無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あわただしいです 2011年6月30日(木)
あわただしいです 2011年6月30日(木)

 あわただしく時が流れています。久保田はまちづくりのコンサルタントに所属していて、様々な住民参加の仕事をしているのですが、最近はそこに住んでいる住民と一緒にマップをつくったり、まちづくりの紹介チラシをつくったりしています。ワークショップもしています。

 水の関係の取り組みはボランティアですが、その活動が仕事にもつながっていて、不思議な感じもしています。うれしいことです。

 今年の夏は、大きなイベントが3つほどあります。

 7月9日(土)は、「武庫川流域圏ネットワーク」の設立総会と記念講演会。
 これは武庫川に関係する市民団体や役所などが、横断的なつながりをもち、川づくり、まちづくりに生かしていこうという取り組みです。宝塚市長も出席します。これは宝塚駅前のソリオホールにて13:30から16:20です。楽しみです。

 7月30日(土)、31日(日)は、「近畿水環境交流会in大川」。
 大阪市の中心部を流れる大川にある貯木場跡地に、砂浜など憩いの水辺ができます。それに関連して講演会・交流会とEボートレースなどをします。講演会・交流会は30日、エル大阪にて昼から、Eボートなどの水辺の取り組みは31日9:30くらいから、桜ノ宮駅の南にある貯木場跡とその隣の大川の水辺です。清掃活動もします。

 8月5日(金)6日(土)は、「第4回雨水ネットワーク会議全国大会2011in大阪」。
 雨水利用はこれからますます大切になってくると思います。「琵琶湖から広がる流域の雨水活用」と題して、その取り組みなどを紹介していただき、雨水活用とその制度の流れ、市民活動の紹介、バスツアーなどがあります。

 そんな活動をしながら、
23日:村瀬誠さんの講演会に参加(あまみず利用の第1人者。いつも感動です)、その後雨水ネットワーク会議実務者会議出席、宝塚の武庫川懇話会出席。
24日:会社へ行き、夜は大阪市のまちづくりチラシ地元説明会出席。
25日:平野川排水機場見学、その後武庫川流域圏ネットワークの打合せ。
26日:コミュニティの創造会議、午後はマンション協議会のワークショップ運営
27日:大阪市内の土地問題の相談、午後から大阪市内にマップづくりの住民説明会、夜は別の大阪市内で、住民組織同士の交流会参加
28日:地域のミヤマアカネ生態研究会の打合せ。
29日:ワークショップのまとめ作業と河川塾参加。ODAについて学びました。

といったことで、暑い中、少々ばて気味です。
 
 7月5日は久しぶりに「おじさんの会」というあつまりで、中之島を散策して(クルーズかも)、情報交換をする予定です。

 福島のことも気になっています。放射線計測は多くのグループがするようになっており、久保田のグループがわざわざという気もするのですが、それでも心配な人は多いはずです。7月末に全国に散らばる仲間と、福島宮城へでかけてきます。
 
 暑い中、原発の現場で働く人、そして放射能を心配しながら生活している人のことを思うと、心が痛みます。安全を祈っています。

逆瀬川110623
 最近の逆瀬川です。ここの上流1.3キロほどのところに久保田は住んでいます。最近は雨が多いので、水が豊かです。そろそろミヤマアカネの登場する頃です。
スポンサーサイト
放射線計測つづき 2011年6月20日から23日
放射線計測つづき 2011年6月20日から23日
(兵庫県宝塚市、木造住宅2階 測定器:たんぽぽ旧型 
*1000カウント/10秒=1μSv/h

◆2011年6月23日(木)22:10 くもり 平均値 17.5 最大値 24 最小値 14
◆2011年6月22日(水)21:00 くもり 平均値 25.1 最大値 32 最小値 17
◆2011年6月21日(火)23:20 くもり 平均値 19.6 最大値 27 最小値 11
◆2011年6月20日(月)22:40 あめ  平均値 26.5 最大値 33 最小値 15


以上、0.03マイクロシーベルト・h未満。通常の範囲だと思います。
23日の平均17.5は恐らくこれまでで最低値です。
ということで、昨日24日にシンチレーターの校正に出しました。
しばらく計測はお休みいただきます。計測結果は来週後半までお待ちください。

 23日は大阪府の方から、天水研究会の村瀬誠さんが講演をするとのことで、お願いして参加。村瀬さんの話を聞きました。雨水の活用を強調されていました。

 東京は自分のところに降った雨で、区民の水道使用量をまかなえるのに、他の場所からもってきて、自分のところに降った雨は捨てているのです。久保田が住む宝塚はまだ自前ですが、それでも雨を捨てていることは同じです。でも雨水タンクに助成金を出しているので、少しは進んでいるのだと思います。

 国技館の雨水利用も、かなりの苦労があったようです。しかし動き出せば速い。スカイツリーの雨水タンクは1500トンだそうです。屋上緑化もあり、村瀬さんの思いが実現しつつあります。墨田区の水道使用量も、18年間で3600万円儲かったそうです。

 村瀬さんのお話は、いつもながら納得。これから久保田が何をするかです。水槽2つだけで済ましていてはよくないのでしょう。それでもぼちぼちです。


時代は変わる YTさん告別式110622(水)
時代は変わる YTさん告別式110622(水)

 朝、YTさんの告別式に行ってきました。久保田が以前勤めていたTK研究所の元所長です。6月18日朝亡くなりました。

 もう60年も前の話ですが、かつて京大天皇事件という出来事があり、その時の全学連委員長だったという話は、久保田が勤めはじめた1978年に聞いていました。当事者の一人だったという中岡哲郎さんの書いた書物をいくつか読んで、社会に目を向けることはどういうことかと感心したことがあります(「技術と人間の哲学のために」などの著書があります)。

 会社は総合シンクタンクという呼称を目指していました。昭和30年代後半の高度成長期から、徐々に仕事が増え、万博公園、関西国際空港、関西文化学術研究都市、琵琶湖総合開発など、関西のビッグプロジェクトに関する政策提言をしたり、関連地域整備の調査や計画づくり、市町村の総合計画、交通計画など、さまざまな仕事に関わっていました。

 大学の先生とのパイプも太く、当時の花形だったのでしょう。実際に能力の高い人が集中していました。重鎮と言われる方々は、満鉄調査部の出身だったり、風船爆弾の開発に関わったり、経歴は表に出なくても優秀な人材がそろっていたようです。それらの人材をまとめていたのが、YTさんでした。

 しかし収入の見込みがないのに東京進出をしたり、沖縄事務所、名古屋事務所など、矢継ぎ早に拡大路線を走ったこともあり、TK研究所は1983年6月に倒産。破産申請をして次の年1984年1月に破産廃止となり、消滅しました。

 久保田は6月の倒産の現場に居合わせていました。東京から戻ってきた所長との交渉、暴力団の排除から始まり、それ以降、未処理の仕事の納品、銀行の預金確保のための内容証明作成、所員やアルバイトへの未払い賃金の支払い、管財人との交渉、仕事をもって出て行った事務所長との交渉、元役員との交渉、ビルオーナーとの交渉、立ち退き裁判など、様々な経験をさせてもらいました。

 久保田は後ろの方で山のにぎわいになっていたのですが、全国で100名ほどいた職員で後始末に関わる者は、半年後には大阪と京都からの10名ほどになり、1984年4月に今の会社で再出発したときは8名になっていました。それがもう27年以上も前のことになります。

 告別式に戻ります。奥さんがカトリック信者だったこともあり、参列者の半数25名ほどが教会の関係者でした。久保田元上司の東京のSJさん、UDさんが来ていました。安藤さんが連絡したTYさんが連絡したらしいです。久保田元同僚のMRさん、NTさんも参列。仕事関係は安藤さんが連絡した方だけでした。奥さんからの知らせは安藤さんだけだったようです。

 もし会社が倒産していなければ、500名を超える人がきていただろうなあと、勝手に考えていました。そのくらい人脈にあふれた憎めない人だったのです。晩年は奥さんが暮らしを支えていたのでしょう。

 久保田にとって、一つの時代が終わりました。久保田が今の仕事に関わるきっかけを与えていただいたYTさん、高度成長期を走り抜けて、周囲に多くの迷惑を与えながらも、家族に愛された個人として、黄泉の世界へ行かれました。ありがとうございました。


コミュニティ 野上シンジュの木 110621(火)
コミュニティ 野上シンジュの木 110621(火)

 久保田の家から5分ほどのところにある「シンジュ」の木(正式名は「ニワウルシ」)が、かなり弱っていることもあり、自治会やコミュニティ西山で、保全をはかる取り組みを進めることになっています。木のお医者さんや知人の造園屋さんに来ていただき、アドバイスに従って、まず市役所にお願いして高い枯れ枝を切っていただくことになり、相談をしました。

 人の家にかかっている枝については、その家の意向に沿って対処するらしいです。危ない枝は切っていただくことと、保全のための薬の散布はコミュニティですることになりそうです。コミュニティとは久保田がするということになりますが、まあ3カ月に1回くらいなので、なんとかなると考えています。

 今後、枝を切っていただく日に立ち会いをして、その後造園屋さんにお願いして、薬を塗ります。けっこう段取りに気を使いますが、せっかくがんばって生きている木なので、大切にしていきたいです。

 こうして様々な活動をすることで、地域の知り合いが少しずつ増えてきます。様々な考えがあることもあり、いつも新しい気付きの連続です。そのことに感謝です。ありがとうございました。

シンジュの木 全景
 シンジュの木です。高さは12~13m程度、目通りは2.5m程度です。

枯れ枝がふえています
 高いところに枯れ枝がふえています。

市役所の方と、お隣さんと打合せ
 市役所の方とお隣さんと打合せしました。

根元はかなりキノコが大きくなっています
 根元のキノコがかなり大きくなっています。新しい新芽がでてきています。すばらしい。

 
放射線計測つづきと樽見の大桜 2011年6月13日から19日
放射線計測つづきと樽見の大ザクラ 2011年6月13日から19日
(兵庫県宝塚市、木造住宅2階 測定器:たんぽぽ旧型 
*1000カウント/10秒=1μSv/h

◆2011年6月19日(日)22:00 くもり  平均値 21.9 最大値 27 最小値 15
◆2011年6月18日(土)21:00 あめ   平均値 24.1 最大値 34 最小値 17
◆2011年6月17日(金)22:40 くもり  平均値 24.3 最大値 31 最小値 19
◆2011年6月16日(木)23:50 くもり  平均値 25.1 最大値 31 最小値 16
◆2011年6月15日(水)22:30 失念   平均値 22.8 最大値 30 最小値 19
◆2011年6月14日(火)23:40 失念  平均値 22.8 最大値 32 最小値 16
◆2011年6月13日(月)23:50 くもり  平均値 22.2 最大値 29 最小値 15


以上、0.03マイクロシーベルト・h未満。通常の範囲だと思います。

■本日19日は、但馬地方に出かけてきました。
養父市公民館前で0.035μSV/h、標高300mほどの樽見の桜駐車場で0.02μSV/hですから
これも通常の範囲だと思います。

養父市公民館前 駐車場植込み 高さ10cm
◆2011年6月19日(日)10:30 くもり 平均値 35.3 最大値 47 最小値 25
養父市樽見の桜駐車場 アスファルト 高さ10cm 
◆2011年6月19日(日)11:00 くもり 平均値 20.1 最大値 30 最小値 9

樽見の大サクラ
 養父市、樽見の大ザクラです。天然記念物です。

大サクラ案内板
 案内板です。

樽見のサクラ上方から見下ろす
 上方から見おろします。杉林や広葉樹林の中にあります。

太い幹
 目通り(高さ1.2mくらいです)5.2mですから、直径にすると1.7mほどでしょうか。かなり傷んでおり、修復されつつあります。

周りは元桑畑
 周りはもと桑畑。風の谷のナウシカに出てくる「巨神兵(?)」のような雰囲気を感じました。
ネブラスカ原発 水没
ネブラスカ原発 水没 2011年6月18日

 昨日18日、メーリングリストで、アメリカのネブラスカ原子力発電所の水没事故の知らせが来ました。

 レベル4だそうです。6月6日に起きたようです。

----------以下 引用----------

Arnie Gundersen - Nebraska Nuclear Plant: Emergency Level 4 & Getting Worse - June 14, 2011

http://www.youtube.com/watch?v=mSvvmrB7qEg&feature=share
Repost as needed !

Fort Calhoun near Omaha, Nebraska

"On June 6, 2011, the Fort Calhoun pressurized water nuclear reactor 20 miles north of Omaha, Nebraska entered emergency status due to imminent flooding from the Missouri River. A day later, there was an electrical fire requiring plant evacuation.

----------以上 引用----------

 テレビでは放送されていますでしょうか。加圧水型のようなので、関電の方式と同じです。

 放送されていなければ、なぜだろう。原発を推進したい人にとってはまずいニュースなのでしょう。いずれにしてもそのうち放送があると思います。

 被害が最小限にとどまるように、今回も祈るしかありません。
シンジュの木、六甲山、福島の予定
シンジュの木、六甲山、福島の予定 2011年6月17日(金)

 今日は朝、近くの野上通という道沿いのシンジュの木を保全しようと、木の隣の方にあいさつに行き、まず枝打ちをしてもらい、その後根っこ付近の修理をする話をしてきました。

 この木はニワウルシというのが正式名なのですが、イギリスの名称を和訳した「神樹」をシンジュと呼んでいます。よく育つ木なので、造園をしている人にとっては人気が無いのですが、私たちにとってはメインストリートに唯一残っている木であり、名称も雰囲気がよいので、ぜひ保全していきたいと考えています。昭和30年代に、その方が周りの方々と一緒に植えた木だそうです。できるだけ守っていきたいとのお話でした。

 来週から枝打ちと、修復作業が始まります。期待しています。

 その後、久しぶりに休みをとった連れ合いとトゥエンティクロスへ。布引の滝などを見て登山道を延々と歩き、摩耶山へ登り、休んでからロープウェイとケーブルで下りました。

 福島や宮城に行く日程も決まり、来月末に再度放射線の計測に出かけてきます。かなり計測が広がっているようで、さらに私たちが行くことで役に立つかどうか、心もとないのですが、知りたい人は潜在的にたくさんおられるようです。様々な情報の一つとなって、参考になればと思います。

 しかし風評被害の心配はつきまといます。公表できるかどうか、現地の人の意向を尊重することになるでしょう。

 いずれにしても今日はとても良い日でした。ありがとうございました。




原発事故 閃光は大丈夫かも 2011年6月15日
原発事故 閃光は大丈夫かも 2011年6月15日

 昨日14日、福島原発から閃光と煙が出ていると、心配なことを書きましたが、どうも取り越し苦労かもしれません。

 14日未明の出来事は、サーチライトと水蒸気と、濃霧による可能性があるみたいです。1時間を3分に縮小したもので動きが速かったことも誤解につながったのでしょう。URLは以下です。

http://bit.ly/iDPRYq  
 
 これまで発表が遅れたり、意図的な情報隠しもあったようなので、不安も残りますが、一応良い方向であると考えておきます。

 しかし、いずれにしても放射性物質の放出は少なからず続いていますから、心配は相変わらずです。現場で働く方々の被曝が少なくなりますように。
原発事故 閃光は大丈夫でしょうか 2011年6月14日
原発事故 閃光は大丈夫でしょうか 2011年6月14日

 本日になった14日の0時過ぎ、福島原発から閃光が走り、その後白い煙がでていました。事実だけですが、注意が必要だろうと記しておきます。

 メーリングリストから送られてきたURLをどうぞ。

-----以下本文抜粋-----

6/14 0時~1時の1時間を3分に圧縮映像(1分7秒閃光2分過ぎ煙)

http://bit.ly/iDPRYq
*これが一番わかりやすいです。

-----以上本文抜粋-----
 
 1時間を3分に圧縮しているので、閃光前の白い煙はあまり変化ないようですが、後半はかなり煙が増えています。作業している人たちの安全を祈っています。

 
寝屋川源流域の間伐に行ってきました 110612日
寝屋川源流域の間伐に行ってきました 110612日

 毎年2回、寝屋川源流、交野市の星田山の谷筋に間伐にでかけています。

 今回は雨模様で、昨年に引き続き中止の雰囲気でしたが、なんとか実施。約30名集まりました。今回は学生さんが8名ほど参加してくれ、元気な活動になりました。

 間伐は、樹木の成育過程で過密になった、立木の一部を抜き取る作業です。木が生長して大きくなると、枝と枝が重なり合って成長が悪くなります。そこで抜き取り作業をするのです。

 間伐をすることで、地面に太陽の光が入り、下草や低木が茂ることで、土砂の流出を防ぐことができます。

 間伐をすることで、根が広がり、木が成長し風雨に強い森林をつくることができます。

 間伐をすることで、様々な植物が生育することで、生き物の種類も増えて豊かになります。

 間伐をすることで、立派な木が育ち、材木として価値が高まり、活用されることになります(これが実は難しくなっているのですが、そのことはいずれまた)。

 そして山の環境を美しくすることで、川の環境も、海の環境もよくなることにつながります。

 ちなみに、「森は海の恋人」、このフレーズは、気仙沼市にある同名のNPO法人の名前です。3月11日の震災により、被害を受けています。活動の再開を祈りたいです。

 雨の予報がでていたため、午前中を中心に作業しました。結局久保田のグループ6名は2本を切ったところで終了。ただし直径20センチほどのものだったため、時間がかかりました。

 出発前に、昨年まで事務局世話人をしていただいた佐々木さんが見送りに来られました。入院中なのですが、私たちの出発に一言ごあいさついただきました。感謝です。

 無事に10数本を切って、枝打ちも実施。雨が降り出したので、早めに切り上げて戻りました。今回も多くの人にお世話になりました。

 ありがとうございました。

佐々木さんあいさつ
 ねや川水辺クラブの副会長 佐々木さんあいさつ。

けっこう太い木を切りました
 けっこう太い木を切りました。汗をかきました。

倒れかけをロープで引きます
 倒れかけをロープで引きます。

無事倒れました
 無事倒れました。

間伐前です
 間伐前です。

間伐後
 間伐後です。あかるくなりました。

いつもの集合場所で一休み
 下に下りて、いつもの集合場所で一息つきます。




プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。