、自治会館について、皆でまとめ作業をしました。

 地域に長く住んでいる人が多かったことと、PTAの愛護部の方たちも参加されたことで、かなり細かい情報が共有されました。

 雨も降ることなく、快適に歩くことができてよかったです。

 みなさん、ありがとうございました。

IMG_8020●千種の坂を上ります。交通量が増えています
 千種の坂を上ります。交通量が増えています。通学路の安全性向上が必要です。

IMG_8030●都市計画道路荒地西山線工事中です
 都市計画道路荒地西山線の工事状況のお知らせです。市内でもっとも力をいれている事業の一つです。

IMG_8056●宝塚神社。宮司さんが阪神淡路大震災後にモニュメント
 宝塚神社です。1995年の阪神淡路大震災で倒壊した鳥居などをつかって、宮司さんがモニュメントをつくられました。

IMG_8083●千種ヶ丘自治会館に戻ってまとめ
 千種ヶ丘自治会館に戻ってまとめ作業をしました。


2013年11月2日(土)けがしました。
2013年11月2日(土)けがしました。

 11月2日は、衣替え。夜7時過ぎに、衣装ケースを移動させようとして、前に転び、左足の親指を痛めました。血が出ていたので、彼女も娘も驚き、よく見ると、親指の爪の手前1センチくらいのところが横に裂けていました。

 ということで、急きょ宝塚こだま病院へ。結局4針縫うことになりました。麻酔がきれて、じんじんと痛みが続いています。

 今日11月3日文化の日は、朝から上の子が来訪。頼んであげていた食品を山ほど持って帰りました。その後下の子が大学の文化祭へでかけるというので、送って、私たちは買い物。

 夜は久々に3人ですきやき。久保田のけがもたいしたことはなくて良かったです。しかし、明日はコミュニティ西山の千種地域のまち歩き。無理しないで歩くことにします。

 運動講座の世話役もしているのですが、今週はお休みすることになりそうです。

 あわてるといいことはないということですね。気をつけなければ。

 みなさまもどうぞ、気をつけてください。






プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。