無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立山へ行ってきました。
立山へ行ってきました。2011年8月20日(土)~23日(火)

 毎年、日本アルプスへ出かけています。今年は娘たち2人が行くと言い出し、5月から準備をして、孫もつれて、計5人で行ってきました。
 前日19日は、地域の「第1回あかねちゃん学園in西山」(第7回みやまあかね祭)でくたびれていましたが、良く眠れました。

20日(土) 雨の中、浄土山へ登り、一ノ越へ下って、みくりが池温泉に泊まりました。浄土山に登る途中で雷鳥をみました。それがこの日の救い。3羽が石の上に静かに立っていました。雨でした。
04:30 起床。
05:20 娘のつれあいに宝塚駅まで送ってもらう。
05:50 宝塚駅発
06:20 大阪駅着
07:09 大阪駅発サンダーバード1号乗車
10:22 富山駅着
10:40 富山駅発(富山地方鉄道立山行き)
11:37 立山駅着
11:50 立山駅発(ケーブルカー)
11:57 美女平着
12:00 美女平発(高原バス)
12:50 室堂着
(みくりが池温泉まで、久保田と孫で大きい荷物2つを預けに往復。)
14:15 室堂発。浄土山へ向かう。
14:25 室堂平
16:15~16:20 富山大学施設前
16:45~16:55 一ノ越
17:30 室堂山荘前
17:45 みくりが池温泉着、泊。個室1泊10,500円。

室堂にて
 室堂で記念写真を撮ります。

浄土山で雷鳥を見る
 浄土山で雷鳥を見ました。石の上にずっと立っていました。見張りをしているらしいです。

一ノ越から雄山を見上げる
 一ノ越から雄山を見上げます。この日はまだ見えていました。

一ノ越から室堂へ向かう
 一ノ越から室堂へ戻ります。雪渓が残っていました。

みくりが池
 みくりが池です。このすぐそばにみくりが池温泉があります。山小屋というよりはハイキングに来る人のためのホテルという感じでした。

みくりが池温泉のトイレです
 みくりが池温泉のトイレです。なんと、音だけが出るシステムもあり、ウォシュレットです。


21日(日) 一ノ越へ再び登って、雄山をめざします。雨がけっこう降っており、少し余裕を持って出発することにしました。一ノ越から登り始めたとたんに風雨が強くなり、20歩進んだところで一度引きかえしましたが、小康状態になったところで、再度気合いを入れて再度挑戦。雄山に登りました。全く景色は見えませんでした。
05:00 起床
06:00 朝食
08:25 出発
08:40 室堂山荘前
09:00 雪渓渡る
09:30~10:15 一ノ越(雨が強く、様子をみました)
11:10~12:50 雄山、雄山神社(お参りしました。昼食をとりました。)
13:25~13:30 一ノ越
14:20~14:30 みくりが池温泉
15:00 雷鳥沢ヒュッテ着、泊。個室1泊9500円。

一ノ越の自販機です
 一ノ越の山荘にある自販機の説明です。飲み物がなぜ値段が高いかという説明です。一般の人が来るようになると、こんな説明が必要になるのです。

雄山神社前です
 雄山神社前のベンチです。周りは何も見えませんでした。

雄山から下山します
 雄山から下山します。

地獄谷の看板です
 みくりが池から地獄谷に向かう途中にある看板です。有毒ガスがでるので、夜間は通行禁止などの説明が4ヶ国語で書かれています。

雷鳥沢ヒュッテに到着しました
 雷鳥沢ヒュッテに到着しました。久保田はもう6回目くらいです。20数年前はニューふさじという名前でした。久保田大学の恩師の恩師、吉阪隆正先生の設計です。ユニークです。


22日(月) 雷鳥沢ヒュッテから奥大日方面、室堂乗越まで1時間少しを歩き、雷鳥沢ヒュッテに戻って食事、その後立山荘に向かいました。室堂乗越からの帰りに再び雷鳥に出会いました。こんどは一羽でしたが、間近に見ることができ、満足しました。食事は毎回つくるカレーうどん。山で食べるうどんは孫が毎回感激してくれます。
05:00 起床
06:00 朝食
07:15 雷鳥沢ヒュッテ発 奥大日方面へ
07:55 剣御前方面との分岐点
08:20~08:25 室堂乗越付近。引きかえす。
09:00 剣御前方面との分岐点
09:35~10:55 雷鳥沢ヒュッテ(昼食)
11:05 地獄谷のみくりが池温泉分岐
11:40 室堂分岐
12:05~12:25 天狗平。ここからの下りは石がごろごろしている日影の道で、滑りやすかったです。
13:50 国民宿舎立山展望荘着。14:30のチェックインを待ってロビーで休憩しました。泊。個室1泊14000円。
15:00 入浴

奥大日から剣方面をみます
 室堂乗越へ向かう途中から剣岳方面をみます。剣岳は残念ながら見えませんでした。

雷鳥にふたたびであいました。
 雷鳥沢に戻る途中に再び雷鳥に出会いました。今度は登山道にいたので、近づくことができました。

地獄谷で放射線測定
 雷鳥沢ヒュッテで昼食をとって、地獄谷を通って国民宿舎に向かいます。地獄谷で放射線を測定しましたが、低いです。湯の花(イオウ)は放射線をほとんで出さないようです。

国民宿舎立山荘
 立山展望荘に到着しました。この建物も吉阪先生の設計です。コンセプトは同じです。


23日(火) 国民宿舎展望立山荘を出て、バスに乗り、富山市内を観光することにして、早めにバスに乗りました。富山ではまず白エビ天丼というもので昼食。その後時間があるので、路面電車に乗り込み、富山市科学博物館へ。この停留所から科学博物館までの間が大雨でした。びしょぬれになって大きな建物に到着したところ、それはなんと美術館。「ええー。博物館ではないのかよー」と、びっくりしましたが、隣接していたので、胸をなでおろしました。
06:00 起床
07:00 朝食
09:35 立山荘前のバス停からバス乗車(1060円)。
10:10 美女平着
10:20 美女平発(ケーブル)
10:27 立山着
10:37 立山発(富山地方鉄道)
11:37 富山着
13:00~14:00 富山市科学博物館
14:30~富山駅で買い物
16:16 富山発。サンダーバード38号。
19:37 大阪駅着
19:50 大阪駅発新三田方面乗車
20:20頃 宝塚駅着

バスから称名の滝
 雨のため、木道を歩くことは断念してバスで下山。称名の滝が見えました。雨の時だけ出現する「ネハンノ滝」も見えました。

富山市科学博物館
 富山に戻り、富山市科学博物館へ。大雨でびしょぬれになりました。

風速15m体験
 科学博物館で、風速15m体験。実はこれでぬれた服を乾かすことができました。

ダイヤモンドダスト
 ダイヤモンドダストができる様子を再現する展示です。きらきらしてきれいでした。

富山の路面電車
 富山市の路面電車です。新しい低床のLRTも走っていました。富山駅の西側には富山港線というものがあり、そちらは本格的なLRTです。

●今年も無事に山に行くことができました。家族5人でいくことは初めてです。上の娘はほんとに初めての山行きでした。「山ガール」のファッションからスタートするというので、気合いが入るところが親とは全く異なるのですが、元気でした。下の子も久しぶりでしたが、やはり元気でした。

 次第に私たち親の元気がなくなってきていますが、もう少し頑張れそうな気がしています。また来年にむけて、仕事に復帰します。

 ありがとうございました。

スポンサーサイト
放射線測定つづき (新)2011年8月09日から8月16日
放射線測定つづき (新)2011年8月09日から8月16日

 正確な値は6月23日以前の2倍であったことがわかり、以来、久保田自宅の結果はこれまでの2倍が正確な値です。シンチレーターの校正作業の結果です。

(兵庫県宝塚市、木造住宅2階 測定器:たんぽぽ旧型 
*1000カウント/10秒=1μSv/h
◆2011年8月16日(火)21:30 はれ  平均値 53.3 最大値 64 最小値 49
◆2011年8月15日(月)22:00 はれ  平均値 53.1 最大値 63 最小値 41
◆2011年8月14日(日)22:00 くもり 平均値 56.1 最大値 69 最小値 48
◆2011年8月13日(土)23:00 はれ  平均値 59.0 最大値 72 最小値 47
◆2011年8月12日(金)23:00 はれ  平均値 57.2 最大値 69 最小値 45
◆2011年8月11日(木)23:40 はれ  平均値 56.7 最大値 70 最小値 39
◆2011年8月10日(水)23:50 はれ  平均値 55.3 最大値 61 最小値 44
◆2011年8月09日(火)22:00 はれ  平均値 58.2 最大値 66 最小値 50

 以上、0.06マイクロシーベルト/h未満です。

 敗戦の日8月15日(月)仁川のピクニックセンターというところへ出かけました。30年ほど前は川が砂浜のようなところを流れ、暑い雰囲気の場所でしたが、現在は草が生い茂り、遊ぶのには適していません。

 川にはカワムツやヨシノボリが泳ぎ、水は比較的きれいでした。しかし以前通れた「ゆずりは」方面に至る道が通行止めになっており、もとの道を引き返すはめになりました。気軽なハイキングコースが無くなっていくのは寂しいです。それでもいい汗をかきました。ありがとうございました。

 放射線は草地の上で、
地表  平均値 87.3 最大値 101 最小値 76
高さ1m 平均値 53.4 最大値  68 最小値 44

 地表が0.09μSV/h、高さ1mで0.05μSV/hということですから、逆瀬川の河川敷とあまり変わりありません。微妙に高い気がするということです。それでも福島や宮城に比べて、とても低い値です。

仁川ピクニックセンター測定110815
 仁川のピクニックセンターで測定。地表0.09μSV/hは微妙に高いのですが、しかし放射能社会としては低い値です。いずれにしても、放射能が日本全国に行き渡っている現実は、よろこばしいことではありません。


雨水(あまみず)ネットワーク会議全国大会110805、06
第4回雨水(あまみず)ネットワーク会議全国大会in大阪

 2011年8月5日(金)、6日(土)、大阪天満橋のドーンセンターで標記大会が実施されました。

 久保田はNPO法人近畿水の塾のメンバーとして、この実行委員会に参加、あこがれの村瀬誠さんとご一緒できてうれしい時間を過ごしました。

 雨水(あまみず)は、洪水の原因ともなるので、特に都市内では迷惑なものになっています。河川の行政でも、「治水」という言葉にあるように、いかに雨水を速く流すことに一番の注意がはらわれています。

 しかし、雨水は、最初の5分程度は空気中のチリやほこりを含んで汚れていますが、その後は、「極めて良好な蒸留水」なのです。

 例えば東京都では、年間に降る雨は25億トン、利用する水は20億トン。自前でまかなえる水を速く流し去り、周辺の県からエネルギーを使って水を集め、利用するという反エコなことをしています。

 飲料水の観点からも、エネルギーの観点からも、雨水利用はもっと進めるべきでしょう。建築学会もようやく規格づくりにとりかかっているようです。

 当日、久保田は他の分科会を担当していたこともあり、基調講演を聞くことはできませんでしたが、2日目に担当していた第3分科会(雨水活用のアジア交流)では様々な事を学びました。

 狭山池が中国や韓国に同様な施設があり、昔から技術の交流があったのです。また、バングラディシュには雨水利用の必然性が高まっており、日本の支援が進んでいます。地元の管理運営が可能になるよう、伝える努力が感動的でした。

 韓国から来られた大学のハン先生は、「バイオフィルムの研究成果」を発表されました。雨水活用タンクのメンテナンスの点から、タンクの側壁にできた微生物の膜を維持することが、雨水を浄化するために重要なのです。ドイツでは既にその規格ができているそうです。まさに目からウロコでした。考えてみたら、下水の浄化も微生物によるのですから、もっともなことなのでしょう。水原(スオン)市にぜひ行ってみたいと思いました。

 来年3月には、釜山の近くゴソンというところで恐竜博覧会が開催されます。そこは雨水利用が大きなテーマになっています。ぜひ訪問したいです。

 台風の季節です。昔雨が降った時に、口をあけて雨を飲んだことがあるのですが、50年の時を経て、不謹慎ではありますが、台風が待ち遠しくなったりしています。

ドーンセンター前の看板です
 ドーンセンター前の立て看板です。

水琴窟です。信楽焼です
 雨水利用のメーカーの展示もいくつかありました。信楽焼の水琴窟が面白かったです。

雨の使い過ぎを諭すエコレインショー
 水の浪費をこらしめるエコレインショー

水道蛇口を1分間流すと12リットル
 1日目の雨のおもしろ実験ショーです・おもしろ実験サイエンスショーです。水道の水を1分間出しっぱなしにすると12リットルになり、それを持ちあげています。

水蒸気が蒸発すると水を吸い込む
 水が蒸発すると、水蒸気になり1700倍になり、冷えるとほとんど無くなって水を吸い込みます。

コップ逆さにすると玉がどうなるか
 コップの底を抜いて、風を下から当てるとボールが飛びます。

玉が吸い込まれていきます
 ボールが吸い込まれていきます。

玉が上に飛び出します
 ボールが飛びあがります。不思議でした。

ゴソン市の恐竜博マップ2012年3月開園
 韓国では来年2012年3月にゴソン市というところで恐竜博があります。そこは雨水利用が大きなテーマです。

ひばりが丘学園の生徒と村瀬さん
 宝塚のひばりが丘学園の生徒さんも雨水の取り組みをしています。村瀬さんと情報交換しています。

1日目の懇親会で殺陣の披露
 1日目の懇親会で殺陣の披露がありました。水野会長が水戸黄門に扮して登場していました。

2日目の第3分科会
 第3分科会の様子です。狭山池の紹介、バングラディシュの雨水タンク支援、バイオフィルムの紹介がありました。

ハン先生がバイオフィルムの効用を説明
 韓国のハン先生のバイオフィルムの研究成果発表です。雨水利用は韓国が後発にもかかわらず、現在は日本よりもかなり進んでいる様子でした。サッカースタジアムもほとんど雨水利用だそうです。
近畿水環境交流会in大川
近畿水環境交流会in大川 2011年7月30(土)、31(日)

 今年の近畿水環境交流会は、大阪で実施されました。この取り組みは「いかそう水辺 つなごう流れ」をキャッチフレーズとして、毎年近畿圏の水辺を舞台として実施されています。

 30日は、毛馬閘門、毛馬排水機場、津波・高潮ステーション見学会の後、エル大阪にてシンポジウムがありました。大阪府河川室長の辰谷義明さんには、「水都大阪、水辺の賑わい」と題して、大阪府の河川行政の流れを解説していただき、大桐中学校の河合典彦さんには、「大川の自然環境」と題して、淀川を中心とした生き物の状況と、貯木場跡地にヨシ原を再生したいことなどを話題提供していただきました。久保田は武庫川流域圏ネットワークが設立された報告をしました。

 大和川の水質は一昨日、日本の一級河川の中でワースト4位になったそうです。かつてワースト1位だったのですが、喜ばしいことではあります。

 ちなみに、淀川から大川に流入する水は毎秒平均で60トン。この水量は、100万キロワットの原発が排出する温排水(排出する水は、温度が7℃あがっている)70トンに満たない水量です。

 閑話休題。

 31日は、桜ノ宮公園に隣接す貯木場跡の緑地に集合して、大川を舞台として、水辺の清掃活動、水辺利用の実践(水質調査、距離測定など)と行ない、Eボートレースが行なわれました。

 久保田はNPO法人近畿水の塾のメンバーとして参加しましたが、人数が集まらないため、混合チームに参加。年齢層が高いのですが、バランスはとれており、なんと17チーム中6位という好成績をおさめました。

 しかし暑かったです。風があってまだよかったのですが、水をかぶって熱中症対策をしていました。

 ふれあいの水辺づくりは、砂浜の整備も進み、もうすぐ完了しそうです。

 2日間の取り組みは無事に終了。ありがとうございました。

1日目エル大阪でシンポジウム
 1日目は天満橋のエルおおさかでシンポジウム。100名以上が参加しました。

2日目Eボートの注意事項
 2日目のメインイベントはEボートレース。その前に子どもたちに体験乗船をしてもらいました。

Eボートのスタート
 Eボートレースのスタート。広い水辺なので、4隻で競争しました。

Eボート大川を行く
 大川をEボートが行きます。なかなかまっすぐには進みません。

貯木場跡地 朝満潮時
 大川貯木場跡 満潮時。砂が少ないです。

貯木場跡地干潮時は砂が現れます
 大川貯木場跡 干潮時。砂が多く現れます。


水のことをいろいろしています。
水の事をいろいろしています。2011年8月12日深夜

 7月21から23までの福島、宮城の放射線測定から帰って、雨水ネットワーク全国会議の打合せ、ミヤマアカネの調査、近畿水環境交流会(7月30、31)、白瀬川両岸集合住宅協議会の福祉のワークショップ打合せ、雨水ネットワーク全国会議(8月5、6)、宝塚市総合計画フォーラム参加など、暑い中ばたばたしていました。会社にもでかけています。

 ということで、少々熱中症気味です。クーラーもがまんしていましたが、昼過ぎからはつけています。

 来年は武庫川で近畿水環境交流会をしたいと考えており、武庫川流域圏ネットワークの方々にも相談しています。武庫川に関心のある流域住民の方も多く、店舗経営者にも話を聞いたりしており、活動が広がりそうです。

 今日は、野上まちづくりルール検討委員会のメンバーで宝塚市を訪問。この2年間で起きたことなどを情報交換しました。制度は作ってからが大切だということを再認識しました。宝塚市も景観条例の改正を考えているようです。良い感じです。
 しかしいずれにしても、住民の取り組みが必要で、久保田もまた参加することになりそうです。ストレス解消になる話なので、前向きに取り組むのだ。

 しばらく感謝することを忘れていました。つれあいが暑い中仕事でたいへんそうです。ぼちぼち応援するからね。ありがとう。

逆瀬川5月29日
 5月29日、大雨の時の逆瀬川です。平成16(2004)年の台風23号のときと同じくらいだったかもしれません。

逆瀬川7月4日
 7月4日の逆瀬川です。今年は水の流れが継続しています。なによりです。でもミヤマアカネの数は今年は減っている気がします。

逆瀬川7月30日
 7月30日の逆瀬川です。草刈りをしてくれた後なので、すっきりしています。水が多いので草もすぐに生えてきます。


放射線測定つづき (新)2011年7月28日から8月7日
放射線測定つづき (新)2011年7月28日から8月7日

 正確な値は6月23日以前の2倍であったことがわかり、以来、久保田自宅の結果はこれまでの2倍です。シンチレーターの校正作業の結果です。

(兵庫県宝塚市、木造住宅2階 測定器:たんぽぽ旧型 
*1000カウント/10秒=1μSv/h

◆2011年8月07日(日)21:10 はれ  平均値 54.5 最大値 64 最小値 40
◆2011年8月06日(土)20:30 はれ  平均値 54.2 最大値 73 最小値 45
◆2011年8月05日(金)計測せず
◆2011年8月04日(木)23:40 はれ  平均値 54.4 最大値 72 最小値 41
◆2011年8月03日(水)23:50 はれ  平均値 58.6 最大値 72 最小値 52
◆2011年8月02日(火)24:00 (?) 平均値 53.8 最大値 71 最小値 43
◆2011年8月01日(月)24:00 はれ  平均値 57.4 最大値 66 最小値 50
◆2011年7月31日(日)23:30 くもり 平均値 59.3 最大値 79 最小値 48
◆2011年7月30日(土)21:50 (?) 平均値 58.2 最大値 71 最小値 48
◆2011年7月29日(金)23:50 くもり 平均値 58.1 最大値 66 最小値 45
◆2011年7月28日(木)22:10 くもり 平均値 59.9 最大値 70 最小値 46

 以上、0.06マイクロシーベルト/h未満です。


児玉龍彦さんの国会参考人発言110727
児玉龍彦さんの国会発言 110727(水)

 福島原発事故の国の対応を巡って、東大の先生が、鬼気迫る発言をしています(放射線の健康への影響参考人意見)。

 YOU TUBE版ではなぜか削除されているとのこと。厚生労働省のだれかが削除依頼をだしたのかもしれません。

 報道統制(?)のために、先日は経済産業省が、ツィッターなどの規制をするために業者に8400万円で発注したとの報道があったばかりですが、なんだか不安な気分です。

 以下、日弁連の発表の一部です。

-----引用-----

日本弁護士連合会

http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2011/110729_4.html

原子力等に関する不正確な情報又は不適切な情報に対する常時モニタリングに関する会長声明

政府は、本年7月、「ツイッター、ブログなどインターネット上に掲載される原
子力等に関する不正確な情報又は不適切な情報を常時モニタリングし、それに対
して速やかに正確な情報を提供し、又は正確な情報へ導くことで、原子力発電所
の事故等に対する風評被害を防止する」ことを目的とする原子力安全規制情報広
聴・広報事業について業者に発注した。

-----以下略(引用終わり)-----

 児玉龍彦さんの話に戻ります。迫力に押されて、国会が静まり返ったとの話。極めて広範囲な汚染が広がっている状況をみて、きちんと対応するしかないと言っているのだと感じます。しかし久保田は何をしたらいいか、立ち止まるばかりです。

 別のところのアップが続いていれば、これです。

児玉龍彦さん 国会参考人意見聴取 7月27日

 他人事ではすまないのですが、日常の仕事に追われつつ、ときが過ぎていきます。評論家にならないようにいくしかないとは思うのですが。自分の一歩一歩が遅すぎます。
 


プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。