無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このごろのこと
このごろのこと100819(木)記
 
 八ヶ岳にでかけて、無事戻りました。それからもう10日以上経過して、いつもながら時の経つのは速いものです。体調も山行以降、快調でしたが、この暑さに夏バテ気味です。冷たい水でお腹をこわしかけたりしてます。
今は、K市の住民参加の道具づくり(どう進めたらよいか)や、西成区住民の防災の活動支援、いろいろな川の活動をしています。土木コンサルタントから見積もり相談などもあり、さまざまなフォーラムに出掛けたりもしています。夏は山や川の日々です。趣味が仕事と一致しているのはほんとに感謝です。

7日終日山の後かたづけ。夜は桂川の計画づくり打ち合わせ。

8日朝自動車の電池交換。初期のプリウスという車に乗っているのですが、無料で電池を交換してくれました。もう少し乗り続けたいです。

9日K市の夢づくり会議。自分たちで何ができるか、皆で検討しているのですが、未知数の部分があります。しかし前向きな人が多いので、とても期待しています。やはり市民主体・行政支援なのだ。

10日地元宝塚の総合計画審議会。最終回でした。「市民力の発揮」という項目があり、市民が何をするかを計画書の中に載せています。久保田としては、それを自分たちがいかに広めて、実行するかが大切だと思っています。しかし、昔の感覚なのか、役所にさせることだけ主張する委員の方もあり、文章のつながりなどおかまいなしの委員もいて、なかなか合意することができず、最後まで、すれちがいが続きました。それが現在の、久保田の力なのだと思います。
 久保田が所属するまちづくり協議会では、自治会代表者が毎回出席して、経過報告をしており、多くのボランティアの方も参加しています。これに至るまでは時間もかかりましたが、少しずつ実行していくことで前向きになると思っています。他のまちづくり協議会でも、すばらしい活動も多く、なんとか広めたいのですが。これもぼちぼちなのでしょう。

11日近畿水の塾の理事会。河川塾とか拡大河川塾など、今後の活動について検討して、その後は飲み会です。これがおもしろい。インフォーマルな付き合いの中にヒントが隠されているのです。

12日西成区の防災訓練の事前打ち合わせ。地元が50名ほど参加して、区役所からの説明をうけました。実行は28日です。マップの作成も17自治会が自分たちで原案を作成しました。広げていくことが課題です。

13日お盆休み。ぼーっとしていました。

14日おばあちゃんおじいちゃんのお参り。近くの連れ合いの実家でお線香をあげて、おしゃべりして、しんせきの情報交換でした。これも年中行事で必要なことなのだと思います。

15日子どもをつれて梅田に買い物。山に登りたいと言い出し、リュックを購入。クラブで大きなサキソフォンをかついで行ってたので、なんとか大丈夫でしょう。親は2人とも体育会系だったのですが、下の娘は運動音痴です。おばあちゃん2人の遺伝というのが定説です。上の子はアウトドア系、昆虫大好きなのに。子どももいろいろです。

16日K市の仕事

17日寝屋川の役員会。これからもイベントが目白押しです。

18日仕事もそこそこに旅行の企画。実は外国へいくことを考えています。

19日切符を買いに地球の歩き方事務所へ。外国留学の資料が山ほどあってびっくり。そういえば子どもの同級生も9月からフランスへ語学留学に行くそうです。会社に戻り、いろいろしました。

20日昨夜の気温は玄関で29.4℃。今日も暑い中、会社からH区へ。熱中症になりかけです。水分補給がおいつきません。きっと血液もどろどろだわ。

ということで、感謝は薄れかけそうな日々です。それでもいつも言いたいです。ありがとう。



スポンサーサイト
八ヶ岳に行きました
八ヶ岳に登りました。100802月~0806

 毎年夏休みには山登りにでかけています。以前は娘と一緒にでかけていましたが、ここ数年は孫を連れて行っています。

 昨年は同じ時期、別の場所にクラブの合宿に行っていた娘がインフルエンザになり、2日泊まって急遽引き返したので、今年は同じルートの残りを行くことにしました。

 1日目は昨年最後に泊まった、オーレン小屋というところに再度泊まって風呂に入り、コマクサの群落を見ました。

 2日目は横岳を越えて、赤岳展望荘まで登りました。雨模様でしたがかえって涼しくてつかれませんでした。
 
 3日目は朝から快晴で、360度の展望があり、気持ち良い山行きでした。富士山もきれいに見えましたし、北アルプスや南アルプス、中央アルプスや浅間山もよく見えました。瑞牆・金峰山なども遠望できました。赤岳を経て権現小屋まで、かなりクサリやハシゴが連続するコースを行きました。
 友人がばてたこともあり、時間はかなりかかりました。しかし、通常のルートとしても、地図のコースタイムは少し速すぎる気がしました。

 4日目は下り中心のコースでしたが、通常コースタイムは最も長かったため、心配なので、権現小屋を6時半に出て、急いで下山。
 かなり急いだため、11時にはまきば公園に到着。まきば公園に公衆電話はありませんでしたが、売り場の女性が業務用の電話を貸してくれました。そこでタクシーを呼んで、宿泊するカントリーインへ。荷物を預けて林の中を散策。通常ならば快適な散歩なのでしょうが、歩き回った疲れで、早く座りたかったです。バレエの発表会がある会場をみたり、バーベキューと地ビールを飲んだりしてゆっくりして戻り、ようやくチェックイン。風呂がきもちよか。
 カントリーインでは、とてもおいしいフランス料理に感激。夫婦がとても親切でした。すばらしい。また来たいです。

 最終日5日目は、ご主人に送っていただき、キープ協会の施設を散策して清里駅に徒歩で戻り、釜飯を買って昼過ぎに乗車。トランプをしながら在来線を乗り継いで大阪へ。宝塚の花火大会を避けて、娘に中山寺まで迎えに来てもらい、楽に帰りました。最終日にゆっくり散策する日程は快適です。
 
 中学2年になった孫がたくましく、重い荷物を持ってくれました。いつまで行けるかどうかなのですが、快適だったので、来年はどこへ行こうかと考えています。今年も健康に、事故なく感謝の山行きでした。ありがとうございました。

桜平からオーレン小屋に向かいます
 茅野からタクシーに乗り、桜平からオーレン小屋に向かいます

オーレン小屋です。風呂があり快適でした
 オーレン小屋です。風呂もあり、トイレもきれいでした。桜肉のすき焼きが名物のようです。

オーレン小屋をスタート。まだ元気です
 オーレン小屋をスタート。まだ元気です。

横岳の登りです。南八ヶ岳は難所が多いです
 横岳への登りです。南八ヶ岳は難所が多いです。

横岳山頂
 横岳山頂です。2日目は曇りか雨でした。

赤岳展望荘です。五右衛門ぶろがありました
 赤岳展望荘です。なんと五右衛門風呂がありました。6人くらい入れる大きなものでした。

展望荘からご来光です
 展望荘から見るご来光です。きれいでした。

富士山です。格好よい山です
 展望荘から見る富士山です。美しい山です。しかし登る気はしません。

赤岳展望荘をスタート
 赤岳展望荘をスタート。友人のあっちゃんは体調不良で、やせるのが心配?

赤岳山頂は奥です
 赤岳は天気が良く、快適な山頂を楽しみました。奥にあるのが山頂です。

赤岳からの下りは難所です
 赤岳からの下りはがれ場が連続します。通常タイムより大幅に時間がかかりました。

キレット小屋でチョウチョに気に入られました
 キレット小屋でチョウチョに気に入られました。ジュースを好きなようです。

コマクサの群落が多かったです
 コマクサです。群落がありました。けなげです。

権現小屋手前にながいはしごがあります
 権現小屋の手前にある長いはしごです。15mほどあります。孫があっちゃんのリュックを背負いました。あっぱれ。

権現小屋は小さな小屋です
 権現小屋は小さな小屋です。少しゆがんでいます。トイレは一番きれいでした。山小屋のトイレがきれいになったのは、皇太子のおかげだそうです。ほんとかな。

権現小屋を一人で切り盛りしている和田君です
 権現小屋を一人で切り盛りしている和田君と記念写真。60キロのボッカをしているそうです、若い。

三ツ頭と富士山です
 天女山までの下りをいくと、富士山と三ツ頭がきれいに並ぶ場所があります。つい写真をとりました。

南アルプスを遠望します
 南アルプスを遠望します。左から北岳、甲斐駒ケ岳、仙丈ヶ岳です。

富士山を背景に記念撮影
 富士山は背景としても絵になります

赤岳を見返します。赤い山です
 赤岳を見返します。ほんとに赤い山です。水晶岳が黒岳と呼ばれるのと対照的な感じです。
この付近から長ーい下りを経て、ようやく清里のまきば公園にたどり着きました。ここからタクシーを呼びました。



清里で開かれているバレエの発表会ポスター
 清里に下りて、カントリーインオーチャードハウスというところで宿泊。これまた快適な宿で、食事がおいしかったです。マスターと奥さんがとても親切でした。また行きたいです。清里はこの時期、バレエの発表会でにぎわうそうです。知らなかった。

清里清泉寮はにぎわっていました
 キープ協会が運営する清里清泉寮は、昔から知られたリゾート地。にぎわっていました。

清里駅前は閑散としていました
 宿泊した近くの萌木の里や清泉寮付近と比べて、清里駅前は閑散としていました。かつて25年前に来た時の、原宿のようなにぎわいはありませんでした。しかしミルクポットという土産店は健在。久保田の原風景のひとつです。





このごろのこと100731
このごろのこと100731土

 時の流れは速い。もう7月も終わりです。この間、仕事に追われておりました。仕事をしなくても、仕事をしても、時は流れる。凡人は自分に枠をはめて、ぼちぼち進めるしかありません。以下は備忘録です。

7月17日(土)西脇市から人権関係組織の方々が来訪。久保田の地域の隣にある、ゆずりはコミュニティの里山整備の取り組みについて、知人の中村さんと一緒に紹介。中村さんが資料をたくさん準備していただきました。久保田は、宝塚のまちづくり協議会の組織や活動について紹介しました。自治会の代表からなる議決機関と、活動を実践する執行機関に分けて、双方が日常的に協力し合う関係をつくっている状況を説明しました。

7月18日(日)ドラゴンボート日本選手権大会。応援する陽気妃グループは4チーム中3位でした。素人集団にしてはなかなかよく練習しており、感心しました。がんばる女性の必死な姿は、胸にジンときます。もうひとつの男女混成なにわグループは本格的なのですが、予選は4位。敗者復活もあと一息で敗れました。残念。

7月19日(月祝)つれあいと六甲山へ。芦屋川発。土樋割(どびわり)から最高峰近くの一軒茶屋へ行き、全山縦走路を宝塚南口へ下りました。有馬温泉に下ると、バスが混雑するので正解だったと思います。しかし下りが多く、親指が痛かったです。歩行距離は23000歩なり。ビールが、う、うまい。

7月20日(火)運動講座、大阪市内へドラゴンボートの打ち合わせ、その後某市水辺活動の役員会。市役所がホタルを業者に委託して放すという計画は、中止になったとのこと。ほっとしました。あれだけ活動していても、市役所内部の意識としてはまだまだなのです。活動の意味を伝えることの難しさを感じます。

7月21日~23日仕事に追われる。実は市民活動の最終報告書を作成しています。

7月24日(土)ミヤマアカネのマーキング調査を子どもたちと実施。ハグロトンボは多いのですが、ミヤマアカネはまだ少ないです。雨のせいかな。帰りついて仕事に復帰。

7月25日(日)淀川まるごと体験会。暑い中、子どもたちは元気でした。こちらは汗だく。熱中症に注意。しかし水辺クラブの方々の熱意にはいつも感心。

7月26日(月)宝塚市総合計画審議会の全体会。水辺の活動や、水辺をいかしたまちづくりを加筆するように意見を出しました。子どもたちの現場を重視した環境学習は、人のことを思いやる気持ちを育てる可能性があることも言いたかったのですが、根拠はないので発言とりやめ。まちの目標はサブフレーズがほしいということで、何か考えたいです。8月10日で終了予定です。

7月27日(火)仕事を一段落させて、夜は近畿水の塾河川塾。行政マンの高畑さんによる活動紹介。まじめな方で、エコロジカルに改善する意味で、「エコアップ研究会」という取り組みの経緯などを紹介してもらいました。久保田も尊敬する広松伝さん、森清和さんのお話(お二人とも故人です)もあり、共感するところが多かったです。パブリックサーバントという、行政職員が市民の一人となって、市民の活動をリードする役割を、自分に課している様子にも感動。

7月28日(水)車の点検。タイヤがかなり減っていると6カ月前にも言われていたので交換。41000円なり。初期のプリウスなのですが、電池の無料交換が可能とのこと。後日交換することになりました。

7月29日(木)K市総合計画審議会。暮らしのあり方から計画づくりを進めるという新しい試みです。市民の役割はますます大きくなると思いますが、これも考えてみれば、かつての地域活動のよさを見直す部分が、多くあるのです。古きをたずねて新しきを知る。日常的な人のつながりが大切なのだ。

7月30日(金)宝塚ゴルフ倶楽部へ
みやまあかね祭のあいさつを兼ねての打ち合わせ。魚取りと紙飛行機大会、昆虫ビンゴなどを予定します。宝塚ゴルフ倶楽部は、社会貢献を考えてくださっており、来年度は何か必要なものを言ってくださいとのこと。感謝です。今回も参加者の保険やクーラーボックスの手配をしてくださることになりました。
その後西成へいき、マップをお願いしている印刷所へ。確認のためにまちを歩いて、汗だく。
帰ってから宝塚の総計のサブフレーズを考える。結局
「阪神間モダニズム」という横文字を書いて送りました。事務局が採用するかどうかは不明です。なんせ、最近は宝塚というと、市長の2代にわたる汚職事件と中学生の放火事件で、あまり良い印象はないかもしれません。

7月31日(土)日近畿水環境交流会IN高島
滋賀県の嘉田知事が講演をしてくださいました。嘉田知事さんの本来の仕事の話ですから、まさに水を得た魚という感じで、治水のあり方、環境のあり方、水を考えたまちのあり方など、時間が不足しました。忙しい方ですが、水環境を考え、行動する人達を前にして、打てば響く感触をもっただろうと思います。水問題については、時代の先端を行く滋賀県です。久保田は各地の活動報告の進行役をしました。これも感謝。



プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。