無料レンタルサーバー
久保田洋一のブログ
いつもどおりですが、気まぐれに書いていきます。2009年10月1日からfc2で再開しました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国ドラマにはまっています
韓国語が好きになっています090718
 彼女が4年ほど前からパソコン教室に通いだし、私の個人事務所のホームページをつくってくれました。パソコン教室の先生から、ギャオ(GYAO)という動画配信のページを教えてもらい、そこに韓国ドラマも流れていました。そのころ、NHKで「チャングムの誓い」という番組があり、彼女が見ていました。私は当初横目で見ていたのですが、見始めたら、私の方が積極的に見るようになり、放送がある月曜日は、夜の仕事を入れないようになりました(ちなみに日頃お世話になっている、S大学のS先生も同じ状況だったらしいです。ふむ)。そのうちケーブルテレビで冬のソナタの再放送も始まり、続きが待ち遠しくなりました。日本では昔、「君の名は」という、すれ違いの愛を描いたドラマがありましたが、それを現代的にアレンジしたような内容という気がしました。1970年代の雰囲気で、テーマは「初恋」。美しい青春です。
 ちょうど関わっていた川の取り組みが、2006年の「川の日ワークショップ」という催しで賞をいただき、招待されて全州(チョンジュ)で開催された「韓国川の日大会」に参加したこともあり、韓国への興味も増してきました。かつて、1987年、武庫川でサムルノリ(韓国の太鼓などによる演奏の様式です)の演奏会があって、その実行委員をしていた時は、韓国語を学ぼうとは全く考えなかったのですが、20年以上も経って、なぜ今頃かと思うくらいに韓国語の響きに引き込まれています。
 それにしても、韓国と日本の関係を改善するのに、ペ・ヨンジュンさんとチェ・ジウさんが果たした役割は、とても大きかったと思います。この二人には、きっと、どんな外交官もかなわなかったのです。ちなみに、冬のソナタの第18話、海岸で走り、休む二人のバックに流れる「MOMENT」の曲はお気に入りです。これは先日亡くなった金大中さんが、大統領時代に融和政策を進めたことが最大の要因という気もしています。ということで最近は、韓流(はんりゅう:ハルリュ)ドラマを見たり、NHKの韓国語講座を見たり、韓国の歌を携帯電話で聞いています。同じような経験をした人も多いのだろうと思います。冬ソナに拍手(パクス)。

スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと。 - ジャンル:日記



プロフィール

kubotan2009

Author:kubotan2009
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。