無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比良山へいきました
 5月3日、、久しぶりにつれあいと比良山へ行ってきました。朝からお弁当をつくってもらい、早くに出発。JRで大阪から近江高島駅まで。そこからバスで440円。青少年旅行村へは30分ほどで到着します。今はガリバー旅行村という名前で、けっこう家族連れが来ていました。
 
 八淵の滝というところは、比良山の中でも滝の美しさで知られています。たくさんの滝が連続します。最近は多くのハイカーが来ているようですが、昨年は2人の方が転落事故で亡くなっていたそうで、危険看板があちこちに立っていました。
 
 ハイキング道は、一般向けの簡単なルートと、少し危険なルートに分けられるなど、安全性にかなり配慮しているようでした。ガリバー旅行村からの周遊ルートもあり、人気があるのもうなずけます。

 八淵の滝は今年の雨の多さを反映してか、水量が多く、涼しくて快適でした。はしごやステップもきちんとつけられており、気をつければ大丈夫です。比良山スキー場跡はまだ草が少なく、植生の復活にはほど遠いようでした。最高峰の武奈が岳には登らず、金糞峠(すごい名前ですが)付近から大橋を経て坊村へ下るルートをとりました。

 途中携帯電話でバスの便を確認して、坊村発の時刻が17時21分であることが分かったので、そう決めたのですが、文明の利器はすごいなあと感心。

 坊村へのルートは杉林が続き、立派な杉も多く見受けられました。高さでいうと35mくらいでしょうか。大きなカツラの木もありました。

 坊村へは4時前に到着。食堂もありましたが、近くの商店でビールを買って飲み、ゆっくり川で時間を過ごしてバスに乗車。連休のせいかかなりの混雑で、50分の間、座れませんでした。しかたありません。渋滞のため、出町柳駅は20分ほど遅れて到着。四条まで降りて、河原町まで歩き、阪急で帰宅。

 つれあいは疲れたけど面白かったとのこと。なによりなにより。こうして元気に出かけられることはとても幸せなことです。今日もありがとう。

ガリバー旅行村から出発
 ガリバー旅行村です。近江高島駅から約40分。30年前には考えられなかったにぎわいでした。

八淵の滝入口
 八淵の滝入口です。案内看板も充実していました。久しぶりで嬉しい顔です。

けっこうなのぼりが続きます
 けっこうなのぼりが続きます。疲れていると危ないです。

はしごやステップがしっかりついています
 はしごやステップがついているので、慎重にそれをつたっていきます。

様々な滝が連続します
 様々な滝が連続します。水量が多く、とてもいい感じでした。旅行村からの気軽なハイキングも出来ます。

(途中でパソコンの調子が悪くなり、写真が載せられません。これはのちほどトライしてみます)













 
スポンサーサイト
寝屋川点野(しめの)の草刈り
 2010年5月1日(土)久しぶりに、寝屋川点野の河川敷に草刈りにでかけました。淀川流域河川レンジャーの活動に時々参加しているのですが、その一環です。

 4台の草刈り機で数日前に作業した続きをしました。背の高い草を中心に刈っていきます。暑い日でした。
 夏には子どもたちを集めて、川に関するさまざまな学習活動をする予定です。河川レンジャーのことはまた報告したいと思いますが、地域の人にもっと浸透させていきたいです。

 久保田の住んでいるところには、武庫川という2級河川と、それにそそぐ逆瀬川という川があります。時々清掃活動に参加していますが、これももっとPRしていきたいと考えています。

草刈りの前の状況です
 草刈り前の状況です。チガヤという草を生やす実験をしています。

旗を立てて準備します
 旗を立てて準備します。

草刈り機は慣れるのに少し時間がかかります
 草刈り機は慣れるのに少し時間がかかります。ですが、快適に刈れるので、楽です。

草刈りの後の状況です
 作業後の状況です。日が当らなかった場所から様々な草が生えてくることと期待します。
 
 


プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。