無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来へ 2012年11月30日 (これも3年前の録音の再アップです)
未来へ (これも3年前の録音の再アップです)

 もう20年以上も前のことですが、出入りしていた教会で、音楽のバンドをつくっていました。そこで出会った女性が、以前つくった歌を披露してくれて、とても気に入っていました。曲名は「未来へ」。1987年12月にバンドで演奏したものを2000年9月26日に転記しました。作者は「KYON & TONK」です。ではどうぞ。

未来へ」(←お聞きになりたい方はこちらへ。音が割れています。ご容赦ください)

1:

なにもなく 時が過ぎ ありきたりの 毎日に ゆううつな 気分に なる

自分の ことばひとつに 喜んだり 悔やんだり

なつかしいね あの頃が

夢におぼれちゃ いけないけれど 夢見るこころ なくしたくないね

生まれ来るこどもたちよ いずれはゆくのだろう 老いた人の

やさしく おおきな 愛を忘れないで

時は流れる 人はめぐりめぐる 未来へ

2:

季節は めぐりゆく 振り向くばかりの 毎日は もういやと 嘆くけれど

思い出は 美しいから アルバムなんか 開いて

たまには のぞいてみようか

恋が恐くて 背を向けるけど 愛する心 なくしたくないね

風が吹いて悲しいとき  どこかにいるのだろう 愛する人

探そう 赤い 糸をたどりながら

時は流れる 人はめぐりめぐる 未来へ

風が吹いて悲しいとき  どこかにいるのだろう 愛する人

探そう 赤い 糸をたどりながら

時は流れる 人はめぐりめぐる 未来へ



スポンサーサイト
紙風船 再度アップ 2012年11月30日
紙風船 (3年前の別のブログにアップしたものです。再度アップします)

紙風船 (←お聞きになりたい方はこちらへ。音が揺れています。すいません)

 1986年12月、学生時代に知人が書いてくれたうろ覚えの詩を、勝手に思い出して、その詩に曲をつけました。同じ名前のプロのグループと歌があるのですが、感覚は同じような気もします。素人がつくっているのですが、自分では好きです。曲名は「紙風船」。作者は「久保田」本人です。ではどうぞ。

1.

青い空 秋の 青い空の中

虹色の夢をあなたと うちあいましょう

秋の空 まぶしく 明るい 秋の空 七色の 紙風船

風はないけれど 木々は静かに枯れ葉をおとして

うちあげる音は こだまして わたしとあなたの 世界

うちあげようよ あしたへわたしと あなた ふたりして

うちあげようよ 未来へ 虹色の 夢を


2.高い空 秋の 高い空の中 

虹色の夢をあなたと 探しにでかけよう

秋の空 少し つめたい 空の中夢色の 紙風船

わたしが ふくらまそう わたしの小さな願いをこめて

あなたが ふくらまそうやさしく その手につつんで

うちあげようよ あしたへ わたしと あなた ふたりして

うちあげようよ 未来へ 虹色の 夢を

うちあげようよ あしたへ わたしと あなた ふたりして

うちあげようよ 未来へ 虹色の 夢を



カラオケ 120218土
カラオケ 120218土

 なんと、土曜の夕方、25年ぶりにカラオケなるものに行ってきました。

 最近のカラオケは、健全な雰囲気です。カラオケは、かつては飲み屋さんにあったものですが、下の子によれば、最近は食事も済ませて、カラオケのために出かけるそうです。しかも、ネット配信ですから、ストレスもなく、音程も自由に変えることができます。

 家族や仲間内で行くわけですから、歌えない歌でも、練習する気持ちで挑戦することができます。などなど。

 それにもまして、上の子も、下の子も、久保田の知らない歌ばかりよく知っています。びっくりしました。終了後は、カラオケの上階にあるゲームセンターで、もらった無料券でユーフォーキャッチャーと、コイン集めのゲームができます。なんと、高齢者がけっこうコインのゲームにはまっていて、たくさんコインを集めていました。

 こういうのがいまどきのはやりなのでしょう。それにしてもびっくりやわ。

 久しぶりに家族皆でゆっくりしました。ありがとうございました。

カラオケの画面です
 カラオケの画面です。子どもたちはアニメの曲をよく知っていました。

久しぶりの家族写真
 家族写真です。一見仲がよさそうです。実際も仲が良いはずです。


つらつら思うこと
2010年2月16日 深夜
 
 このブログは一般公開しているので、あまり仕事のマイナスの話や個人の批判は書けません。友人のYさんのように仕事の愚痴っぽいことを、言葉を選ばずに書ける「内輪の本音ブログ」というのも魅力的だなあ。

 久保田も仕事やコミュニティで地域の会議によくでるのですが、「ほほえましい気ままな発言?」というのをよく聞きます。しかし、そこに真実があることも確か。教えてもらうことの方が実際は多いので、「あんまりや」という気分になることは少ないです。

 幸せすぎるのかもしれないし、感性が鈍いのかもしれません。しかし多くの人が、意見の違いを出し合えることは必要なのでしょう。悩むのはそれで傷つく人がでてくることです。そんなことで、相手のことを探りながら、少しずつ話をしていくしかありません。でも短期間でお互いを知る一歩を踏み出すことは、少しの工夫で可能です。
 
 そこでワークショップの登場です。万能ではないけれども、今のところ有効な方法だと思います。しかし、しかし、やはり技術だけではないのでしょう。感性でしょうか。経験でしょうか。相手より自分が上だと感じた時点で、終わり。そんな厳しさも自分にもっと必要なのだと感じています。

 わけがわからなくなる前に今夜も終了。明日は大阪市内と北河内へ連ちゃんです。

雪の逆瀬川
 先日2月14日(月)深夜の逆瀬川です。雪が積もって寒かったです。

 
あなたの10の歌
あなたの10の歌 2011年2月1日(火)

 友人でまちづくりコンサルタントをしている、Yさんのブログを、時々訪問させていただくのですが、その中で、東大のカンサンジュンさんの思い出の歌などが紹介されていて、なんとシルビーバルタンの「アイドルを探せ」が挙げられていたのです。そうなのかと不思議な気持ちになりました。
 そこで、久保田も記憶に残る歌(曲)というのを考えてみました。

1.アハードデイズナイト ビートルズ(初めて音楽がもっと聞きたいと考えた曲です。この曲は10歳のころ、田舎の家で聞いていたラジオを思い出します)

2.煙が目に染みる プラターズ(世の中に、こんなに歌のうまいおじさんがいるのだと感じさせてくれた曲で す)

3.アイドルを探せ シルビーバルタン(カンサンジュンさんと一緒だ。フランス語の響きがたまらなかったで す。それで高校に入った時にフランス語を選択したのかもしれません。「今夜私はダンスに行くために、一番きれいになるのよ」で始まる歌詞は、彼女の雰囲気にぴったり)

4.ブルーシャトウ ブルーコメッツ(中学時代にバンドをつくりだして、自己流で練習していたのですが、ツアーを見に行って、演奏のうまさにびっくり)

5.まぼろしのつばさとともに 五つの赤い風船(高校生の時によく歌っていました。高校の文化祭で歌ったりしました)

6.サウンドオブサイレンス サイモンとガーファンクル(東京に出てきて高校生になり、映画を見て気に入りました。2年前大阪ドームにも行ってきました)

7.雪が降る日に かぐや姫(歌詞のうまさに感心。伊勢正三さんの歌では「あの歌はもう歌わないのですか」という名曲もあります)

8.わたしの小さな人生 チューリップ(あまり歌われていないのですが、病気で寝ていた時に、枕元のラジオからながれていました。結婚式の披露宴で、歌詞を少し変えてよく歌っていました。)

9.ホームにて 中島みゆき(小学校から中学、高校まで、よく列車に乗っていました。田舎のホームのことを思い出す歌です)

10.リビン’フォーユー ボストン(ささげる愛の歌です。さびの部分から静かになる瞬間は、空が明るく開ける錯覚を覚えます。ユアオウンスペシャルウェイ ジェネシスとどちらにするか迷いました)

 考え始めるといろいろでてきて、悩みますね。ロックなどももっとあるし、フォークソングもありそうです。クラシックもいいかも。日本の曲と外国の曲に分けたほうがよかったかな。

 なんかやぶにらみ的でまとまりがないですけれど、それぞれに思い出がつまっています。一応記憶に残しておこう。続くかも。



プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。