無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御無沙汰しています
2016(平成28)年4月17日(日)
 御無沙汰しています。仕事に追われています。大阪市の旭区というところへ毎週3日か4日KIDS(㈱関西総合研究所)の仕事で詰めています。その他にもいくつかかかわっていて、余裕がない状況です。年かも。
 先日4月14日の熊本の地震は驚きました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。国の報道担当と思われる人物が、今後大きな地震は来ないと言っていたのに、後から本震が来たことも悔やまれることです。専門家はあてになりません。
 申し訳ないのですが、来週21日から、九州旅行を企画していたのです。キャンセルしました。

 それにしても心配なのは川内原発です。周辺には断層が密集していますし、かつて噴火した名残のある火山も周辺にあります。
伊方原発と玄海原発も近くにあります。原発は動いていなくても炉心を冷やし続けなくてはなりません。極めて危険な状況は続いているのです。

 世界の地震の1割が発生するという日本で、動いていないものを含めて54基、原発の密度が世界有数であるという状況は、どう考えても狂気の沙汰です。川内原発は日本の原発で唯一稼働中。止めることができないものでしょうか。 

 昨日4月16日は、委員をしている、「ねや川水辺クラブ」の総会があり、15年間かかわっている寝屋川再生ワークショップの経過を報告してきました。構想づくりにかかわると、いくつか提案をしても実現することは少ないのですが、寝屋川の場合、最初に提案した4か所の重点整備提案か所のうち、3か所が実現しています。市民の方々の活動も続いており、一緒に関わることができて幸せです。

 とりあえず、ブログも再開するつもりです。ときどきお付き合いください。

寝屋川再生ワークショップ広報
 2016年4月1日付、寝屋川市の広報です。ワークショップ委員を久しぶりに募集していただきました。口コミもこれからしていかなければ。


スポンサーサイト
宝塚市 PTCA活動支援事業 少子化と小子化 151202水
 御無沙汰しています。先ほど山下惣一さんの講演会記録をアップさせていただきましたが、今回はPTCA支援事業で神戸の額田成(ぬかたおさむ)さんのお話が気になったので紹介します。

宝塚市 PTCA活動支援事業 151202水0930~ 教育総合センター
「地域で育む子育ての輪~笑顔輝く宝っ子~」 (文責:久保田)
■実践発表
①西山幼稚園 たじまみえこさん
昭和49年現在の地に移り、27年現在74名在籍。阪急逆瀬川から15分。
・あかねちゃんタイムは自由な時間。みやまあかねのように遊んでほしいという思いから。
・けんちっく 建築家の保護者が大工仕事など教える。
・花壇ボランティア てんとうむし
・図書ボランティア クローバー
・音楽ボランティア にしやマンボ
・園歌あり。
・宝梅中学校を訪問。聖天さんにお願い。
・西高生徒来訪。西高文化祭にも出掛ける。
・宝梅クラブとじゃんけんれっしゃ、マジックショーなど交流あり。
・公園のあじさい見学、園芸店で野菜を勉強してその種を自分で購入。
・ゴルフクラブ訪問して芝生であそぶ。ゆずりはの森にもハイキング、など。1018終了

■■額田成(ぬかたおさむ)さん講演会 1042
●少子化と小子化
 汚染があると魚は小さくなる。数が減るのはしかたないが、ちゃんと育てると大きくなる。
●出生時平均身長
 1970年男子50.2センチ、女子49.7センチ
 2010年男子48.7センチ、女子48.3センチ
●6才児身長
 2002年男子116.8センチ、女子115.9センチ
 2012年男子116.5センチ、女子115.6センチ
 「小子化」→低身長化。出生時身長が小さく出生後の身長増加も良くない。

① 寝る子は育つ
 成長ホルモンは脳下垂体から分泌される。この脳下垂体は夜に尿の濃縮を依頼する。夜に成長ホルモンが分泌される。
寝るお母さんもきれいになる。女性ホルモンも夜に出る。成長ホルモンはこわれた肌をリフォームする。
 オランダは世界一背が高い。残業がいちばん短い。平均身長は男性180センチ、女性170センチ。先進国でいちばん背が低いのが日本。
 子どもの睡眠時間8時間未満が31パーセントある。イギリスフランスではありえない。

② 睡眠が知能にも関係
 ドイツ人の早寝は有名。ドイツの小学生は7時に寝る。食器が平ら。洗い易い。朝は王様の食事、夜は乞食の食事。子どもが寝ないと悪魔になる。ものは買わない。イギリスフランスは10時間以上寝る子どもが圧倒的に多い。日本は夜10時に起きている子どもが多い。しかし海外では虐待。
 成長ホルモンはドーピングで使われる。寝ることが大切。寝ることはアンチエイジング効果大、脂肪の燃焼効果大だ。中国の痩せるサプリは毒だから。100歳以上生きるためには睡眠時間7.5時間は必要。6時間きるとまずい。
アインシュタインは10時間寝た。澤穂希選手は10時に寝る、ひまなときは9時に寝る。テニスのジョコビッチは「夜を大切にしている。朝起きたら朝日を浴びている。」
 東北大研究、海馬は寝ると大きくなる、記憶力がよくなる。認知症防止にもなる。
 勉強せよではなく、早く寝るために怒ってほしい。山中伸弥さんのお母さん「はよう寝え~」が口癖だった。

③ 背が伸びるために
 十分朝日を浴びることが良い。それで夜にメラトニンが出る。スマホの明るい画面や、大画面テレビなどはメラトニンの敵。夜に光を浴びるのはまずい。養鶏場は24時間明るくする。それで卵を生む。光を浴び過ぎると早く生理がくる可能性あり。

④ 秋田県いちばん
 秋田県、青森県、高知県の順で背が高い。睡眠時間1番と2番と同じ。肌のうつくしい県は高知県も上位。
 ・睡眠時間   1位は秋田県 兵庫県45位
 ・全国学力テスト1位は秋田県 兵庫県26位
 ・平均身長   1位は秋田県 兵庫県29位

⑤ 何を食べたらよいか。
 安全な食生活。みそ汁、鰹節、楽しく食べること。ストレス太りは副腎からコルチゾールホルモンが出るので、体が太りたくなる。楽しく過ごすことが大切。
 子どものタンパク質摂取が減っている。特に魚が激減。まめ類減少、卵の減少はコレステロール対策か。魚は健康にもよい。骨折してねたきり多い。大豆も乳癌など発症率は2割くらい下がる。もめん豆腐3分の1で牛乳1本と同じ。
 ▲高タンパク高脂肪:背は伸びるが肥満:不健康な高身長。
 ▲低タンパク低脂肪:昔の日本:不健康な低身長。
 ●高タンパク低脂肪:健康な高身長。
 アイスランドは背が高く平均寿命は世界一。食生活は魚中心。貨幣(コイン)には魚が描かれている。コレステロールが寿命を縮めている。

⑥ お母さんが元気になるべき
 虐待はおかあさんが壊れるから。疲れてしまうとまずい。乳ガン検診を受けてください。子どもがかわいくないと感じるとガンの前兆かも。まず我が身を大切にしよう。お母さんは子どもより元気になるべき。

●質疑応答
問:楽しく食事取ること以外になにか?
答:皆に当てはまるレシピはない。やせて食べないお子さんはボリューム重視、かたよってもしかたない。普通のお子さんは蛋白質だろう。肥満の子は、しいていえば脂肪をへらす工夫。霜降り食べないで鳥肉など。豚ならトンカツでなく、ゆで豚など。かつて寿命が全国1位だった沖縄は高タンパク低脂肪だった。ひとつふたつ母の味を出してはどうか。あの味を思い出してくれるように。
問:遺伝は?
答:それもあるだろう。しかし睡眠、栄養、運動は最近悪くなっている。発育のパターンによる影響はあるだろう。努力の価値はあるかも。きんさんぎんさんは良い骨だった。そんな環境で育つ必要はある。栄養は大切。食欲不振の最大の原因は眠さだろう。肉をやわらかくするために入れるホルモンは女性ホルモン。特定の農場の肉だけを食べるとまずいだろう。成長促進剤は今のところ国内は大丈夫だろう。

 ということで、睡眠時間不足や、環境ホルモン、TPPなどについて、心配が増えました。先日のコミュニティ西山の運営委員会でも報告させていただきました。
 お付き合いいただき、ありがとうございました。

PTCA事業西山幼稚園など (5)
 6歳の子どもの平均身長が低くなっているのは、寝不足が大きく影響しているのかもしれません。あとは環境ホルモンや汚染などもありそうな印象を受けました。

PTCA事業西山幼稚園など (4)
 出生時平均身長は、長い間、次第に低くなっています。「少子化」とあわせて「小子化」も課題ということのようです。2010年の女子は48.3センチだったと思います。

PTCA事業西山幼稚園など (6)
 世界の子どもたちの平均睡眠時間は、日本が極端に少ないようです。びっくり。


山下惣一さん 講演会2015年11月28日(土)

2015年11月28日(土)、山下惣一さんの講演を聞きに行きました。
タイトルは
「農業株式会社化は農業を破滅させる」
副題は
「農業再生は小農立国にあり」
①農業問題とは何か:国家の責任である。農家、農協の責任ではない。
②マスコミの論調:儲かる農業へ、規制の撤廃・自由化。新聞、テレビ全てこの論調。
③自給率60%をめざしたい:国は自給率の国家目標を設定すべき。安全保障、国土保全が農業の本質的性格。
④玉砕農業:規模拡大・機械化・単作化・コスト低減は30年以上も前の戦略。外国では単作巨大化農業の周辺にスラム、暴落で破綻。
⑤農協解体の意図:農業を守るのではなく、農協の金をアメリカの会社参入に供する。
⑥自民党の農業政策:自給率の高いヨーロッパの戸別所得保障制度はバラマキであり、日本は農協解体で儲かる農業を目指す。しかしこれは亡国。
⑦儲かる産業を目指した結果:地方の衰退、遊休農地の拡大。
⑧今後の心配:TPP、農薬規制、化学肥料、成長ホルモン、遺伝子組換えなどの規制緩和。
⑨国連の目指す方向:大農主義から小農中心、そのためには農協と生協の連携が必要。
国連が目指す方向、小規模農業を見直すべき。

などなど、消化しきれませんが、かなり納得して帰ってきました。

IMG_1456山下惣一さん151128
 山下惣一さんです。小規模農業が国連でも見直され、日本が続けてきた方式を再認識すべきというお話をされていました。大規模農業はスラムをつくり、大暴落を生み出す、そんな危険があるようです。TPPも遺伝子組み換えの安い食品がたくさん入ってくるという不安を感じました。
 安全保障法案、特定機密法、原発再稼働、TPPなど、いやな感じです。

ばたばたしています。2014年8月15日
ばたばたしています。2014年8月15日

 敗戦の日がきました。久保田の実家では以前、お盆に割り箸を使って、迎え火と、送り火をたいていました。母が玄関先で静かに火を灯していた姿が印象に残っています。
 今でもしているかどうかは不明ですが、父が亡くなったのが1991年ですから、23年が経過したことになります。

 父は1945年の9月に大学を卒業する予定で、11月頃には、回天という特攻の潜水艦に乗ることになっていました。8月に戦争が終わったので、「ポツダム中尉」という称号が与えられたそうです。正式なものかどうかは分かりません。戦争が終わってほっとしたことは、何度も言っていました。
父が若いころに書いた詩がたくさんありました。それは戦争賛美の文字に満ちていました。当時の社会の価値観をそのまま反映していたようなのです。

 今となっては父の当時のことを知る由もありません。息子と交流があまりなかった父は、平和のありがたさだけは大切にしてきたと感じます。久保田に手を上げたことは一度もありませんでした。

きなくさい雰囲気が社会にただよっています。平和はグライダーのように下降していくものだと感じています。漠然とした不安も持っています。

 何かできるとすれば、反対の声をほそぼそと上げるくらいでしょうか。戦争をしないように、多くの人が努力するしかないのです。加害者としての歴史もきちんと認識することも大切なのでしょう。その意味では学校で学ぶ社会の歴史は、現代史から学ぶべきだと思います。

 敗戦の日、そんなことを考えていました。


地獄のゴングが鳴った 2014年3月27日
地獄のゴングが鳴った 2014年3月27日

 2014年3月27日、久保田は結婚記念日でした。この日の毎日新聞夕刊のトップは、「袴田死刑囚再審決定」。言葉になりません。

 この本が出版されたのは、1981年のこと。もう30年以上前のことになります。甲山事件の話を聞いて、いくつか書物を読んでいました。そのうちの1冊です。

 よかったです。というだけではあまりにも軽く、ことばが見つかりません。

IMG_0313地獄のゴングが鳴った表紙
 高杉晋吾さんの「地獄のゴングが鳴った」表紙です。

IMG_0314毎日新聞記事140327
 2014年3月27日毎日新聞記事です。




プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。