無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルドラマ―ボーイとステューボール
リトルドラマ―ボーイとステューボール 101227

 クリスマスはもう過ぎてしまいましたが、クリスマスになると思い出す歌がふたつあります。

 ひとつは「リトルドラマ―ボーイ」。40年近く前、大学生の時に聞いて、物悲しい雰囲気が気に入っていました。
 
 25年ほど前、教会に行っていた時にも時々聞く機会がありました。クリスマスイブの時に、信者さんの家を回って讃美歌を歌い、子どもたちがお菓子をもらったりします。その頃にラジオで流れていました。クリスマスの定番かな。
 
 そして4年ほど前には、gyaoで「雪の女王」という韓国ドラマの中、教会の一場面で流れていました。映像と一緒になって、雰囲気がよかったです。
 参考までに、これで見れるでしょうか。
 http://www.youtube.com/watch?v=gEcCGN7diwU

 もうひとつは「ステューボール」。これも大学生の時に、知り合いのフランス人に紹介されて聞いていました。
 ステューボール(stewball)は、馬のことを歌った曲です。当時は英語の楽譜を持っており、時々歌っていました。stewball was a good horse, he wore a high hair(うろ覚え)で始まる、流れるような曲でした。
 実はこの歌は、ジョンレノンのハッピークリスマスとそっくりです。ハッピークリスマスを聞くたびに、このステューボールを思い出します。
 参考までにフランス語の歌詞つきのユーチューブはこれです。
http://www.youtube.com/watch?v=GTI-xH8lfAU

 この二つの曲を聞くたびに、昔の記憶がよみがえり、「デジャビュ(どこかで見たり聞いたりした、追憶の気分になる)」という感じになります。

 リトルドラマ―ボーイとステューボール。最近は、パソコンで聞いています。便利になったものです。感謝です。

久保田自宅付近です
 久保田自宅付近です。最近空き地にたくさん住宅が建ち始めています。
スポンサーサイト
もちつき
恒例のもちつきが終了しました 101226日

 毎年、近くにあるつれあいの実家で、親戚が集まってもちつきをしています。今回も18名が集まって無事にできました。親戚がこれだけ集まるのは、このもちつきくらいですし、親戚の情報交換の場にもなっています。

 今回は前もって、かまど、うす、まきなどを準備、もち箱も届けて、当日は荷物を最小限にとどめました。まあ毎回何らかのトラブルはありますが、今回は久保田が、黒豆とサクラエビを間違えるというミスをしました。あとはまきが今年間伐したもののため、火のつきが悪く、つき始めが30分ほど遅れました。

 結局7時半から13時まで、17うす、約40キロを無事につきおわりました。若い人が多く、つき手は十分でなによりでした。

 10年ほど前は、久保田一家だけでついたことなど、体力的にきびしい時もありましたが、その後定着して、いい感じが続いています。つきたてのもちはとてもおいしいものです。近所に配って、あとは知り合いに配って、年末の年中行事は終了です。ありがとうございました。

かまどは50年ものです
 かまどは50年物です。かなり老朽化しているので、そろそろ変えなければなりません。

親戚の子どもも注目です
 親戚の子どもも注目です。つき手は3~4人。呼吸を合わせてつきます。

1回に2.5キロをつきます
 1回当たり2.5キロをつきます。黒豆やサクラエビの他に、ノリやゴマなどを入れたりします。

 
ないしょの話はすぐばれる
ないしょの話はすぐばれる101219(日)+22(水)夜

 ときどき、連れ合いに「ないしょ」にすることがあります。

 大体1年に1回か、2年に1回かなあ。つれあいに言わせると1か月に1回はあると云われそうですが、今回もそんなことになりました。

 16日の木曜日に寒い中、ワークショップにでかけて頭が痛くなり、17日も少し痛かったのですが、まあ大丈夫とつれあいを職場に送り、その後、近くの幼稚園に出向き、久保田が社協に予約していたもちつきセットを借りに、保護者を案内し、帰りついて、運ぶのを手伝って、10時過ぎに帰宅、仕事は家でしていたのですが、そのことを連れ合いには言わず、もしかしてばれないかと、ちょっと心配になっていました。
 
 17日夜になって、急に体調が悪くなり、ますます言いにくくなって、なんとか就寝。
 
 18日の朝、復活せず、結局もちつきの手伝いは休んで、病院に行き、家に戻って熟睡。

 昼過ぎに、なんと幼稚園の園長と副園長が来訪、久保田が手伝ったことを絶賛して、もちを置いて帰り、しかもそのまたすぐ後に隣のKさんのお嫁さんが、ミカンを持ってきて、幼稚園でお世話になりました、とのこと。

 ということで、連れ合いは、久保田が起きるのを手ぐすね引いて待っていたようで、言うことはこれ。
「なんか幼稚園で、活躍したようやね」
「園長が、とっても活躍してくれて、腰を痛めたのじゃないかと心配していました。だってさ」
「あとから怒られると思って言わなかったんやろ」
などなど。

 まあ、あまり公表するようなことでもありませんが、ないしょの話はだいだいばれるものですわ。しかし久保田と連れ合いの関係は継続してるなあ。
(なお、この文章は、彼女が気づいて削除を求めることで消滅します。)

追伸:ないしょの話の後日談:20日夜、下の娘がゼミの遊びから帰宅。腰が痛い、関節が痛い、熱もあるかも、というので、測ったところ、なんと39.1度。早速寝かせて、21日朝から病院へ。今度は39.2度あり、インフルエンザとのこと。体調いまいちの久保田と一緒に点滴を受けて帰宅。これがまた久保田と似ていて、体調悪いのに京都まで出掛けていたのです。また連れ合いに迷惑かけました。

 で、家の中は消毒用アルコールの臭いがしています。仕事も滞ってオヤジあたふた。娘は試験が受けられないとおろおろ。オヤジ娘そろって、またまた連れ合いに頭があがりません。
 22日、結局娘は試験に行き、オヤジは仕事に行き、なんとかやりくり。いろいろある年末なのだ。

阪急電車から見える生の文字
 映画の撮影が進む「阪急電車」今津線から見た「生」の文字。今度はしっかり見えます。
ワークショップ最終便
ワークショップ最終便101220月

 12月20日(月)、今年最後のワークショップが終了しました。実は課題が残るワークショップでした。

 事務局が別の会議の名称で案内を発送しており、その会議と勘違いして出席した委員が多かったのです。通常ならばコンサルタントは同席しないのですから、最初から違和感があり、話がかみ合わず、話をもとに戻すのに、事務局側としては苦労しました。といっても、実際は久保田ではなく、別のメンバーが進行したのですが。

 しかしグループ作業になってからも、さまざまな意見の人が発言するので、なかなかうまくいきませんでした。結局30分ほどで打ち止め。事務局としては別の取り組みを考えざるを得ない状況です。しかし、参加者には前向きの人も多く、ぜひ継続させていきたいと考えています。これ以上悪くはならないでしょう。

 年末は厳しいワークショップが連続しました。しかしワークショップ形式でなかったら、どうなっていたかと考えるとぞっとします。これもまた経験。感謝で来年からもワークショップだ。

なかよし橋から甲山
 なかよし橋から甲山をみます

なかよし橋から駅
 なかよし橋から逆瀬川方面をみます

逆瀬川にもカモ
 今年もカモがきました

ワークショップ続いています 
ワークショップ続いています101216木 

 水辺のワークショップをしています。先日11日に続いて、16日は一級河川の整備に関する、自治会などの代表と河川レンジャーの方々が一同に集まり、整備や今後の活動について意見を出し合いました。

 これまでに地元要望なども出されているので、けっこう厳しい運営が予想されましたが、進行役の女性たちが水辺の活動を実際に運営しているおかげで、3つの班ともに円滑に進行しました。意見がでてくるかどうか不安もあり、グループ作業の冒頭は、したいことができないし計画はいつになるか分からないでは何も始まらない。といった辛辣な意見もありましたが、どうしたら実現できるかという観点で、徐々に気持ちが落ち着いてきたりしました。それにしても、参加者にいつも助けられています。

 昨2009年度末から数えて、今回で5回目の最終回でしたが、別れを惜しむ雰囲気もあり、今後何らかの形で継続していく方向性が出てきました。当事者は大変ですが、じっくりと続けていくことと、引き継ぎをしっかりしていただくことが重要です。また、工事に際して、担当者も、市民も、現場監督と話し合える場を持つことも重要です。そのようなことをお願いしました。

 こうして、ワークショップで全体進行役をする機会が増えています。毎回初舞台のようなもので、準備はするのですが、軽い気持ちになりがちです。意外な質問や追及なども出てくることも多く、あたふたすることもあります。やはり事前のおさらいは必要ですね。先日11日は、第1回からの記録を十分認識していなかったと反省しています。気合いをいれる必要があるのだ。

 昨日は久しぶりに風邪を引きながらの進行で、途中で頭が痛くなり、本日17日はお休み。無理もいけないです。

会社近くの中央大通り沿いのイチョウ並木
 会社近くの中央大通り沿いのイチョウ並木です。1週間に2日ほど通る道です。

イチョウはすっかり黄色です
 イチョウはすっかり黄色に色づいて、秋の深まりを感じます。大学時代のクラブの部室の近くを思い出します。




 
忘年会
OBの忘年会 101214(火) 12月15日記

 今年初めての忘年会がありました。

 久保田は、以前、大阪、京都、東京、沖縄など合計100名程度が働く会社に勤めていたのですが、1983年、その会社が倒産して、職員が離れ離れになりました。

 大阪では40名ほどの所員がいましたが、そのうち倒産の後始末をしていたメンバー8人が集まって、今の会社をつくりました。久保田はその1人でした。27年も前の話です。

 昨日14日は、倒産した会社のOBや、当時アルバイトで来ていた女性が10数名集まりました。昔の話に花が咲き、楽しいことや苦しいことなどが頭を巡りました。しかし、30年も経過して、仲良く集まれるということは、幸せなことです。

 実は当時の設立メンバー8人のうち、今の会社には久保田しか残っていません。当時アルバイトだった2人が現在は社員となり、1人が代表になっています。昔の会社や今の会社の元所員とはつながりがあり、仕事も遊びも一緒にすることも多くあります。

 今考えると、まるで夢のような話です。27年前の当時、職場を占拠して、仲間と2人で年末から1週間、泊り込みで正月を迎えたときは、外にでると、周りの人が皆悪い人であるような不安を感じたものです。

 今年も大みそかが来ます。この頃になると、倒産の時の感触が戻ってきます。まるでドラマのような慌ただしい時間が過ぎていました。社長への追及書やビラづくり、鉄扉を閉めての暴力団の排除、銀行への内容証明郵便の発送、委託者や外注先へのおわび、仕事の継続と納品、就職したい仲間の就職あっせん、未払い賃金と退職金の確保、管財人や元役員との交渉など、またたく間に半年が過ぎていきました。

 そんなことで、昨日は27年ぶりに会う人も多く、変わっていない雰囲気にほっとしたりしました。これも感謝です。

小説阪急電車にでてくる生の文字
 小説「阪急電車」に出てくる「生」の文字。宝塚駅から宝塚南口駅に向かう武庫川の中州に復活しています。反対側から撮らなければいけませんが。

南口駅前で進む再開発の再開発
 宝塚南口駅前で進む再開発の再開発。超高層マンションになる予定です。40年後はどうなるだろうか。




武士の家計簿
武士の家計簿101210金
 
 久し振りに、つれあいと映画を見ました。「剱岳点の記」以来ですから、1年ぶりくらいかもしれません。最終だったので、終了は23時過ぎ。でも2時間が長く感じられませんでした。なるほど、こんな人もいたのだと感心。
加賀藩の家計簿と、家の家計簿をつけて、その真摯さゆえに、国の家計簿を任されるまでになった家族の話です。節約を断行する家長の姿はりりしかったです。

 さて、省みて、久保田はものをなかなか捨てられません。少しずつ決断しているつもりですが、考えてみると頭の中に整理できる情報は、それほど無く、どこかにあったと探して見つからないことも多いので、あの家長のようでなければならないはずです。これもぼちぼちかな。いつになるだろう。

 夕食は外食しました。会席料理を食べたかったのですが、メニューにあったのに無いと言われ二人で憤慨。でも値引きしてもらって、まあいいかと許してあげました。毎日いろいろあります。ありがとう。

逆瀬川から見た甲山
 家の近く。逆瀬川から見た甲山です。いつも見慣れた風景です。季節を感じます(これは今年の2月の写真です)。



アライグマ
アライグマ 101208水

 久保田は六甲山の北西のふもと、標高100m弱のところに住んでいます。最近時々アライグマが出るというので、裏の元住宅公団の団地(520戸)の自治会で罠をしかけ、12月8日朝までに3匹が捕獲されました。隣の宝塚ゴルフ倶楽部に住み着いて、時々外へでてくるらしいです。

 今までに近くでタヌキやイタチ、サルは見かけましたが、アライグマは初めてでした。おとなしそうな顔をしていますが、けっこう乱暴者です。動物は力があります。久保田も先月、奈良のシカに蹴られてからしばらく、膝が痛かったです。

 アライグマは特定外来種。法律で移動が禁止されています。最近は川辺に住むヌートリアと並んで、問題の多い動物です。そういえば、鹿とか熊も最近は問題になっています。温暖化の影響という話もありますが、やはり森林が弱っていることと、天敵が減ったこと、そして安易に動物を飼うことも原因なのでしょう。共存の道を行けたらいいのですが。

 動物で思い出しました。6年ほど前まで、家で犬(シェルティ)を飼っていました。久保田が時々ゼンソクが出たこともあり、現在ペットはやめています。連れ合いは、久保田が死んだら、久保田と同じ名前の犬を飼うそうです。好きにしてちょ。

逆瀬川団地です
 自宅の裏にある団地です。昭和40年代前半に入居開始ですが、老朽化も進んでいます。しかし木々も落ち着いて快適な散歩コースになっています。

アライグマの罠です
 アライグマの罠です。木製です。ゴルフ場から道路をいつ渡るのだろう。深夜かな。

アライグマです
 アライグマです。子どものようです。一見かわいい感じがします。しかしだまされてはいけません。

落ち葉です
 落ち葉がじゅうたんのようです。冬近し。



12月は水辺月間 環境月間
まあまあです。今月は水辺月間 101206月

 いろいろ水辺や環境について活動しています。
 
 12月1日(水)、城東の子どもたちのモツゴ放流。自分たちで育てた稚魚を放流しました。無事に大きくなってかえってくるかな。とか、先生方は呼びかけていましたが、子どもたちはわりとクール。たんたんと時が過ぎました。でも生き物を育てる体験は貴重なものだと思います。帰って来いよ~。


 12月3日(金)、一級河川の保全利用の委員会。川の占用許可を出すための検討会議でした。国の土地を地元の役所が許可をもらい、占用して住民に貸すのです。久保田は、「河川敷のグラウンドは、草野球を基本にして、土のダイヤモンドをなくしたい」と考えています。
 本来「川でなければならない利用」を基本とするのですから、ほんとの草野球が好ましいと思います。大雨の影響で土のグラウンドが痛むこともなくなります(2009年の豪雨の際に、野球場のダイヤモンド部分が被害を受け、その他の草地は被害がなかったのです)。

 それと、利用する場合は、清掃活動をしてほしいと思います。また、運動利用をする場合でも、河川敷を利用しているという自覚をもっていただき、川をいかした遊び、生き物調査や環境学習、防災訓練など、川に親しみながら川のこわさも実感してもらえるような取り組みも、併せて実施していただきたく思います。
 
 そのようなことを発言しています。川は体験学習の宝庫。自然のことも、危機管理のことも、人との交流のことも、川で学ぶことができると考えています。占用利用は3年ごとの更新。この3年間でスポーツをする子ども達にも環境を守ることの大切さを、体験していってほしいと願っています。

 えらそうな一言でした。似合わないけど。


 12月4日(土)、宝塚の環境フォーラム。久保田もかかわっている西山小学校の4年生が、ミヤマアカネと、今年から始めたハグロトンボの研究成果を発表しました。中川市長も全部出席していました。子どもが市長に、ミヤマアカネの調査に来てくださいとお願いしたら、行きますとの返事。来年は市長と一緒にマーキング調査だ。


 12月5日(日)、大川の生き物調査。主に貝の生息を調べました。大半の貝は死滅。生き死にを振り分けるのが苦痛に。しかしシジミの子どもが多く生きていて、それが救いでした。イシガイやドブガイなども少しは生きていました。頑張っているのだなあと共感。実はヌートリアの被害が大きいはずです。けしからん。

 大川の水質はBODで2以下ですから、かなり良いのですが、市民感情からいえば、水が汚いという意識が浸透しています。水辺に近づけないことが影響しているのでしょう。水に手でさわれるような環境整備をめざしたいです。どうなるか。

城北川にモツゴ放流
 城北川にモツゴを放流。こどもたちはたんたんとしていました。

雨どいが便利です
 モツゴの放流には雨どいが便利なようです。

木津川 芝生広場
 木津川の芝生広場。こんな草っぱらが大切な気がしています。草野球のメッカにならないかなあ。

木津川孤高の木
 木津川河川敷の孤高の木です。日影が気持ちよさそうです。

西山小 逆瀬川の版画
 宝塚市民環境フォーラムで、版画を展示。力作です。

ミヤマアカネの分布図
 子どもたちの成果。ミヤマアカネは9月にたくさん生まれます。

市長も交えて討論
 子どもたちが市長を交えて討論。来年は市長もマーキングに参加してもらおう。

大川潜水して貝を採取
 大川で貝を採取。潜水はたいへんそうです。透明度も低く、苦労されていました。

ヒメタニシとシジミ
 いちばん生きている貝が多かったところはこんな感じです。シジミとヒメタニシ、イシガイが主でした。右のほうは死んでいた貝です。

ササノハガイはヌートリアの被害
 ササノハガイはほぼ死滅。ヌートリアの被害です。


マンション開発説明会 その2
マンション開発説明会 その2 わいわいがやがや

 実は、11月28日に開催された、コミュニティの創造会議(まちづくり連絡会)の際に、自治会長さんから、ガードマンが南門に置かれなかった場合について、ボランティアで持ち回りで対応しようという案がでたのです。その際、様々な意見が噴出しました(結論から言うと、よかったと感じています)。

・もし自治会やコミュニティ協議会が、ボランティアとして交通安全を実施して、子どもに事故があった場合は、自分たちが責任をとられるかもしれない。
・いや、責任はとられないが、それを非難する人がでてくる可能性がある。それは当事者にはきびしい。
・そうであれば、地域の人に立ち番などお願いできない。

・千種の子どもは関係なさそうだ。
・いや千種の子どもも通る可能性はある。小学校区全体で考えるべきだ。

・南門の利用者は小学校、幼稚園ともに少ないのだから、南門自体を閉鎖すればよい。正門があるのだから。
・それはたいへん不便になる。
・サンベール(マンション)付近新入路に立つガードマンを、南門に移動することで対応できないか。
・それはかえって不十分になるだろう。20mはあるので。
・ではどんぐり坂を通るようにすればよい。
・それはとても遠くなる。

・そもそも親がもっと子どもをみるべきだ。
・PTAで交替して見守る可能性はないのか。
・PTAは共稼ぎが多く、とても対応はむずかしい。

・学校の先生は対応できないのか。
・先生は授業終了後、会議が多く、対応は困難だ。
・学校や地域での対応は限界がある。
・ガードマンの質も問題だ。

■などなど、結論としては、30日の説明会の結果を待って、再度話し合いをすることになりました。なんと、事業者から、南門にも下校時にはガードマンを置くという回答があったため、以上の議論は必要なくなったのです。

 しかし、久保田としては、この議論そのものが大切だったと感じています。ガードマンがいないことも想定して、いかに取り組むかが大切です。それ以上に、マンション開発にかかわらず、日常的に学校とPTAと地域が協力しあうことが大切なのです。

 久保田としてはPTAの協力は一番大切だと思うのですが。皆が他人任せだとまずいですよね。それがこれまで地域の防犯にマイナスに働いてきたのだと感じています。特におとうさんの参加が大切だと思うのですが。むずかしいかな。
 
 久保田は、保育所の保護者会会長、小学校のクラス役員、中学校のクラス役員とトライやるウィーク協力員、吹奏楽世話人、高校のクラス役員とPTA会長など、会長以外は自分で申し出て役員になりましたが、自分から役員を申し出る保護者は少なかったです。小学校も中学校も、「役員推薦」というPTAの役職があるくらいです。まして男性の参加はPTA会長以外は皆無。久保田が少数派であることは分かりますが、あまりに少数派です。

 それと、地域の安全は声かけからと思うので、久保田、家の前を通る人にはあいさつしているのです。これも道は遠いのですが、そのうち多数派になるだろう(と言っておこう)。

 話がとびました。何はともあれ、わいわいがやがやできる会議は面白いです。今後1カ月に1回、事業者を交えて情報交換会をすることになったので、できるだけ参加するつもりです。

きんでん開発地周辺マップ
 開発地周辺のマップです。2006年には12時間交通量調査をしました。

調査員の配置です
 2006年7月12日、事業が進む中、交通量調査をした際の写真です。調査員の配置をしています。3時間ごとに交代することにしました。

中学生はどうしても車道をあるきます縮小
 一方通行は歩道もあるのですが、狭いので、中学生は車道を歩いていました。

通学時間は気を使います
 手前から向こうにむかって10トンダンプが行き来しました。

幼稚園は9時前の通園です
 幼稚園児は8時30分から9時の時間に通園していました。4年経過した今年2010年も同じ時間帯です。

ダンプは迫力です
 10トンダンプは道路いっぱいでした。

ガードマンも井戸端会議に参加
 12時間もいると、ガードマンと親しくなります。井戸端会議に参加していました。

道路いっぱいのダンプ
 ダンプはこんな感じで行き来していました。右手が西山小学校で、この奥の右側に南門があります。

こんな感じで調査
 調査員は3か所に配置しました。ツーショットその1です。

こんな感じで調査その2
 調査員のツーショットその2です。

こんな感じで調査その3
 調査員のツーショットその3です。4年前のことですが、月日のたつのは速いものです。





プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。