無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊野地方の水害
熊野地方の水害

 大震災と津波、放射能汚染の陰にかくれてしまったような気がしますが、昨2011年9月1日から4日にかけての台風12号による水害は、とても広範囲で大規模なものでした。

 和歌山県、奈良県、三重県での死者は63名、行方不明者19名、全壊256棟、半壊222棟、浸水7,632棟(2011年10月3日現在)だそうです。

 上北山村の総雨量は、8月30日午後6時から9月4日午後5時までで、1808.5ミリ。1m80センチ降ったことになります。1億立方メートルの土砂が崩れ、小森ダムと二津野ダム2つの放流量は最大で1万8338トン/秒。これは淀川でもなかなか流れない流量です。淀川から大川に流れる流量が平均で70トン/秒、京都宇治市上流にある天ケ瀬ダムの放流量が最大でたしか900トン/秒、これらに比べてはるかに巨大な水のかたまりが流れたことになります。

 熊野本宮や新宮市などでも浸水があいつぎ、洪水、土砂崩れ、土砂ダムなど、ニュースに流れたことは記憶に残っていると思いますが、かつて十津川村の住民が、北海道に新天地を求めて移住したときの状況と似ているのではないかと考えてしまいます。

 人工林に大きな被害があったとも聞いています。自然林の被害が少なかったことは、今後の山づくりを考える際にやはり気にしておくべきなのでしょう。

 できることは限られているのですが、和歌山のことも忘れずに、熊野古道を歩く企画もたててみたいと考えています。



スポンサーサイト
河川レンジャー 1月23日
河川レンジャー 代表者会議 2012年1月23日

 河川レンジャー代表者会議というものに参加しています。
今回は、若い人をいれたいという提案と、レンジャーが中心となって川づくりのワークショップを実践したいという提案があり、久保田は賛成しました。

 ともすれば後ろ向きになりがちな、公共的事業ですが、川に子どもや地域の人に親しんでもらうことは、これからもっと大切になるのだと考えています。堤防が高くなることで、川に対する意識が低下することは否めませんが、それだからこそ、川に日常的に親しむことが必要なのです。

 そんな中で、当事者としての役所と、レンジャーさんの新たな提案に拍手です。

明治18年洪水記念碑
 明治18年の洪水碑です。伊加賀切れ(現在の枚方市)という、堤防決壊があった近くにあります。
放射線測定値(たんぽぽ) 2012年01月26日
放射線測定値(たんぽぽ) 2012年01月26日
 (兵庫県宝塚市、木造住宅2階 測定器:たんぽぽ旧型 
*1000カウント/10秒=1μSv/h。)

◆2012年01月26日(木)10:00 はれ  平均値 66.9 最大値 74 最小値 55

1月11日から若干低くなっています。しかし誤差範囲だと思います。


放射線測定 姫路市書写山 120120
放射線測定 姫路市書写山 120120

 休みをとり、姫路市の書写山へ登りに行き、測定してきました。

 最近、放射線の値は、微妙に高くなっている気がしています。日常的な変動の範囲かもしれないので、それほど気にすることはないのでしょうが、全国的に少しづつ高くなることは避けられないのでしょう。今後、食品や建材、ごみ処理の灰など、あちこちで顕在化することも避けられないのでしょう。心配しすぎることもストレスがたまるのですが、早く全国原発を止めて、後始末にあたるしかないのだと思います。
 自分の周りのことでいえば、医療用のレントゲンを撮る際は、測定することや、記録をとっておくことも必要かなあ。

 放射線測定値(たんぽぽ) 2012年01月20日  測定器:たんぽぽ旧型 
(*1000カウント/10秒=1μSv/h。) 今回、実績数値と四捨五入平均値をあげてみました。

◆2012年01月20日(金)くもり                           四捨五入平均値
山陽自動車道白鳥PA地面   平均値 97.9 最大値 120 最小値 81  0.1μSV/h
書写山観世音菩薩前地面   平均値 90.7 最大値 103 最小値 72  0.09μSV/h
   講堂前溝地面       平均値 106.2 最大値 117 最小値96   0.11μSV/h
   展望台ベンチ前地面   平均値 71.7 最大値 81 最小値 62  0.07μSV/h
   ロープウエイ車内     平均値 42.6 最大値 61 最小値 31  0.04μSV/h
   駐車場喫茶店テーブル 平均値 55.1 最大値 65 最小値 46  0.06μSV/h
   淡河PAトイレ前     平均値 90.9 最大値 103 最小値 78  0.09μSV/h

 今回は、講堂前の地面が0.11μSV/hで一番高い値dした。これまで平均値は0.04から0.06μSV/hなどが多かったのですが、最近は時々0.1μSV/hを超えることもあります。
 福島の影響かどうかは不明ですが、ほんの少しは影響があるのだと感じています。

書写山摩尼殿
 書写山の摩尼殿です。昭和8年に再建されたものです。迫力のある建物です。下から登り、山上を周遊しました。広い山上でした。

書写山講堂前測定
 講堂前です。こんな感じでいつも測定しています。平均0.11μSV/h。微妙に高かったです。

書写山の大杉目通り8.4m高さ35m
 大杉です。目通り8.4m、高さ35mだそうです。この他にも様々な巨木がありました。

淡河PAにて
 山陽自動車道 淡河(おうご)PA(パーキングエリア)にて。平均は0.09μSV/hでした。

ばたばたしてます 1月14日
ばたばたしてます 1月14日 
  
 1月7日に妙見山と多田銀山を訪問してから、なんだか忙しくなりました。8日と9日は寒中見舞いの作成、10日11日は西成区の仕事、その後、川の委員会や、マンション協議会の助け合いの世話人会、近畿水の塾の事務局会議、そして新たなワークショップの企画と現地調査、別の川づくりのワークショップの準備と運営など、余裕がありませんでした。次第にパソコンに向かう根気が続かなくなっています。まあしかたないことでしょう。ぼちぼちいくしかありません。

 コミュニティの役員もしているのですが、11日は久しぶりに役員会を欠席。様々な課題が周りにあるのですが、これも一つずつ乗り越えて、当面はつれあいとの日帰り旅行にむけて元気を出していくつもりです。

 本日14日は、川のワークショップ。事前に模擬的にイメージをつくっているのですが、意表をつかれることもあり、なかなかうまくいかないこともあります。しかし、そこを乗り越えるスリルもあって、悪くないです。そんなあたりが、やめられない理由なのでしょう。毎回が初舞台です。

 明日は助成金で購入する浮き桟橋が届くので、その組み立てなどにでかけます。けっこう貧乏性かも。

 今日も幸せな一日でした。感謝です。ありがとうございました。

中山寺から武庫川遠望
 1月3日、中山寺から武庫川を眺めます。今年は武庫川を舞台に「近畿水環境交流会」というものを7月28、29日で実施します。

放射線測定 妙見山と多田銀山 120107
放射線測定 妙見山と多田銀銅山 120107

 昨2011年、生野銀山で、放射線の値が上がっていたこともあり、今回、多田銀銅山はどうかと出かけてきました。事前に妙見山にも行ったので、その結果もどうぞ。いつもは10回測定して、その平均を出しています。

放射線測定値(たんぽぽ) 

◆2012年01月07日(土)はれ 

●妙見山(大阪府能勢町野間中、兵庫県川西市)
・展望台望遠鏡付近地面   0.08μSV/h
・駐車場付近トイレ前ベンチ 0.04μSV/h
・リフト乗り場前地面    0.07μSV/h

●多田銀山(兵庫県猪名川町上野字北畑。かつては銀山町)
・悠久の館、展示石付近   0.05μSV/h
・代官所跡 地面        0.10μSV/h
・青木間歩入口から5m壁際  0.16μSV/h
・青木間歩入口から10m壁際 0.20μSV/h
・青木間歩一番奥壁際     0.19μSV/h 
・青木間歩入口前地面     0.12μSV/h
・青木間歩素掘り跡の前    0.14μSV/h
・青木間歩から金山彦神社路上 0.09μSV/h

 妙見山は通常の値だと思います。

 多田銀山は、やはり坑道内が高かったです。入口から10m付近が0.2μSV/hで一番高かったのですが、通常を0.05μSV/hとすると、その4倍程度になります。
 もちろん、レントゲン撮影などと比べてかなり低いのですが、継続的に高い放射線を浴びることは問題があるはずです。はるか昔、放射線の影響で体調を崩した作業員もいたのではないかと思います。

妙見山山頂付近
 展望台望遠鏡付近です。0.08μSV/hでした。

妙見山山頂付近つづき
 展望台望遠鏡付近つづきです。

妙見山リフト乗り場付近
 リフト乗り場前地面です。0.07μSV/hでした。


多田銀山悠久の館展示
 多田銀山(猪名川町)展示館、悠久の館の展示石です。放射線は0.05μSV/hと低かったです。

多田銀山代官所跡
 代官所跡の地面です。0.1μSV/hでした。


青木間歩入口です
 青木間歩(まぶ)入り口です。坑道の中を見学できます。

青木間歩の入り口から10m程度
 青木間歩の入り口から10mほどのところです。平均0.2μSV/hでした。生野銀山よりも高い値だと思います。

青木間歩素掘り跡
 青木間歩の素掘り跡です。この付近で0.14μSV/hでした。久保田自宅の0.05~0.06μSV/hと比べると2倍以上ですが、そんなものでしょう。


    
放射線測定値(たんぽぽ) 2012年01月06日
放射線測定値(たんぽぽ) 2012年01月06日
 (兵庫県宝塚市、木造住宅2階 測定器:たんぽぽ旧型 
*1000カウント/10秒=1μSv/h。)

◆2012年01月06日(金)23:00 くもり 平均値 67.7 最大値 80 最小値 58

 以上、0.07マイクロシーベルト/h前後です。たいしたことはありません。

 少し気持ち悪いのは、自宅で測定した結果では、今までで最高値であることです。

 雪が降ると、少し高くなる傾向にあり、数十センチも積もると、地上からの放射線が減るので、また低くなるそうです。しかし、昨日の雪はほんの少しだけでしたから、大きな影響はないと思います。

 食品の放射能汚染の基準を厳しくするというニュースも流れています。好ましいことだとは思いますが、それでも基準は、3.11以来、社会的、政治的に全く異なる判断がなされるようになりました。原発を進めるかぎり、放射能を受け入れる覚悟が求められているはずですが、久保田には、その覚悟はもちろんありません。

 放射能と向き合う生活とは何か、まだまだ気持ちはゆれ動く毎日です。汚染地域に住む方々、そして除染に取り組む方々に、応援と祈りを送るばかりです。

新年をむかえて
新年をむかえて 2012年1月2日(日)

 新しい年をむかえて、時の流れが速いと思います。悔やんでも悔やみきれない3月11日の事故から、既に9カ月。何もできないもどかしさを感じつつも、家族でゆるやかな時を過ごしています。

 今年の正月は、上の娘と孫が泊まったので、にぎやかでした。1日はつれあいの実家にうかがい、いつも訪問する聖天さんというところにお参り。2日は、娘たちが再度来訪してゲーム三昧でした。久しぶりに贅沢に食事をして、たくさん家族で笑いました。

 下の娘は就職活動の真っ最中。昔に比べて、その準備の周到さにびっくりしています。自己分析などもかなり念入りにしています。聞けば周りの学生たちも同じような様子。就職した先輩たちからも情報収集をしているようです。

 毎年、10年日記というものに、今年の豊富というものを家族で書いています。久保田はまちづくりの仕事をしているので、そのことと、川の活動、そして福島のことを少し、自信ないままに書いておきました。放射線の測定も継続することになりますが、多くの専門家や市民が測定をしているようなので、恐らく、すきまを埋めるようなことになるのでしょう。

 いずれにしても、新しい年、新たな気持ちで進まなければならないと思います。気合いをいれますわ。
 
 お付き合いいただいているみなさま、どうぞよろしくお願いします。





プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。