無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズンズを考える会130427土1330~
シーズンズを考える会130427土1330~

 2013年4月27日の午後は、宝塚でシーズンズの今後を考えようという集まりに参加しました。

 10年前に宝塚ファミリーランドが閉鎖された後、残った土地の一部が、ガーデンフィールズとして開設され、そのうちの南側の1ヘクタールほどが、英国風ナチュラル庭園として開設されました。それがシーズンズ。英国風というので、幾何学的な雰囲気を予想していましたが、実は肥料や農薬をできるだけ少なくして、植物が自立的に生育するのを応援するというコンセプトでつくられました。

 2012年12月に、設計士ポールスミザーさんの講演会に参加して、すばらしいと感じました。久保田はこれまで、あかねちゃんクラブの仲間と、隣の温室で2回、子ども達のヤゴ釣り体験を提供していたのですが、その時に、すばらしさを感じることができなかったことは恥ずかしいです。

 前置きが長くなってしまいましたが、温室は日本植物園協会の設立の会が催された場所であり、その後の日本の温室のモデルになったということも初めて知りました。

 ロンファンという中華料理店は4月10日に店を閉めましたが、この建物もかつては宝塚音楽学校が利用していたそうです。そのような思いを出し合い、これからのあり方について、共通認識を深める会となりました。具体的に活動するのはまず署名、つぎはもう少し各自が考えてからという気がしています。

 自分たちでできることを考える。やはりこれかなあ。

IMG_4305●花の道かつての武庫川堤防
 宝塚駅からシーズンズへ向かう。花の道です。かつては武庫川の堤防でした。両側は低くなっています。宝塚音楽学校の生徒さんは、お客さんを見下ろしてはいけないと、低い道を通ります。

IMG_4314●武庫川30分おきに噴水
 武庫川は30分おきに噴水が上がります。昨2012年7月末、近畿水環境交流会の会場になったところです。

IMG_4318●宝塚文化創造館を見ながら左のトンネルへ
 宝塚文化創造館をみながら、左のトンネルをくぐって、シーズンズへ向かいます。

IMG_4333●屋上緑化の小屋です
 久保田が気に入っている、屋上緑化の小屋です。

IMG_4343●温室は日本の温室のモデルになったそうです
 温室は日本の温室のモデルになったそうです。ここで日本ではじめての、植物園協会の集まりがもたれたそうです。

IMG_4366●植物の自立を促す植栽です
 シーズンズは、英国風ナチュラル庭園。幾何学的ではなく、「植物の自立を応援する」植物園です。農薬も肥料も最低限に努めているそうです。正面奥に、店じまいした中華料理店「ロンファン」が見えます。

IMG_4373●手塚治虫記念館とは土日のみ出入り可能
 手塚治虫記念館との連続性はほとんどありません。なぜだろう。土日のみ、シーズンズから入れるらしいです。ちなみにシーズンズの入場料は600円。これは新宿御苑の150円とくらべてもかなり高いです。せめて200円かなあ。


スポンサーサイト
大川クリーン作戦と生き物調査130427土
大川クリーン作戦と生き物調査130427土

 2013年4月27日は午前中、大川クリーン作戦と生き物調査に参加しました。淀川管内河川レンジャーの取り組みですが、多くの子ども達も参加して、付近のゴミ拾いを行なっていました。ふれあいの水辺では、魚の調査やEボート体験がありました。

 アユも2匹とれました。河井先生によれば、自然に淀川にさかのぼって来たものだそうです。ニゴイやボラの子ども、イシガイ、バカガイ、カワニナなど、砂浜が多くなることで、新しい自然の姿になっているようです。砂浜ができることで、にぎわいも生まれて何よりだと思います。

 ありがとうございました。

IMG_4267●ふれあいの水辺です
 大川、ふれあいの水辺です。次第に市民に定着しているような気がします。摂南大学エコシビル部の学生たんが活躍しています。

IMG_4277●会場風景です
 会場風景です。

IMG_4279●アユがとれました。天然モノです
 アユがとれました。天然ものです。大阪湾から遡上してきたらしいです。

IMG_4298●河合先生解説
 河合先生の解説です。教え子の中学生も来ていました。




寝屋川 ねや川水辺クラブの総会がありました20130420
寝屋川 ねや川水辺クラブの総会がありました 20130420

 ねやがわ水辺クラブの総会が終了しました。この集まりは、2001年度に、寝屋川市が市政40周年を記念として、一級河川寝屋川の再生を目指して、ワークショップによる構想づくりを開始したことにはじまります。

 担当になった上田さんという職員の方が、久保田の会社に電話をくれて、ワークショップをしたいとのこと。前年2000年9月に、八幡市で「川に学ぶシンポジウムin近畿」という催しがあったのですが、その資料集に実行委員の自己紹介コーナーがあり、久保田はワークショップをしていることを紹介していました。それを上田さんが見ていたのです。

 早速久保田と宮本で訪問して仕事をいただくことができ、以来、継続することができました。この5年ほどは、寝屋川市が摂南大学と相互協力の協定を結んでいることもあり、摂南大学から仕事をいただいています。

 話を戻して、ねや川水辺クラブは、寝屋川再生ワークショップが始まった2001年の年末に、構想づくりに関わった有志が集まって設立が提起され、寝屋川の浚渫をしたいという大阪府の担当者も交えた話し合いの機会がありました、浚渫をやめてほしいという委員の要望が強かったのです。

 しかし、その2日後には、一緒に現地におもむき、土砂が硫化水素のかたまりであることがわかり、委員は一転して、浚渫容認に変わりました。そんな活動もしながら2002年1月、第5回ワークショップの終了後、設立総会が開催されるはこびとなりました。行政がつくった集まりが、行政の予算が止まることで消滅してはいけないと、多くの委員が共感してくれたのです。

 なんども同じ話をしているようなので、経過はこのへんで終わります。

 本日4月20日は、総会の後、河川レンジャーの酒井さんから、高槻市三島江の河川敷の切り下げの状況報告がありました。10年ほど前に、河川法改正の後に、「川が川をつくる」発想に立ってつくられたのですが、住民から、「歩道があるのになぜ入れない?調査を見たことがない。調査時期がわからないのはおかしい。」といった苦情がでたことで、住民を交えての意見交換会が開始されました。
 
 河川自体の問題として、

 ①冠水帯(水陸移行帯)の減少
 ②横断方向縦断方向の連続性喪失
 ③洪水撹乱の喪失

 という問題もありました。
 
 酒井さんは、自然再生への住民参加を進めようと、三島江意見交換会参加者を募集しました。淀川のイベントで淀川ファン探しをしたそうです。

 そして会議において、現状共有、課題の共有、提案をお互いに出し合って、折り合いのつくところを求めたのです。

 利用のあり方案として、

1エリア:誰でも入れる
2エリア:許可制可能エリア
3エリア:川に任せるエリア

 というエリア設定ができました。しかしこの間、川に任せるエリアに植生が繁茂し、水路の一部が乾陸化しているそうです。人的管理が必要となり、再度意見交換会が必要となっています。「川は川をようつくらん」という状況なのです。微妙なきめ細かい計画づくりが必要になっています。

 実は、今後も、上流大塚地区、枚方地区、点野地区でも切り下げが検討されています。この三島江に学んで、これからの活動にいかしていきたいです。

 ありがとうございました。

IMG_4229寝屋川駅前せせらぎ公園看板130420
 寝屋川駅前せせらぎ公園の看板です。川に下りることができます。

IMG_4239ねや川水辺クラブ総会酒井さん講演130420
 河川レンジャーの酒井さんの講演です。

IMG_4259三島江の切り下げ計画
 三島江の河川敷切り下げの計画図です。川に任せるエリアは、実は陸化してしまい。やはり人の管理は必要になっています。

IMG_4244ねや川水辺クラブ大阪府展示も130420
 せせらぎ公園は多くの市民に利用されています。青年会議所が中心となって、鯉のぼりのイベントがありました。ねや川水辺クラブも、パネルを出しました。

IMG_4258寝屋川駅前こいのぼり展示JC130420
 寝屋川駅前続きです。ブルーシートの上で、鯉のぼりに色付けなどもしていました。にぎやかでした。



大飯原発運転停止訴訟判決2013年4月16日
大飯原発運転停止訴訟判決2013年4月16日

 アメリカのボストンマラソンの爆発事件や、水俣病最高裁判決、ミャンマーのスーチーさんなどの記事にかき消されるかのように、4月16日(火)、福井県にある関西電力大飯原発の運転停止訴訟の大阪地裁判決がでました。

 結果は「住民側の申し立てを却下」というものでした。詳しくは、しっかり書いておられる方の記事をご覧ください。裁判所は「関西電力大阪地裁部」という存在であるということがわかりました。さまざまな裁判で繰り返されたことですが、裁判の傍聴をしていると、原告が勝つと確信するのですが、結果は必ず負けてしまいます(勝ったのはもんじゅ裁判の地裁判決くらいでしょうか)。

 福島の事故のことも知らないのではと思わせる判決で、呆れて悲しいです。裁判所は司法判断を放棄するどころか、原子力村の一員だったということは恐ろしいことです。

 eppのグループから転送されてきた原稿をどうぞ。

-------(以下、ふくろうの会、坂上さんの原稿から引用)------------------

本日大阪地裁が下した不当判決に怒りを禁じえません。50人以上が集まった関電
東京支社前での行動は、期待を込めたアピールから、怒りのコールへと変わりま
した。悔しい思いでいっぱいです。関西や岐阜、福井で闘ってこられた皆さん
は、100倍も1000倍も悔しい思いをされていると思います。

判決の要旨を見る限りですが、裁判所はまず関電に対し、安全上の基準に合理性
があり、その基準をクリアしていることを要求します。しかしこれを、福島原発
事故前の基準と事故後のストレステストにクリアしているだけでよしとしていま
す。福島原発事故の教訓として活断層の3連動評価が必要となり、その点につい
ては判決も認めています。その場合には、制御棒の挿入性能が直ちに問題となる
はずです。ところが、ストレステストにはその項目はなく、不十分で合理性はあ
りません。

判決は一転して、原告に対し具体的な危険性の立証を要求します。制御棒の挿入
性能について、2.2秒は目安に過ぎない、3連動でも2.2秒を超えるとは限らな
い、2.39秒でも具体的な危険があるとは認められない、などとし、関電の言い分
をそのまま鵜呑みにした非常に乱暴なやり方で、原告の主張を切り捨てていま
す。安全上の基準にクリアしているかどうかという観点はどこかへ飛んでいって
しまいます。

さらに驚きなのは、原子力規制委員会の調査が継続中の破砕帯について、「地滑
りの可能性が高い」などと述べていることです。第一級の活断層の専門家を差し
置いて一体何様のつもりでしょうか。津波についても11.4メートルを超える津波
が襲来する可能性は認めるに足りないと断言しています。この見識にも驚いてし
まいますが、実のところは、防潮堤の工事が終わっていない関電の都合に合わせ
ただけではないでしょうか。

原告のみなさんは既に即時抗告を決めています。闘いは大阪高裁の場で継続しま
す。この動きに期待を寄せていきたいと思います。それと同時に、私たちとして
は、大飯原発を特別扱いし、定検までの運転継続を認めようとする原子力規制委
員会への監視をさらに強化していきたいと思います。大飯原発の即時停止を求め
る声をさらに強くしていきましょう。

-------(以上、坂上さんの原稿から引用)------------------
大飯原発さしとめ訴訟判決地裁130416
 大飯原発さしとめ訴訟判決記事です(毎日新聞4月17日朝刊)。大阪地方裁判所です。


蒸気発生器468px-Nuclear_steam_generator
 参考までに原発で使用されている蒸気発生器と思われるものをどうぞ。ウェブから拾いました。直径2センチ、肉厚1.3ミリ程度の管がおそらく3000本ほどあります。この中を放射能に汚染された水が猛烈な勢いで通り、まわりの水を沸騰させて蒸気を発生させます。地震に強いという気はしません。



城北川桜まつり第2弾130410水
城北川桜まつり第2弾130410水 

 3月31日の第10回城北川フェスティバルに続き、4月10日には、桜まつり第2弾が実施されました。40人乗りの大型船が2回周遊し、遊歩道沿いではジャズコンサート、大国技館などのパネル展示、ぜんざい販売などが行なわれました。

 天気もよく、何よりでした。

IMG_4004●子どもが見送り
 関目東小学校の東野先生に引率され、3年生の子どもたちが来てくれました。大型船「おおえ」に手を振っています。

IMG_4030●ジャズ青空
 遊歩道沿いで行なわれたジャズのミニコンサートです。軽いノリでよかったです。

IMG_4110●八重桜は満開でした
 ソメイヨシノは半分ほど散っていましたが、八重桜は満開でした。

IMG_4112●新光製糖砂糖つりあげ
 新光製糖はこの4月から日新製糖となりました。氷砂糖を日本で初めて製造販売したところです。ちょうど「はしけ」から原料糖を荷揚げするところでした。




竜王山 2013年4月13日(土)
竜王山 2013年4月13日(土)

 北摂山系の山にときどきでかけています。4月13日(土)彼女と茨木市の竜王山に行ってきました。

10:00出発
11:15忍頂寺着
11:40竜王山展望台~12:05
12:40深山水路
12:55車作大橋
13:10竜仙滝入口
13:20竜仙滝
13:35竜仙滝入口
14:40忍頂寺着

 竜王山は、茨木市の最高峰で標高510m。高槻市の阿武山の西側にあります。周辺は江戸時代、キリシタンの活動があったところらしいです。かなり高いところまで車で行くことができ、少し上るとすぐに展望台に到着しました。頂上は見通しは悪いようで、大きな展望台がつくられていました。

 竜仙滝を見に行くことにして、急な山道を下ります。東側にある車作(くるまつくり?)の集落には、江戸時代に20年をかけて作られた深山水路という農業水路があり、これも歴史を感じました。

 竜仙滝は亀岡に向かう道路(茨木亀岡線)を10分ほど歩く必要があり、安威川ダム建設と第2名神高速道路建設の影響か、ダンプカーがひきりなしに通り、恐かったです。歩道があればよかったのですが。竜仙滝は自然歩道を5分ほど上ったところにありました。高さ13m、小さな滝でした。

 同じ自然歩道と道路を戻って山裾の自然歩道を歩き、忍頂寺の駐車スペースへ戻り、少し休んで、国際文化公園都市を通って、中山寺のジョーシンで電話機(雑音がすごく入るようになったのです)を購入して帰宅しました。

 よい運動になりました。ありがとうございました。

竜王山マップ130413です
 竜王山周辺のマップです。緑の印のある忍頂寺というところから歩きました。右側にある竜仙滝へも行きました。

MG_0270●竜王山展望台130413
 竜王山の展望台です。最近できた雰囲気でした。

IMG_0274●竜王山展望台
 竜王山の展望台の上です。大阪方面の展望がひらけています。笑っているのは、久保田が間違えてセルフタイマーを作動させて、ハイカーの方にお願いしたからです。

IMG_0281●深山水路江戸時代20年かけた
 竜王山から山道を40分ほど下り、車作の集落にある「深山水路」を見ました。江戸時代に20年もかけてつくられたそうです。台場クヌギらしきものが3本立っていました。

G_0291●車作付近から山桜
 車作集落付近からみた山桜を遠望しました。春を感じました。

IMG_0307●竜仙滝
 竜仙滝。危険なダンプ街道を10分ほど歩いて、自然歩道を上ったところにあります。小さな滝でした。

IMG_0319●竜王山ふもとから大阪超高層を遠望
 竜王山のふもとから大阪方面をみます。超高層ビルが蜃気楼のように、かすかに見えました。


2013年4月7日寝屋川から旭区、宝塚小浜
2013年4月7日つづきです。
 この日は、川勝町から移動して、寝屋川幸町公園の清掃作業に参加。その後旭区太子橋のサクラまつり。続いて宝塚の小浜宿まつりに行きました。

 久保田の子どもや知人が着ぐるみを着ました。山本の植木産業の拠点「あいあいパーク」のキャラは「あいちゃん」です。ほのぼのします。兵庫県は「はばたん」。かつて絶大な人気を博しました。

 最後にガーデンフィールズの集まりに参加。忙しかったです。こんな平和な日々に感謝です。

4月7日つづき①幸町公園清掃
 4月7日つづき①幸町公園清掃です。6日の雨で遊歩道に泥がたまっていました。

4月7日つづき②幸町公園清掃ノボリ
 4月7日つづき②幸町公園清掃ノボリです。

4月7日つづき③旭区太子橋中公園まつり
 4月7日つづき③旭区太子橋中公園まつりです。

4月7日つづき④旭区太子橋中公園サクラ巨木
 4月7日つづき④旭区太子橋中公園サクラ巨木です。4月4日撮影です。大阪市でも有数の幹の太さだそうです。

4月7日つづき⑤宝塚市小浜宿まつり着ぐるみ
 4月7日つづき⑤宝塚市小浜宿まつり着ぐるみです。久保田の上の子がSANDA(三田)くんになっていました。つがいだそうです。

4月7日つづき⑥小浜宿まつりあいちゃん
 4月7日つづき⑥小浜宿まつりあいちゃんです。かわいいです。

4月7日つづき⑦小浜宿まつりはばたん
 4月7日つづき⑦小浜宿まつりはばたんです。


寝屋川川勝町。2013年4月7日。
 寝屋川。2013年4月7日。川勝町。雨の影響があり、水辺体験は中止。ねや川水辺クラブの立川さん、小栗さん、能田さんと雑談してました。寝屋川本川の構想3番目の工事はもうすぐ完成します。新しくできる魚道が特徴。楽しみです。
 
 この日は結局、下流の幸町公園で清掃作業をしました。

寝屋川①川勝町整備中130407
 寝屋川①川勝町整備中です。2013年4月7日。昨日の大雨はあがりましたが、水量も多く、水辺体験は中止になりました。

寝屋川②川勝町整備中を眺める立川さん小栗さん能田さん130407
 川勝町整備中を眺める立川さん、小栗さん、能田さんです。みなさん、ボランティア精神に富んだ方々で、教えられるところが多いです。

寝屋川③川勝町整備前2001年の写真
 川勝町整備前2001年の写真です。上流の打上川(うちあげがわ)治水緑地からの水が下のボックスから流れてきます。

寝屋川④川勝町整備モンタージュ
 川勝町整備のフォトモンタージュです。 



いろいろ 2013年4月1日
いろいろ 2013年4月1日

 サクラ、自治会資源ごみ、城北川。久保田自宅近くの通称「さくら道」は満開。自治会資源ごみは3月末は満杯です。城北川は旭区で高速道路の下を通ります。水辺に下りる整備ができればと考えてます。脈絡なしです。
 フェイスブックに掲載している内容を再掲しています。まとまっていませんが、ご容赦ください。

桜道130401桜
 久保田近くの通称「さくら道」です。桜の季節になると、歩く人が増えます。

資源ごみ130304
 宝南自治会の資源ごみです。3月末に大量にでます。

城北川旭区内130401
 城北川です。旭区内はほとんどが阪神高速道路守口線の下を通ります。


 
城北川フェスティバルが終了しました。20130331
城北川フェスティバルが終了しました。
 2013年3月31日、城北川フェスティバルが無事終了しました。サクラは満開。とても賑わいました。「大阪の子どもたちを水辺に誘う会」の藤本さん皆さん、ドラゴンボート7回ありがとうございました。摂南大学澤井ゼミ、エコシビル部の皆さん、Eボート8回ありがとうございました。アイラブ城北川実行委員会の皆さん、区役所の皆さん、参加された皆さん、ありがとうございました。城北川の水は透明度1m以上でした。

IMG_3465●ドラゴンボート7回
 ドラゴンボートは7回実施しました。

IMG_3462●Eボート8回
 Eボートは8回実施しました。

IMG_3463●城北川の桜
 城北川の桜は満開でした。なによりでした。




プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。